FC2ブログ

ベイブレード バースト ゴッド第38話(89話)「凶機!スプリガンレクイエム!!」感想

レッドアイの正体が親友である紅シュウという事実に荒れるバルト
そこに世界最強のブレーダーを決めるゴッドブレーダーズカップの開催が決定
その出場選手の中にシュウも入っている事で気持ちの切り替えに成功する
そんな中、トラッドからフリーとルイのバトル動画が送られてきて
そこには接戦の末にルイに負けたフリーが映っていた
更にそのタイミングでフリーがBCソルに帰ってきて…

究極にして最凶の魔神が今生まれる!!!
画像1画像2画像3画像4
さて、突如としてBCソルに帰ってきたフリーですけど、
早速、フリーがニューヨークブルズを脱退した事は
ネットに上がっているみたいですね。
しかも、世間的には行方不明扱いとは…。
まぁ、フリーってクラブに入ってようが入ってなかろうが、
自由気ままで神出鬼没なのでそこは問題無いですね。
行方不明扱いって聞いても
いつものフリーの行動としか思えませんし。
さて、バルトを始め、クリスやアンジュなど
フリーを受け入れてる中で
シャーサだけが受け入れてなく…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
まぁ、シャーサは真面目な性格なので、
いきなり出て行っていきなり帰ってきた
フリーが許せないのも無理はないですね。
BCソルが強くなってほしいって理由があったとしても、
フリーの気ままな行動で一時期、
メンバーの調子が悪くなって全力出せなくなったり、
バルトを始め皆がフリー脱退に
動揺を隠せずに居たわけですから、
生真面目なシャーサが怒るのは当然です。
おまけにフリー自身、
言い訳すらせずの無言ですから、
これじゃコミュニケーションを取れず
ギスギスするのは無理ないです。
まあ、シャーサのクーザは後から入ったから
自分の気持ちがわからないって事に関しては、
ぶっちゃけるとBCソルのメンバーの大半は
それ以上にフリーが帰ってきて嬉しかったり、
シャーサ程に怒りは感じてないと思います。
どちらかというと全く気にせず受け入れOKな
フレンドリーなメンバー率が高いですからね。
好戦的なシスコもそういうの気にせずに、
フリーと戦いたい事だけ考えるタイプなので、
フリー脱退前から残ってるメンツで
シャーサと同じ苛立ちを
抱いてるメンバーはいないと思います。
実際、シャーサが言うようにお気楽メンバーですしね。
さて、一方のフリーの方は珍しく険しい表情して、
本気でトレーニングに気合い入れてる辺り、
皆の前ではいつも通りに振舞っていても
本心はやっぱりルイに負けた事が悔しいんですね。
フリーの心情はベイバトルは勝つから楽しい、
ルイに負けたまま楽しいなんて思えるはずないです。
BCソルに戻ってきた理由も大方、
もうBCソルに戻っても自分頼みにしないチームとなった事、
そして、ルイにリベンジする為に初心に戻る事だと思うんです。
さて一方、バウンドレイヤーの成長させる為に、
1人特訓してるバルトですけどフリーが来た事で、
フリーに特訓相手を頼んで…
画像1画像2画像3画像4
ワールドリーグでは戦う機会はありませんでしたけど、
ビッグ5のうち半数を倒したと言っても、
フリー相手にはまだまだ足元にも及ばないようですね。
ただ、負けても何度でもやろうとする姿勢、
その中でバウンドレイヤー覚醒に大喜びする姿は、
フリーにないバルトの強さだと思います。
フリーの強さは言うなら勝つのが楽しいって言う
価値観から生まれた強さです。
対するバルトの強さはとことんベイを楽しむ姿です。
負けて悔しいならもう一度挑もうとしますし、
負けても次に繋がる成長があったら喜ぶ、
後は公式戦とそうでないとの割り切りも
最近のバルトは身についてきてると思います。
練習試合や野試合はいつものバルト寄り、
真剣勝負の場となる公式戦だとバルトでも
真剣にバトルに臨む姿勢へと変化していますから。
さて一方、スネークピッドで新たなベイ製作に
とりかかってるシュウですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
本当に紅シュウを捨ててしまったんですね…。
脳内イメージとは言え、親友として
接するバルトを一刀両断するとは…
なんというかシュウは極端になってます…。
もちろん、真剣勝負の際にはこういう
冷徹さも必要だとは思います。
でも、日常的にそれをし続けたら、
強さを手に入れる代わりに
もっと大切な物を失うと思うんです。
常に気を張ってるのは疲れます。
今のシュウは強さを手にして最強になったとしても、
それでシュウはベイバトルを
本当に楽しいと思えるんでしょうか?
フリーやルイと言った勝つ事に
拘りを持つキャラは幾度となくいます。
でも、彼らは彼らなりに
自分達の信念と強さを持っています。
フリーだと勝つのは楽しいという考え、
ルイなら常にバトルに真剣に取り組む姿勢、
では今のシュウは?となるんです。
最初はフリーやルイに
勝ちたいという思いだったと思います。
でも、全てを捨てた上で目的を達成したとしても、
そこにシュウは嬉しいや楽しいという
感情は芽生えるのでしょうか?
僕はシュウは目的と手段が
逆転するんじゃないかという気がするんです。
もちろんシュウの全てを否定はしません。
ただ、強さだけに執着しすぎては何故、
それを求めたのかを忘れてしまう気がするんです。
そんな強さだけを求めたシュウが作り出したベイ、
画像1
その名もスプリガンレクイエム・0・Zt!!!
レイヤーなどの機能は後日紹介するにして、
その最大の特徴は6つのモード変更が可能!!!
スプリガンレクイエムレイヤーは
レジェンドスプリガン同様に左右両回転!!!
そしてゼータドライバーは3つの軸先を回転させ、
バトル前にアタック・ディフェンス・スタミナの
3つのモードから1つ選んで戦える!!!!
これにより左回転時の3つのモード、
右回転時の3つのモードの合計6つの
モードチェンジが可能なんです!!!!
まさにオールラウンドに徹した機体!!!
しかしそれ故に状況判断力に優れないと
使いこなすのが難しいベイとも言えます!!!

さて、一方のフリーの事で孤立気味のシャーサですけど…
画像1画像2画像3画像4
ここでアンジュがシャーサの後押しとは。
でも他のメンバーだと後押しが難しいですね。
なんだかんだでBCソルの古株の1人ですし、
メンバーの一人一人をきっちり見ています。
そしてシャーサはシャーサで皆がフリーに対して
そこまで苛立ちを持ってない事を理解しているのも良いです。
フリーに関して苛立ちを持っているのは
あくまでシャーサ自身の思いです。
さて、アンジュから後押しされたシャーサは
フリーに自分が思っている感情を全部ぶつけて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、まさかのフリー発案のフリーVSシャーサ!!!
本気でぶつかるならバトルしかないでしょうけど、
これ完全にシュウ回という名のシャーサ回でしょう!!!
完全にシャーサにメイン喰われちゃってますよシュウ!!!

そんな2人のバトルですけど、
やっぱり実力だとフリーの方が圧倒的に上なんですよね。
でも、ただ圧倒するんじゃなくきっちりアドバイスしたり、
ロイヤルズ戦でのシャーサの活躍を楽しかったと褒める辺り、
フリーはチームを抜けてた時も戻ってきた時も、
フリーは誰よりもBCソルの事を考えてるのがわかります。
前にフリーはどうしてBCソルが大好きなのに抜けるか
バルトに問いただされた事がありましたけど、
大好きだからこそ、自分がいるだけじゃBCソルは
成長しない事を理解していたんだと思うんです。
シャーサもシャーサでフリーの事で頭にキテいますけど、
フリーが抜けてBCソルがピンチになった事で、
フリーに頼ってばかりの考えじゃなくなったんですから、
フリーの目論見は完全に成功したと思います。
それにフリーって自分が仲間から恨まれようが
一切気にしないタイプのキャラでもありますからね。
まあ、こういうマイペース過ぎるのが
良くも悪くもフリーですからね。
おかえりって意味をガチで理解してない辺り、
フリーがいかに天然って言うのがわかります。
この天然さはシュウも見習ってほしいですね。
シュウはもう少し天然入っていたら、
ここまで堕ちなかったかもしれないので。
さて、本当の意味でBCソルに帰ってきたフリーですけど…
画像1画像2画像3画像4
まぁ、フリーが帰ってきたとなると皆が皆、
フリーとバトルしたがるのは無理もないですね。
そして、帰ってきても自由気ままな辺り、
どこに行ってどこに居ようともフリーはフリーですね。
なんだかんだでクリスの部屋でくつろいでる辺り、
クリスとフリーの組み合わせはまるで姉弟に見えます。
もしかするとフリーにとって一番心が落ち着く相手は
クリスなのかも知れないです。
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2680-1eec2db9

#38「凶機(きょうき)! スプリガンレクイエム!!」ベイブレードバースト神(ゴッド)・名言

バルト「ひ、開いた! バウンドレイヤーが開いたぞ! ありがとうフリー。お前のおかげで ストライクゴッドチップが 着けられるかもしれない」 フリーがBCソルに戻ってきた。 ルイに負けたとはいえその強さは圧倒的。 しかし、バルトも着実に成長を続けている―! 開いた! #…
  • 2017⁄12⁄20(水)
  • 10:41
  • アニメ偉言