ハヤテのごとく!第562話「What A Wonderful World 14 約束の土地へ」感想

ハヤテの両親の罠にかかり、
ハヤテの口から自分達の関係は
全て誤解だと知ってしまったナギ
激しい絶望と悲しみがそれで起きてしまい
負の感情により庭城への道が開いてしまい…
さて前回、全ては勘違いだった事に、
ハヤテは自分を愛していないと知った事に絶望し
激しい悲しみに襲われてしまったナギ、
その負の感情の爆発は彼女の持つ王玉に反応し、
ついにロイヤルガーデンへの道が開き始めて…
幸いな事は一般人はこの現象を白皇学院側が
用意したお金を賭けた演出だと思ってる事ですね。
まさか、それが異空間への道が
開いた現象なんて夢にも思わないでしょうね。
おまけに王玉持ちじゃないと基本的には
その先へと行けないので事情を知らないと
信じろって言う方が無理でしょうしね。
さて、庭城への道を開いてしまったナギ、
そんなナギの眼の前にオルムズド・ナジャの写本が…
おかえりなさい?どういう事でしょうか?
それにナギが来るのをずっと待っていたって…
まるでナギが庭城にいつか来る事を知っていたかのよう、
もしかしたら、紫子の願いと何か関係あるのかもです。
さて、ナギの前に写本が表れた事に危機感を抱いたアテネと伊澄、
そんな2人はハヤテに急いでナギを止めるように言いますけど…
完全に手遅れと言っても良いです…。
やはりWhat A Wonderful World1で描かれた世界は、
ナギにとって理想で現実から逃げたい世界だったんですね…。
ただ、1つ違った事はナギの理想の世界のハヤテは
記憶を操作されたハヤテというわけでなく、
ナギの理想のハヤテという事ですね。
ヒスイと本物のハヤテはナギの願いの邪魔に
ならないように王族の力が隔離させられていて、
王玉を持っていた事で巻き込まれた際に意識を失ってるとの事、
これは予想以上にやばい状況下ですね。
意識を失って隔離されてるとは言え、
ハヤテとヒスイは庭城にもっとも近い位置にいます。
ハヤテだけならともかく、ヒスイもいるわけですから、
ヒスイの方が先に目覚めたら厄介です。
おまけにロイヤルガーデンに向かおうにも、
入るには王玉が必要で、
銀華が食い止めていると言っても時間稼ぎ程度、
道が閉ざされたらまた誰かが負の感情を爆発させないと
王玉を持っていても入る事ができなくなりますから。
さて、そんなやばい状況下な状況なのに、
姫神は銀華が足止めの為に打ち込んだ楔を破壊し始めて…
そう言えば、ヒナギクはこの件の事を全く知らないんですよね。
ただ、庭城が消滅したら中にいるハヤテは消滅、
という事は中にいるナギとヒスイも消滅を意味します。
さて、最悪の状況下なのに未だに邪魔をし続ける姫神、
姫神は姫神は今の状況こそがナギにとって幸せで、
ヒスイが最後に勝つ事に確信を抱いてもいるので
彼が妨害を続けるのは現状がベストという理由で…
確かに姫神の言う事もわからなくもないです。
ナギは理想の世界でいられて、
ヒスイも目的を達成できると考えたら、
これがベストと思うのも無理はないですから。
ただ、2人は自らその道を選んだから仕方ないと思いますけど、
ハヤテに関しては自業自得で消滅しても問題ないというのは…
確かにきっかけはハヤテの誤解されてもおかしくない
誘拐台詞が理由ではありますけど、
それで消滅しても良いという理由にはなりませんから。
さて、アテネと伊澄は自分達で道が閉じるのを阻止しようと
試みるも当然、姫神は妨害する為に攻撃を…

って、ナイスアシスト!ヒナギク!!!
そりゃ、好きな人の消滅が関わっていて、
このままじゃ、ハヤテ達が帰ってこれなくなると
知ると理由はわからなくても
ヒナギクが見過ごすはずないです!!!
ただ、上空にある巨大王玉を
高所恐怖症のヒナギクが1人でなんとか
出来るかは怪しい気もしますけどね!!!
そして、ヒナギクと姫神の対決ですねコレは!!!
これは苦渋の対決になりそうです!!!
男性キャラ好きとしては
姫神を応援したいところですけど、
姫神の思い通りになったらハヤテは消滅で
シャレにならないので難しいところです!!!
スポンサーサイト
category
ハヤテのごとく!
genre
アニメ・コミック
theme
ハヤテのごとく
Relation Entry

Comment

ここでひとつナギというキャラについて思い当たる部分がでてきたのですよ。

もしかしてこの子、シンデレラの逆バージョンとして造形されたキャラクターなんじゃないでしょうか。
例えば比較してみると、
()はナギです
・苦しい生活をしてきた(悠々自適に暮らしていた)
・継母たちの仕打ち(周りはだいたい優しい人)
・ひたむきに生きてきた(ぐうたらに生きてきた)
・王子様から一目ぼれ(忠義があっても異性としては×)
・魔法を授かり勝負(魔法を得ても夢に逃げ込む?)

どうもこの漫画、現代童話の趣きが見て取れるんですよね。
  • 2017⁄03⁄11(土)
  • 18:32

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2607-03a2434d