ベイブレード バースト ゴッド第10話(61話)「バルトとフリー」感想

ヨーロッパリーグ、バルト達BCソルは
ドイツの強豪「トップヴァント」を相手に激しい死闘を繰り広げ、
その最終戦でバルトはクーザを破り、勝利する
チームの勝利に浮かれるバルト達だが、
その一方でギルテンがフリーに接触してきて…
さて前回、トップヴァントのエースブレーダーのクーザを撃破し、
無事にヨーロッパリーグ初戦に勝利したバルト達ですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
やっぱりシスコは試合に出れなかった事に不満を感じてるんですね。
まあ、シスコ的には自分の実力を認めてもらって入ったのに
試合にだしてもらえなかったんですから当然ですよね。
ただ、トラッドがシスコを出さなかった理由もわかるんですよね。
シスコは十分な実力を持っていて本気を出せばバルトにも勝てますけど、
強い故の慢心も同時に強くて少しでも相手が格下と思ったら油断する、
それが乱太郎戦で負けた原因でもありますからね。
そして、見かけは大人びてるシスコですけど、
中身の方は歳相応の子供って感じがしました。
自分が試合に出られないからだだをこねるって
子供っぽい一面ですしね。
シスコはせっかく十分な実力があるんですから、
自分の弱点に気づいて克服さえすれば
もっと強くなれるのに勿体無いですよ。
さて、そんな自分の待遇に不満全開なシスコですけど、
そんな中、フリーが森に向かうのを偶然目撃して…
フリーはミステリアスな部分が強いので
彼が普段どこで何をしているか気になりますよね。
シスコはフリーにリベンジする為にBCソルに入ったので尚更です。
まあ、鹿と会っているとは思わなかったでしょうけどね。
さて、その翌日ですけど、どうやらバルトと
乱太郎は世界ランキングに載ったようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
うん!!クーザ相手に勝利したバルトはともかく、
在ベイ使いのロンメルに負けた乱太郎が
世界ランキング入り出来たのはオーダーメインバーに
居たから以外の何者でもないですよね!!!
でないと失敗シュートで
ランキング入り出来るはずないですし!!!

まあ、それは置いておいて、どうやら個人ランキングは
ランキングを上げ行けばワールドリーグ個人戦に出られるとの事、
ワールドリーグの方は個人戦もあるんですね。
何気にアニメのベイブレードの世界大会で
個人戦があるのって珍しいです。
アニメのベイブレードの世界大会と言えば、
チーム戦だったりタッグバトルだったりと
個人戦とは無縁の大会だったので
個人戦の世界大会があるって言うのは
少し新鮮な気がします。
ただ、乱太郎は個人戦出れるかわかりませんけど。
今回はトップヴァントに勝利した時のメンバーだから
ランキング入り出来た感が強いので、
今以上に戦績を上げないと厳しいと思うんです。
ただでさえ、乱太郎は負け要員になりやすいですし。
さてランキングについてですけど、
シュウもランキング入りしていたんですね。
まあシュウの実力を考えたら当然ですけど。
そしてシャカもまた人知れず世界進出してたんですね。
彼が参加しているのは南米リーグ、
ヨーロッパリーグを勝ち進むか個人ランキングを上げて、
ワールドリーグの個人戦に出場できれば、
シャカとも戦う可能性が出てきます。
残る四転皇はザックとルイですけど、
この2人はまだ世界進出していないのか、
それとも今回は調べてなかっただけなのか気になります。
さて、個人ランキングに夢中のバルトですけど、
BCソルで暮らすうちにフリーの事を好きになってきた様子、
まあ、それはわかるかもです。
当初こそ舐めプの如く、手回しでバトルに乗って
バルトに完勝したりと印象最悪でしたけど、
精神面をフルボッコにする事以外は割と良心的なんですよね。
バルトに対してフレームを外せる事を助言したり、
バルト達のやる気を汲んでバルトに最終戦を任せたりと、
端から観たら舐めプのバトルスタイルで相手に完勝して、
基本的に何を考えているのかよくわからないですけど、
なんだかんだで面倒見良い良い少年なんですよね。
そしてフリーもまたバルト達に感化され始めてるのも良いです。
登場当初こそ無気力で感情的になるのは自分のバトルの時のみでしたけど、
バルト達のベイを楽しむ心にベイバトル以外でも
良い笑顔をするようになってきたんだと思います。
…ただ、それだけに嫌な予感がするんです。
まるでBCソルはもう自分がいなくても大丈夫とか
そんな感じの空気が漂っているとかそういう感じが…
さて、バルト達は今日も練習バトルに取り組んでるようですけど、
サブメンバーで試合に出られなかったシスコは不機嫌なようで…
画像1画像2画像3画像4
バルトも悪気があるわけじゃないんですけどね。
強い相手と戦えばヴァルキリーのコントロール上手くなるって
言うのもシスコと練習したい理由ですけど、
自分が強くなりたいからだけじゃないんですよね。
バルトは強い相手と元々戦いたい願望もありますから、
相手を練習台としか見てないのはないですから。
ただ、バルトの言葉も誤解を生んでも仕方ないので
バルトの言葉選びも悪かったのは失敗です。
シスコに関してはぎくしゃくしてますけど、
スタンに関しては個人的には今回評価上がりました。
バルトがランキング入りした事で危機感を覚えたみたいですし、
あくまでベイバトルでこてんぱんにしようとする姿勢はありです。
ブレーダー同士なら陰湿なやり方じゃなく、
ベイバトルで語るに限ります。
その方が互いに互いを高め合えますからね。
シャーサの判断は正しいと思います。
ただ、止めれば良いわけじゃない、
時にはぶつかる事も必要、
そうして成長し合えるのが仲間だと思います。
特に今まで陰湿な行動に走っていたスタンが
調子にのるな的な理由とは言え、
正々堂々とバトルする姿勢だったのは実に好印象です。
さて、時間は夜となり、シスコはあの日の夜以来、
フリーをずっと後を着けていたようで…
画像1画像2画像3
まあ、そりゃ毎晩、後をつけられたら多少は気づきますよね。
シスコがフリーの後を着けた理由はやっぱりバトルする為、
思えばシスコがBCソルに入ったのはフリーにリベンジする為、
最近はレギュラーになれずサブになったりで不満全開でしたけど、
本来の目的は一応忘れてなかったんですね。
個人的にこの後、バトルしたかが気になります。
シスコの闘志にフリーも笑みを浮かべていたので
バトルに乗ったと考えた方が良いんですけど、
シスコと本気のフリーのバトルが描かれなかったのは残念です。
さて、そんな日常の中、ついにニューヨークブルズの人がBCソルを訪れて…
画像1画像2画像3画像4
やっぱり、フリーはニューヨークブルズに移籍するんですね…。
バルト達がトップヴァント戦の第5試合に出る選手を決める際に
皆が皆バトルに出たいと意気込んでいた時からそう感じてました。
スタンが最初、フリーはBCソルを愛してるから
移籍はないと思ってたみたいですけど、
僕はむしろ逆だと思うんです。
BCソルを愛していて好きだからこそ移籍を選んだんだと思うんです。
でも、それは前にギルテンが言っていた理由じゃないと思います。
確かにフリー1人が別格に強すぎたから
他のメンバーがフリーに頼りきりで向上心がなかったのは確かですけど、
そんなBCソルに嫌気がさしたんじゃなくて、
自分がいなくてもBCソルは大丈夫だと思えたから、
フリーは移籍の話に乗ったんじゃないかと思うんです。
BCソルが好きだからこそ、BCソルが自分がいなくても
大丈夫なチームになれると確信を抱くまで居たんだと思うんです。
愛していたのになんで離れる?という疑問の方もいるでしょうけど、
必ず、そこにいる事が愛ってわけでもないんです。
まるで親離れした子を見届けるかのように離れるのもまた、
深い愛だと僕は思うんですよ。
フリーにとってバルト達はBCソルを任せられる
後輩達と判断できたから離れる事に迷いがないと思うんです。
まあ、僕の考察についてはこの辺にして、
フリーの移籍の話に納得出来ないバルト、
クリスに話しても移籍の話は変わらない様子、
まあ、付き合いだけで言えば
オーナーのクリスの方が長いですからね。
バルトよりフリーの事をわかっているので、
彼を止めても無駄って事は理解してるから
フリーを止めなかったんだと思います。
ギルテンの引き抜きの話自体はクリスが断ってましたけど、
フリー自身が決めた事となると
無理強いする訳にも行きませんからね。
クリスに話しても無理だったバルトですけど、
そんなバルトにシスコがフリーの居場所を教えてくれて…
画像1画像2画像3画像4
やっぱり、バルトの頭じゃフリーが去る理由わからないでしょうね。
いや、これはバルトに限った事じゃないですね。
付き合いがあるチームメイトのスタンでさえ
フリーの移籍の話は信じられなかったんですから、
フリーの心境を理解できるのはあまりいないと思います。
BCソルが好き、でも移籍はする、
その意味をじっくり考えた方が良いですけど、
バルトじゃまず無理でしょうね。
だからこそ、バトルでフリーを止めようとしたわけですから。
そんなバルトの挑戦に乗るフリーも本気みたいですね。
いつもはやる気のないフリーですけど、
今回はちゃんとランチャーも使うみたいですし、
もう一方的なバトルじゃなくバルトの事を
認めているのがわかります。
やる気がないなら、いつもの手回し圧勝を狙いますしね。
さて、勝負は1ポイント先取した方が勝利、
フリーの秘密の練習所で2人のバトルが開始され…
画像1画像2画像3画像4
ついにフリーが全力シュートを!!!
全力シュートだとパワーを奪わなくても、
圧倒的回転力と安定性を誇る!!!
吸収能力重視で使わなくても、
フリーは十分に強いです!!!
でも、そのフリー相手にドローとは!!!
世界ランキング1相手にドローは何気に
すごい事じゃないですか!!!!
そして、この2人、本当に楽しんでます!!!
絶対に今、フリーの移籍を止める為って事を
忘れるくらい楽しんでますよね!!!!
そしてフリーもまた感情をあまり表に出さなくても、
それでも十分なくらいに楽しんでるのがわかります!!!
きっとバルトのこういうところが良いから、
後の事を任せられると思ったんですね!!!
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
さて、そんな2人の楽しさが伝わるバトル!!!!
バルトの猛攻でイキイキとしたスタイルも良いですけど、
それでもフリーの本気はやっぱりすごいです!!!
全力シュートした上で追いつめられても、
その状況から逆転する手段、
右回転の回転力吸収があるからやばいです!!!
バルトがフリーを追い込んでるように見えて、
実際はその猛攻を力に変えて、
一気に反撃する機会を伺っていた!!!!
性能だけでも厄介なのに、
フリーがそれを使いこなすから強い!!!
世界№1の称号は伊達じゃないです!!!!

バルトはフリーを止められなかった事と
負けた事の2重のショックでしょうけど、
フリーはむしろ満足してると思うんです。
何故なら、自分がいなくてもバルトがBCソルにいるから。
フリーが本気で楽しめる相手がいるから、
BCソルはバルト達に任せられるだと思うんです。
自分が使っていた秘密の練習場もバルトに譲るみたいですし、
バルトはフリーが去ったショックから立ち直る事が、
去っていたフリーの為に出来る事だと思うんです。
もし、このままフリーがいなくなったショックで
本調子出せなくでもなったら、
それこそ去ったフリーに悪いと思います。
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

急にフリーが移籍して、本当にびっくりしました
バルトたちと仲良しになってるみたいなのに
これからBCソルとフリーの活動するかどうか気になりますねー

毎週花月さんの感想文を読んでいて、嬉しかったです
台湾でまだゴッドを放送していないから、感想文をとてもありがとう
  • 2017⁄06⁄08(木)
  • 01:04

Re: タイトルなし

> 急にフリーが移籍して、本当にびっくりしました
> バルトたちと仲良しになってるみたいなのに
> これからBCソルとフリーの活動するかどうか気になりますねー
嫌な予感はしていましたけど、
できればあたってほしくなかったんですけどね…。
仲良くなるって事が必ず良い事に結びつくとは限らないです。
> 毎週花月さんの感想文を読んでいて、嬉しかったです
> 台湾でまだゴッドを放送していないから、感想文をとてもありがとう
台湾からわざわざありがとうございます
  • 2017⁄06⁄13(火)
  • 22:02

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2629-a1fc1031

#10「バルトとフリー」ベイブレードバースト神(ゴッド)・名言

トラッド「明日は9時に練習場に集合だ。では解散!」 このシリーズに入って大きな疑問点が2つ。 バルトたちはいったい何語で喋ってんのか。 そして義務教育はどうした? まだ小学生だろ。 毎日朝から晩までベイ三昧ってのはさすがに無理が… ベイブレードバースト B-76 ベ…
  • 2017⁄06⁄05(月)
  • 22:09
  • アニメ偉言