活撃 刀剣乱舞 第1話「出陣」感想

刀剣男士、それは日本刀が生身の肉体を得て、
審神者の指示の元に時間遡行軍から
歴史を守る為に戦う刀だった者達
この物語は、審神者によって顕現したばかりの脇差、
堀川国広、そして彼を引き連れ遡行軍と戦う
和泉守兼定から物語は始まる…
さて、ついに始まりました活撃 刀剣乱舞。
この僕、出雲の花月も久々に深夜アニメの感想に入ります。
さて、物語は歴史を守るべく、時間遡行軍を追いかける
和泉守兼定と堀川国広から始まって…
画像1画像2画像3画像4
ゲームの方だと単純に遡行軍と戦う
感じでしたから気づきませんでしたけど、
歴史改変が必ずしも重要人物の襲撃とか
人を襲う事とは限らないんですね。
今回の冒頭の追撃戦のように物をターゲットにし、
歴史の流れを改変するというのも遡行軍の策とは。
なお、これより和泉守兼定は兼さんとして扱います。
刀剣乱舞を知ってる人ならおわかりでしょうけど、
下の名が同名の刀剣男士は普通に複数いるので、
下の名前で呼ぶと後々、混乱する恐れがあるんです。
なので兼さん、堀川と表現する事にします。
しかし、馬に乗って追跡するって言うのは
アニメでは何気に初の描写ですね。
花丸では馬の存在はありましたけど、
日常メインだったからか戦闘においては
使われませんでしたし。
ここで豆知識、ゲームにおいて馬は装備品で、
刀剣男士に装備させる事で
機動力や威力を上げる事が可能なんです。
さて、遡行軍の埋蔵金関連の策を阻止した兼さん達、
活撃での堀川は顕現したばかりみたいですね。
ここで花丸と混乱しないように説明すると、
刀剣乱舞は本丸の数だけ主と刀剣男士がいます。
活撃の審神者は花丸の審神者と全くの別人、
なので当然、花丸の兼さんや
堀川と全くの別個体と解釈してください。
しかし、兼さんの説明を聞く限りじゃ
ゲームや花丸の審神者と違って、
活撃の審神者は一度に多くの
刀剣男士を送り込めないみたいですね。
ゲームでは一部隊最大6振り出陣させる事が出来て、
花丸の時も最大6振り出陣だったんです。
それが少数中の少数となると活撃の審神者は、
未熟なのか能力にムラがあるのかもしれないですね。
まあ、それは置いておいて一つの任務を終えた兼さん達、
そんな2振りに早くも次の任務が決まったようで…
画像1画像2画像3画像4
コンノスケが仕事をしているだと?!!!
僕の知ってるこんのすけと違う!!!!
だってこんのすけと言えばチュートリアル、
一定のステージ以上の初出陣の時に
注意事項を言うとかあまり目立ってなく、
むしろ、イベントでの油揚げ台詞の方が
印象強いのにきちんと仕事してるって
何か悪い物食べたんですか?!!!
白状してください、こんのすけ!!!

すみません、きちんとしてるこんのすけが
あまりにも珍しかったのでツッコミ入れたくなりました。
堀川は顕現したばかりで戸惑いとかあるものの
生真面目なところはやっぱり堀川国広ですね。
花丸と別個体でもこの真面目さは間違いなく堀川です。
一方の兼さんは仕事はきちんとこなすものの、
やっぱり余裕ある時は基本的にマイペースですね。
仕事はきちんとこなすけど、意識しすぎずに自然体で
落ち着きのある感じがします。
現に宿の人の客引きを上手く断ってました。
おそらくですけど、あの宿と関わると
歴史改変に繋がる何かが起こるんだと思います。
歴史って言うのは何がきっかけで
改変するかわかりませんからね。
さて、夜となり、時間遡行軍の捜索を始める兼さん達、
この辺もゲームと違って任務の難易度は高いですね。
ゲームなら立ちふさがる遡行軍を倒せば良いだけですけど、
アニメだと遡行軍のターゲットがわからないので、
ターゲットを間違えると遅れを取る可能性もあります。
また、冒頭の展開のように人ではなく
物がターゲットという可能性もあるので…
本当にゲームより難易度が高い司令ですね。
さて、ターゲットになりそうな人物を絞って
遡行軍を迎え撃とうとする兼さん達ですけど、
ちょうど遡行軍を目撃して…
画像1画像2画像3画像4
本格戦闘!!!
刀剣乱舞と言えば遡行軍との戦闘!!!!
花丸では日常の方がメインだったので、
戦闘展開自体が少なかったですけど、
活撃の方はシリアス寄りなので
戦闘面に気合が入ってます!!!!
何より兼さんの真剣ぷりが半端ない!!!!
普段はマイペースですけど、
一度、戦闘に入るとその実力を遺憾なく発揮し、
油断もせずに遡行軍との戦いに集中する!!!!
花丸の兼さんも戦闘面では本気でしたけど、
活撃の方の兼さんは更に命がけの仕事と
認識して更に真面目度上がってるんですけど!!!
何気に兼さんって打刀のレア度3なので、
打刀の中でも戦力ある方なんです!!!
入手難易度も低い方なので
ある程度、進めれば手に入れやすい、
審神者は一度はお世話になった事が
あると思われます!!!
特に堀川の背後の遡行軍を
倒すシーンは鳥肌ものです!!!
堀川から見たら自分にいきなり
刀を突きつけられたかのような
感覚なので驚きも更に倍のはずです!!!

本当に活撃の兼さんは仕事時は常に真剣で真面目ですね。
花丸の兼さんに爪の垢を呑ませたいくらいです(笑)
いや、花丸の兼さんも出陣時の戦闘は真面目でしたけど、
なんというかレベルが違うんですよ真面目度の(笑)

さて、遡行軍の襲撃を返り討ちにした兼さん達、
しかし堀川は兼さんの役に立ってない事と
自分が足手まといだと思い始めて…
画像1画像2画像3画像4
堀川は自分が何故、兼さんとと考えてるようですけど、
信じてる信じてない以前に相性が良いからかと…
兼さんも堀川も新撰組副長の土方歳三の持っていた刀、
活撃の堀川はまだまだ未熟さがありますけど、
同じ持ち主の刀だから上手く行けば、
良いコンビとして最高のチームワークが出来ると思います。
元より、打刀と脇差は相性が良い刀同士ですしね。
まあ、僕は骨喰の方が
脇差は好きですけどね!!!
もちろん、堀川も良いですけど、
個人的な脇差の好みは骨喰です!!!

そして、やっぱり、あの宿に泊まらなかった事は
きちんと意味があったんですね。
火事になるとわかっていたから泊まらなかった。
火事に巻き込まれたら、遡行軍どころじゃないですし、
辺に飛び込んだりしたら、それこそ歴史に影響がでます。
これについては花丸でも取り上げられてましたね。
大和守と沖田の繋がりなどで。
いくら感情が揺さぶられようと歴史改変は
絶対にしてはいけない、
それが彼らの使命とも言えますから。
とは言え、なんだかんだで子供は助ける辺り、
私情を捨てきれない辺りはやっぱり兼さんです(笑)!!!
歴史に影響を与えるかもしれないけど、
任務に背く結果になりかねなくても
動く時は動くのはやっぱり兼さんですよ!!!
任務に忠実な真剣な兼さんも良いですけど、
歴史にそこまで影響与えないレベルでなら
私情で行動する辺りさすがです!!!
あと、こんのすけは融通が効くのが意外でした!!!
もし、僕がこんのすけだったらどんな理由であれ、
迷わず任務優先で私情は切り捨てる方を選ぶので!!!

さて、そんな中、ついに大量の遡行軍が襲撃、
戦闘経験もある兼さんでもこの戦力差は厳しいようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、まさかの審神者来ました?!!!
何気に審神者がきちんと描かれるのって
活撃が初めてじゃないですか!!!!
そして少年審神者とか僕の好みです!!!
良かったです!!男の子の審神者で!!!!
間違っても女性の審神者じゃなくて
本当に良かったです!!!!
何故なら、男性キャラが好きだからです!!!
というより、自ら出陣とか、
出現してる時のみ探知能力上がるとか、
完全にフィールドワークタイプですよね
少年審神者!!!
オダマキ博士ですか少年審神者!!!
ただ、その分、調子よくないと
少数中の少数精鋭になりかねないのが
弱点っぽいですけど!!!!
そして、蜻蛉切&薬研!!!!
そして陸奥守吉行来ました!!!!
蜻蛉切は彼らはメインビジュアルにもいるので、
おそらくレギュラーもしくは準レギュでしょう!!!
薬研と陸奥守は花丸でも出番多かったですけど、
個人的に注目したいのは蜻蛉切です!!!
花丸では出番言う程多くなかったので、
メインキャラに加わったのは大出世ですよ!!!
今回は鶴丸国永は出番なかったですけど、
仮にもゲームではレア度4の太刀なので、
やっぱり、出し惜しんでるでしょうか?!!
楽しみは後でとっておけ的なやつです!!!!
まあ、どっちみち、今回は夜戦なので
弱体化する太刀は召喚せずに正解ですけど!!!

後は陸奥守ですけど、こっちは花丸以上に
兼さんは陸奥守を気に食わない感じですね。
まあ、持ち主がかつての敵同士な事を考えると、
花丸の兼さんの方が人が良く物分かりも
良すぎただけとも思いますけどね。
かつての立場を考えるとむしろ、
活撃の兼さんが陸奥守と仲が悪いのは
むしろ当然と思いますから。
OPの方は花丸のOPに比べると断然良いです。
個人的にはクールでかっこいい曲の方が好きですし。
OPには三日月宗近の姿も見えましたけど、
思えば最初の活撃の名前が伏せられてた頃の
最初の番権絵は三日月宗近だったので、
制作側は忘れてなかったんですね。
ただ、三日月の立ち位置が気になります。
普通に審神者に召喚される切り札的な立ち位置なのか、
他にシルエットの刀剣男士と一緒にいた+、
ゲーム的に言うと一部隊6人なので、
別の審神者に仕える三日月って考えもできます。
スポンサーサイト
category
刀剣乱舞
genre
アニメ・コミック
theme
アニメ
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2638-52ad591a