活撃 刀剣乱舞 第7話「第一部隊」感想

時間遡行軍から結果的に歴史改変を阻止する事が出来たものの、
本来の歴史では死ぬはずではなかった多くの一般人を守りきれず、
江戸を守りきれなかった事を内心、悔やんでいた兼さん。
その一方で、審神者は源氏兄弟・大典太光世・骨喰藤四郎・三日月宗近を集め、
部隊長を山姥切国広として第一部隊に出陣を命じて…

第一部隊、その活躍を刮目して観よ!!!
さて、今回の冒頭ですけど、物語は
足利義輝の殺されるところから始まり…
画像1画像2画像3
って、骨喰って発言と薙刀って事は、
それは脇差になる前の骨喰藤四郎?!!
って、事は第一部隊の中でも今回は
骨喰藤四郎がメインって事ですか?!!!
骨喰、好みの刀剣男士なので期待です!!!!

あれ?でもこの流れ的に今回の遡行軍って…
さて一方、永禄八年に来た
第一部隊は早くも遡行軍と遭遇して…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
源氏兄弟と大典太の戦闘シーン来ました!!!
花丸では未登場だった分、
その鬱憤を晴らすかが如く、
活躍を見せつけてる気がします!!!
別の本丸なので全くの無関係ですけど!!!!
でもって、やっぱり弟の名前、
覚えてない髭切!!!!
戦闘中でも余裕あるって
源氏の重宝は伊達じゃない?!!
それともただ天然なだけですか?!!!
あと、腕っ節はわかりましたけど、
大典太は刀使ってください!!!!
普段、蔵に閉まわれてとか愚痴ってるのに
本人が自分の刀使わないって!!!!
普段愚痴るんならせめて自分で使いましょうよ!!!
そして、骨喰の戦闘シーンも!!!!
花丸の時は本丸にいたので
何気に出陣はしてないんですよね!!!
蜻蛉切同様に活撃になって初めての
アニメ初出陣なんです!!!!
その佇まいと美しさがたまらないです!!!!
でもって、やっぱりチートレベルな三日月!!!!
三日月は心配要素0です!!!
初代レア度5の刀剣男士は伊達じゃないです!!!
蜻蛉切を苦しめた大太刀の攻撃を簡単に防ぐって!!!
しかも審神者の命令通りにサポートに徹し、
止めは山姥切に譲ってますし!!!
というより、この時点で強すぎなんですけど!!!
考えてみたら当然ですよね!!!
第一部隊は俗に言う一軍ポジション!!!
メンバーもレア度4にレア度5の比率が高いメンツ!!!!
部隊長の山姥切は初期刀ポジでもあるので
実力が高いのは間違いないレベル!!!
というより下手したらカンストしてても
おかしくないと思います!!!!
そして、N完全に骨喰が堀川ポジ!!!!
脇差ってこういうポジなんですか?!!!
視聴者目線で部隊の凄さを感じる新人ポジ!!!!

それにしても、第一部隊は第二部隊と違って、
集団行動に慣れて私情に流されにくいベテランポジですね。
これが第二部隊だったら陸奥守辺りが任務より、
一般人を惨殺した遡行軍許さんって私情優先しちゃいそうですしね。
この辺は部隊行動及びどんな状況でも冷静に対処する辺り、
ベテラン部隊って感じが印象強いです。
第二部隊が新設された若い部隊で、
第一部隊は死戦を乗り越えてきたベテラン部隊って感じです。
さて、今回の任務は遡行軍が強制的に歴史に突入したから
その目的の調査及び阻止が目的みたいですね。
ひっそりと潜入ではなく審神者がわかるレベルの強行突破みたいなので、
ベテラン枠である第一部隊を今回の任務につかせたんだと思います。
第二部隊は前の戦いで傷ついて治療とか優先ですし、
下手したらこの任務は第二部隊には
荷が重すぎる可能性もありますから。
さて、状況を知るべく京の都を目指す山姥切達ですけど、
そんな中、足利宝剣の話へと突入して…
画像1画像2画像3画像4
色々言いたいですけど、まずは
山姥切、面倒くさ過ぎでしょう!!!
でも、それでこそ僕の知ってる山姥切!!!
そりゃ、国宝級の刀に源氏の重宝、
挙句の果てに天下五剣とまできたら、
写しの山姥切が気にしないはずないですよね!!!
でも、写しは俗に言うリメイク的な刀ですし、
国広の最高傑作と呼び声も高いので、
もうちょっと自分に自信持っても良い気がします!!!!
むしろ、本家は霊刀として名高い刀で、
それをリメイクしてオマージュされた
山姥切は誇りを持っても良いと思います!!!!
世の中には贋作もあるので、贋作と比べたら
全然マシって考えも出来ますから!!!!
そもそも国広の最高傑作と名高いって時点で
山姥切も十分に名刀じゃないですか!!!
あと、隊長は思い悩む事が多いって
山姥切に関しては多すぎってレベルですけどね!!!

さて、京の都にたどり着いた山姥切達、
しかし、そこは人の姿がなく無人の都のようで…
画像1画像2画像3画像4
どうやら最近、辻斬り事件が起こってるようで、
そのせいで都の人々は外に余り出歩かないみたいですね。
しかも、噂によると死んだはずの足利義輝が行ってるとの事、
まあ、実際に足利義輝がどういう人物かわかりませんけど、
冒頭の展開的に実は生きてるはないでしょうね。
あるとするなら、足利義輝の死体を
遡行軍が利用してる辺りでしょうか?
さて、夜、遡行軍の足取りを探す山姥切達、
そんな中、一足先に集合場所に戻った骨喰に魔の手が…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
やっぱり冒頭の薙刀遡行軍が今回の敵なんですね…。
しかし、だとすると骨喰と対峙するこの薙刀は、
記憶を失う前の当時の骨喰藤四郎って事に…。
しかも、山姥切はもちろん、こんのすけも知らない…
って、まあゲームにも居ないタイプの薙刀、
しかも薙刀時代の骨喰というわけですから
ゲームにない敵なので当然と言えば当然ですね。
しかも、遡行軍のメンバーを生み出す辺り、質が悪いです。
ただ、こういうゲームにいない敵を出すのはありです。
さて、謎の薙刀遡行軍が生み出した遡行軍達は
山姥切が引き受け、薙刀遡行軍を追う骨喰ですけど…
まさか、その薙刀遡行軍が薙刀時代の自分自身に
憑依した遡行軍なんて夢にも思わないでしょうね骨喰。
これは言うならば現代と過去の骨喰同士の対決と言っても良いです。
ただ、何故、薙刀骨喰は骨喰を誘導したのかが気になります。
過去の骨喰として今の骨喰に自分を止めてほしいのか、
それとも、どちらかが真の骨喰か証明したいのか、
はたまた別の理由や特に意味がないのか気になります。
ただ、向こうは遡行軍を作り出す事が出来る、
当然、蜻蛉切を苦しめた大太刀も。
三日月に山姥切は実力トップクラスなので問題ないですけど、
骨喰は完全に新人隊員枠の刀剣男士、
そんな骨喰が大太刀相手に持ちこたえられるかが…
さて、一方の山姥切は遡行軍を倒し、
三日月達と合流を果たしたようですけど…
やっぱり本丸にもデータがないんですね。
まあ、こういうのはゲームにもないので、
当然と言えば当然です。
しかし、本当に急いだ方が良いです。
今までにない未確認の遡行軍の兵士、
別個体の遡行軍を無数に生み出す能力、
下手したらまだ見せてない能力がある可能性、
第一部隊の隊員と言っても新人隊員、
おまけに向こうは遡行軍を生み出せるときてる、
持ちこたえる事が出来ても、
数の暴力の前に単独では厳しいです。
さて、一方の骨喰は大太刀を倒しましたけど…
画像1画像2画像3画像4
画像1画像2画像3画像4
画像1画像2画像3画像4
さすがに第一部隊に選ばれただけあって
あの大太刀相手にも勝利できましたけど、
それ以上の絶望的な光景なんですけど!!!
どこの一万人のライダー部隊ですか!!!!
髭切が冗談半分に言った100体くらいの
遡行軍が現実のものになっちゃったじゃないですか!!!
いや、下手したらもっといるかもです!!!!
でも、骨喰のピンチに全員が間に合う辺り、
第一部隊は本当に優秀な部隊ですよ!!!!
第二部隊だったら別行動部隊は間に合わず、
助っ人として参戦するキャラくらいしか
間に合いませんよコレ!!!!
それに三日月の台詞かも多くの修羅場を
くぐり抜けてきた事が伺えます!!!!
倒せるかじゃなく倒す、
それは審神者が第一部隊に絶対の
信頼をしている事を表し、
三日月達もそれを理解しており、
倒す事ができると疑ってさえいないと言えます!!!
余程の修羅場を越えてないとここまで
頼もしい先輩男士達にはなれないです!!!
しかも新入りの骨喰も自分達の一員と認め
不安をかき消すフォローもこなす!!!
うん!!負傷の一件がなくても
この任務は第一部隊以外に
任せるのは無理ですね!!!
だって隊長も先輩達も修羅場を
くぐり抜けてきたベテラン達!!!
おまけに新人隊員のフォローも完璧!!!
どう考えても第二部隊にこれは出せないです!!!
第二部隊は戦場くぐり抜けた刀剣男士がいるって
言っても、完全に一番隊の方がベテランポジですし、
私情を挟まずに任務を冷静にこなす、
新人のフォローも抜群って第二部隊に
ない真のベテラン枠しか持てないもの
ばっかり持ってるわけですから!!!!
正直に言います!!!
戦力の数に相手のボスの強さは未知数、
それでも第一部隊が勢揃いしてると
負ける予感が全くしないです!!!!
しかも、単純に単体に強いだけじゃなく、
チームワークもコンビネーションも抜群!!!!
源氏兄弟と大典太が活路を開いて、
その間に山姥切達3振が切り込んでいく!!!!
これを連携と言わずしてなんと言います!!!!
そして、薙刀遡行軍相手に二刀開眼?!!!
まさか第二部隊よりも先に第一部隊が、
しかも山姥切と骨喰の意外な組み合わせで
見せるとは思いませんでした!!!!
更に三日月も巨大遡行軍に見せた技!!!
中傷してないですけど、真剣必殺ですよね?!!!
部隊長は山姥切ですけど、
間違いなく活撃最強の刀剣男士は
三日月宗近じゃないですか!!!!
遡行軍を吸収し、どんどん強くなる
巨大遡行軍相手に傷一つつかずにやりあって、
勝利するってどんだけ強いんですか!!!
第二部隊のこんのすけは前回、
自分達に足元を掬われると言ってましたけど、
掬われる要素が一切無いです!!!!
強すぎて連携も完璧で非の打ち所がないです!!!

さて、今回出てきた謎の遡行軍についてですけど、
三日月の推測によると操られた自分を止めてほしかった
かもしれないんじゃないかと言う推測。
僕もそう思いますけど、少しだけ違います。
自分達の暴走を止めて欲しいと願ったのは
足利義輝じゃなく、薙刀の頃の骨喰自身だと思うんです。
しかし、わかってはいましたけど、
第一部隊の強さは別次元中の別次元ですね。
強さに関してはわかっていましたけど、
それ以上に部隊としてのチームワークも
抜群とは思ってもみませんでした。
こうして見るといかに第二部隊が全体的に
まだまだ未完成で未熟なのかがよくわかります。
スポンサーサイト
category
刀剣乱舞
genre
アニメ・コミック
theme
アニメ
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2653-b8f78ece