ベイブレード バースト ゴッド第5話(56話)「魔襲!クライスサタン!!」感想

ワキヤ率いるレアルサンバットとの親善試合、
ワキヤは進化したワイバーン「トルネードワイバーン」で
進化した鉄壁のいなし防御とシールドクラッシュで乱太郎に勝利する
そんなワキヤ相手にバルトも苦戦するものの
フリーのアドバイスでフレーム外し戦法でワキヤに逆転勝利を収める
そして、レアルサンバットの次なるブレーダーはシスコで…

未知なる悪魔が今、力を開放する!!!
さてレアルサンバットとの親善試合、
レアルサンバットからは、
ついにシスコが姿を見せたわけですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、ジャンゴが完全にナンパ野郎じゃないですか!!
クリスをさらっと口説こうとしていた時点で
そうじゃないかと思ってましたけど、
今回の話で確信しました!!!!
ナンパ野郎ですジャンゴは!!!!
そして、スタンの方はどう観ても
ジャンゴのチームメイトって言うより
保護者でしょう!!!!
ジャンゴのキャラが少し濃い為に
フレーム外しで強化したヴァルキリーの方が
分があるとかそんなの吹き飛んじゃいましたよ!!!

あと、シャーサもあしらい慣れてますよね?!!
ジャンゴはいつもそうなんですか?!!
いつもそうだから、あしらい慣れてるんですか?!!
まあ、観客席サイドの方は置いておいて、
いよいよバルトとシスコの1stバトルが始まったわけですけど…
バルトお得意のバウンドアタック戦法!!!
以前のバトルでは前半は使いこなせずに
初戦を落とした経験がありましたけど、
あの頃と違って、今回はバウンド刃の
機能も熟知しているので簡単に負けるはずない!!!
というより、普通にオーバーフィニッシュ?!!
あのバルトが初戦を落とさない?!!
そりゃ、バルトが初戦落とさないバトルも
過去にはありましたけど、
新シリーズの新ライバル相手に
1stバトルで先制って何か悪いもの食べました?!!

さて、1stバトル先制で順調なバルトですけど、
どうやらシスコは今まで本気を出してなかったようで…
画像1画像2画像3
って、シスコは左利きのブレーダーだったんですか?!!
相手によって持ち手を変更するのはシュウの
専売特許でしたけど、シスコもまた
シュウと同じで両利き可能キャラだったとは!!!
そして、左打ちしたシスコの実力も本物!!!
ヴァルキリーの攻撃を全て耐え切り、
体勢崩しても、それすらも利用して
カウンターでオーバーフィニッシュ!!!!
まさにディフェンスタイプに相応しいバトル!!!
ワキヤのワイバーンは振り子の原理で
相手のパワーを利用し、一気に奇襲する防御!!!
シスコのサタンは同じディフェンスタイプでも、
急ブレーキですぐに反撃に移れる
奇襲系のディフェンスタイプと言って良いです!!!

さて、そんなシスコの真の実力を前に
ワクワクも消え失せたバルト、
そんなバルトにプレッシャーが掛かり、
バルトなりに頭脳プレーを考えたようですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、完全に読まれちゃってるじゃないですか!!
久々のラッシュシュートですけど、
読まれて交わされたんじゃ意味ないです!!!
そりゃ序盤に全く攻撃当たらずに
後半にようやく当てたら本来の
攻撃力をぶつけるなんて無理ですよね!!!
完全にバルトの読み間違えです!!!
挙げ句の果てにバーストフィニッシュ!!!!
これがまさに世界の実力!!!
前々回のフリーと言い、
世界の新たなライバル達も
侮れない程の強敵ですよ!!!!

さて、今回のバルトの敗北はフレームを外したままにした事、
フレームを外す事が悪いとは言いませんけど、
フレームないなら外しっぱなしで良いって
考えが根本的に間違っているんですよね。
第一、フレームがいらないなら、
ディスクにフレーム装着機能なんてつけないです。
フレーム外しは機動力が上がる反面、
本来の攻撃力を下げるデメリットもあります。
ワキヤのトルネードワイバーンは機動力で
どうにか出来るタイプだったので上手く行きましたけど、
シスコのクライスサタンは小回りが効いて反撃も可能なベイ、
スピードで推すより攻撃力で攻めた方が良いです。
フリーが言ったようにフレーム外しは戦略の幅が広がると同時に、
諸刃の剣でもある弱点もある戦術というわけです。
そりゃ、乱太郎にはそのアドバイスしないわけですよ。
乱太郎のバトルではフレーム外すメリットが一切ないですからね。
さて、これで完全に後がなくなったBCソル、
そんな中、ついにフリーが次に出るようで…
画像1画像2画像3画像4
シスコはどうやら、フリーと対戦するのは自分って
条件でレアルサンバットに入団したみたいですね。
フリーは世界ナンバー1ブレーダー、
親善試合とは言え、世界最強のブレーダーと
戦えるチャンスなんて早々ないですから、
シスコが食いつくのに十分な餌だとは思います。
ただ、シスコがフリーに勝てるかどうかは…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
画像1画像2画像3
って、やっぱり手回しで来る気ですか!!!
多分、挑発的な態度も世界№1ですよフリー!!!
いくら手回しで勝てると言っても、
普通に見たら舐めプにしか見えない
その言動は最高の挑発ですよ!!!
まあ、公式試合は手回し禁止ですけど、
これはあくまで親善試合、
ワキヤはそれでもOKっぽいので
なんの問題もないです!!!
というより、さっきまででかい口叩いてたのに
フリー相手だと赤子同然の扱い!!!
敵だと絶対に戦いたくないです!!!!
味方として観ても恐ろしいブレーダーですよ!!!
勝った方が楽しいって言いますけど、
フリーに負けるのっていつも以上に
悔しさが上回りますからね?!!!
冷静に考えてみましょう!!!
ガチで戦って負けたら悔しいけど、
まだ納得は行きます!!!
手回しで余裕だからと舐めプ状態の相手に、
ガチで手回しに負けて相手は余裕、
フリー絶対に友達少ない方でしょう!!!
舐めプで余裕で勝っちゃうのが
最大の挑発過ぎますから!!!!
単なる世界一相手なら負けても仕方ない、
そう考えて割り切る事もできるでしょうけど、
舐めプ全開の世界一に負けるのは絶対に
楽しいって思うのは無理ですよ!!!
あと、ワキヤ、シスコを責めるのは
構いませんけど、今のバトル観て
へなちょこっていうのは眼が節穴ですか?!!
あれ、ワキヤがフリーとあたっても同じ結果に
なってますよ間違いなく!!!!
そして、ワキヤ絶対にリーダーに向いてない!!!
言ってる事は正しい部分もありますけど、
仲間に厳しすぎて反感ももらうタイプですよ!!!
シスコの実力を見込んでた、
つまりシスコの事を
信頼していたのはわかりますけど、
そんな態度だったらいつ抜けても
文句言えませんからね?!!!
現状、レアルサンバットは
ワキヤとシスコの2強なので
シスコ失うと最強チームからは
程遠くなっちゃいますけど、
良いんですか?!!!

さて不穏な空気となってきたレアルサンバットからは
ワキヤが出るみたいですけど、
BCソルからは一体誰が…

画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、まさかの乱太郎?!!
しかも負けたらBCソルから出て行ってって
責任重大過ぎじゃないですか?!!!
いや!!逆に考えるとこれが黃山乱太郎、
前シリーズから続いてた強敵相手には敗北、
基本的に噛ませ要員から脱却できるチャンス!!!
良く良く思い返してみてください!!!
乱太郎の勝ち試合はヴァルキリーを
使いこなせてない頃のバルト、
しかも野試合くらいで、
ベイクラブの合宿でもバイキングスタジアムの
機能に助けられてワキヤに勝利、
真剣勝負じゃないなら勝ち星ありますけど、
ソードフレイムス戦や全国大会団体戦、
地区大会にエリア選抜と、
専用機ある強豪と語ると
必ずと言って良い程負ける!!!
メイン回であろうと負ける!!!!
真剣勝負で強豪に勝ってる
記憶が一切見当たらないんです!!!!
ここで勝たなきゃ一生噛ませの
役割を脱出できないと思うんです!!!
ベイクラブのメンツで一番不遇の男、
そのポジションから脱出する時が来たんです!!!
一期では犬介とダイナの方が
結構優遇されてましたしね!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2624-41348088

#5「魔襲! クライスサタン!!」ベイブレードバースト神(ゴッド)・名言

ハニー「へえ、シスコのベイは クライスサタンっていうんだ」 キット「うん、ディフェンスタイプだ。 特徴はローラーを使ったディフェンスだよ」 バルトvsシスコ。 一度はシスコを破っているバルトだが― かわいい #beybladeburst #beyblade pic.twitter.com/2zKKT2BK0p…
  • 2017⁄05⁄02(火)
  • 00:53
  • アニメ偉言