ベイブレード バースト ゴッド第3話(54話)「衝撃!ドレインファブニル!!」感想

スペインの名門ベイクラブ「BCソル」に到着するも、
丸一日遅刻した罰として入団テストを受ける事となったバルト
そこでクミチョーこと黃山乱太郎と再会を果たし、
入団テスト最終試合にて乱太郎と対決を果たす
乱太郎のブレイズラグナロクのスタミナとタフさの前に苦戦するも、
ヴァルキリーのバウンドアタックの真価に気づき勝利する
更にクリスは乱太郎の実力も認め、2人共、
晴れてBCソルへの入団を認められて…
さて、前回の入団テストに合格し、晴れてBCソルのメンバーになったバルトと乱太郎
2人はキッドにBCソルの宿舎や対戦広場など色々案内されたり色々あって次の日となり…
画像1画像2画像3画像4
バルトはともかく乱太郎も
寝坊癖あったんですか!!!
そりゃ、目覚ましでも起きないんじゃ
いつ、OPのような起こし方にいつなっても
おかしくないです!!!!
というより、キッドはバルトと
乱太郎と同じ部屋になったのが
完全に運の尽き過ぎでしょう!!!!
あと日本人の熱い風評被害!!!!
バルトと乱太郎がアレなだけですから!!!
ダイナとか犬介とかマトモなのもいますから!!!

さて、地味にバルトと乱太郎の起きなさの
被害にあってるキッドは置いておいて、
朝食中にクリス達が親善試合が決まった事を伝えに来て…
画像1画像2画像3画像4
親善試合の相手チームはレアルサンバット、
どうやら今、勢いに載ってる強豪チームらしく
レアルサンバット戦に出る選手を決める為に
セカンドチームのメンバーは
フリー相手にバトルするみたいですね。
BCソルには3つのグループに分かれていて、
トップがフリーを中心としたトップチーム、
バルトと乱太郎が入ってるのが二軍ポジのセカンドチーム、
そして一番したがキッドが所属してる育成枠のジュニアチーム、
普通に考えたらトップチームが出る方が良いんでしょうけど、
親善試合って事を考えると最強のメンツで
行かないのも妥当なところだと思います。
今後大きな大会もあるでしょうし、
先に戦力を見せたら相手に対策とられやすくなりますし、
クリスはBCソルを強くしようと思ってるオーナー、
セカンドチームのメンバーから
トップクラスに上がれる実力者を見つけるのも
目的だと思います。
さて、テストの相手となるのは世界最強のブレーダーで、
BCソルのエースでもあるフリー・デラホーヤ、
どうやら彼は遅刻の常習犯でマイペースキャラ、
ただ、それでも怒られるだけで済むのはやはり、
彼がBCソルの主戦力であり
最強のブレーダーであるが故なんですね。
まあ、それは置いておいて…
トップチームのジャンゴ、
完全に相手にされてないじゃないですか!!!
一応トップチームの一員ですから
それ相応の実力はあるんでしょうけど、
正直、リーダーのフリーが強いだけで
他はそこまで強くない気がするんですけど!!!
フリーは世界最強でもBCソルが
世界最強のチームとは言ってませんし、
強いブレーダーが1人だけじゃ
チームとして強くはないって言うのは
全国大会の団体戦でのアイスブレイズで
痛いほどよくわかりましたから!!!

さてようやく来たフリーに最初に挑むのはバルトですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、フリーは手回しでバトル!!!
そりゃ、これはバルトじゃなくても
怒りを露わにするなって方が無理です!!!
フリーは愉快犯的なワンマンブレーダー系ですね!!!
完全に自分が楽しむ事しか考えてないですし!!!
画像1
そんなフリーが使うのはドレインファブニル・8・Nt!!!
世界最強のブレーダーとそのブレーダーが使うベイ!!!
その実力がついに解禁です!!!!
ドレインファブニルはロストロンギヌスに続く左回転!!!
しかし!!同じ左回転でも根本的な強さが違います!!!
ロストロンギヌスは逆回転を攻撃に活かし、
相手を迎え撃つ事に特化した奇襲するアタックタイプ!!!
対するドレインファブニルは左回転の性能を
スタミナに特化させたスタミナタイプです!!!!
手で回すのも吸収力に絶対的な自信があるから!!!
ドレインファブニルのゴッドレイヤーには
ラバー素材が搭載されいて、
左回転と相まって右回転の相手から
容赦なくスタミナを吸収するゴッドレイヤー!!!
エイトディスクはコアフレーム対応のコアディスクで、
内側が軽量化され外側に8つのウエイトを搭載した
スタミナタイプのコアディスク!!!!
ナッシングドライバーは中にスプリングが
内蔵されており、ベイの着地時のスタミナロスを
和らげる特殊系のスタミナドライバー!!!
スタミナ特化はこれまでに数多とありましたけど、
左回転でのスタミナタイプは派生系を除くと初!!!
これこそがフリーが最強たる所以!!!!
どんな相手が立ちふさがろうと
ブレーダーの大半が右回転!!!!
つまり、殆どのブレーダーはファブニルの
回転力吸収の格好の餌と言っても過言じゃない!!!
そしてファブニルを本気でもないのに使いこなす
フリーもまた最強、世界1の称号は伊達じゃない!!!
しかし、理屈や実力の差はあれど、
これじゃバルトと乱太郎が楽しいと
思えないのは無理ないです!!!
バルトも乱太郎も負けても楽しいと思えるのは
対戦相手のブレーダーも本気でぶつかってくるから!!!
でも、フリーは自分が楽しむだけの為に舐めプレイ!!!
それでいて、回転力吸収のチートパワーで勝利!!!!
相手が本気を出さないどころか闘志すら
だしてないのに楽しめって思う方が無理です!!!
というより、フリーが本気を出す相手って
すごく限られるんじゃないですか?!!
右回転はファブニルの餌と言っても過言じゃない以上、
回転力吸収を攻略できるレベルのブレーダー、
後は白鷺城ルイのようにファブニルと同じ左回転で、
回転力吸収が難しい相手じゃないとフリーは
本気を出す事はないんじゃないかと思えてきましたよ!!!
そりゃ、世界ナンバー1ブレーダーなわけです!!!
殆どのブレーダーがフリーと相性最悪なんですから!!!
おまけにフリーの性格も別ベクトルでやばいです!!!
ルイの場合は協調性0で強さを欲する向上心タイプでしたけど、
フリーの場合は無気力系の天才タイプでワンマンプレイヤー!!!
彼の考えそのものが相手はおろか、
チームメイトも逆撫でしてもおかしくない性格ですから!!!

さて、バルトと乱太郎もフリーの前に惨敗、
当然、他のセカンドチームのメンバーもフリーに惨敗して…
バルトは今回の負けを成長に繋げるつもりですけど、
この分じゃレアルサンバット戦で選ばれるのは難しいですね。
どう見ても、クリスは納得できるメンバーが見つかった感じしないですし。
さて、親善試合のメンバーを決めるテストを決めたクリスですけど、
その結果でも誰を親善試合のメンバーにするか悩んでるようで…

画像1
画像2画像3
画像4画像5画像6
って、最終的にバルトと乱太郎が選ばれました!!!
そりゃ、メインキャラなので選ばれるのは
当然と言えば当然ですけど、
お世辞にもテストバトルの成績で
選ばれたとは到底思えないです!!!!
となると、クリスが悩んでる時にかかってきた
レアルサンバットのオーナーが何か吹き込んで
バルトと乱太郎を試合に出さすように
持ちかけたと考える方が自然ですね!!!
つまり、レアルサンバットのオーナーは
バルトと乱太郎の事をよく知ってる人物!!!
一体誰が…
ってお前かい小紫ワキヤ!!!!
まさかのオーナー?!!!!
レアルサンバットのメンバーだけど
オーナーでもあるってどういう事?!!!
買い取ったからオーナー?!!!
乱太郎も言ったけど言わせてください!!!
本当にむちゃくちゃ過ぎるでしょうワキヤ!!!!
世界進出はするとは思ってましたけど、
こんな強引な方法で進出は予想外です!!!
せいぜい、ライバルの強豪チームの
メンバー程度だと思ってましたよ!!!
強豪チームを買い取ってオーナーになった
なんて予想しろって方が無理ですよ!!!!
おまけにレアルサンバットにはシスコまで!!!
最後の1人は弱そうなので飛ばしますけど、
ワキヤとシスコはガチで実力者なので
バルトと乱太郎は厳しい戦いになりそうです!!!
フリーはさすがにチートレベルなので
心配要素0過ぎますけど!!!!
そんな親善試合の初戦を飾るのは
乱太郎VS小紫ワキヤ!!!!
ベイクラブで常に口喧嘩していた
者同士の対決!!!
画像1
そしてワキヤのワイルドワイバーンも進化!!!
その名もトルネードワイバーン・4G・At!!!
ゴッドレイヤーはフリー回転パーツが
入ってるみたいですけどその実力は?!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2620-8caa1c44

#3「衝撃! ドレインファブニル!!」ベイブレードバースト神(ゴッド)・名言

バルト「俺たちはセカンドチーム。 キッドたちはジュニアチーム。 ここでいい成績を出せば トップチームに上がることができるんだ」 BCソルに入団できたバルトとクミチョー。 しかし、いろいろ疑問が湧いてくる。 普通ならジュニアチームは小学生が入るもの。 バルトも小…
  • 2017⁄04⁄17(月)
  • 21:54
  • アニメ偉言