FC2ブログ

ベイブレード バースト ゴッド第41話(92話)「鉄槌!ツインネメシス!!」感想

ついに始まった世界最強を決めるゴッドブレーダーズカップ
第一試合であるバルトVSクルツはバルトが感情を露わに
攻めに転じるもののクルツの圧倒的な強さの前に
バーストフィニッシュを決められ敗北してしまう
続く第2試合はレッドアイVSボアの対決で…

2つの顔を持つベイがクーザを襲う!!
ゴッドブレーダーズカップAグループ第2試合、
早くもレッドアイとボアの対戦カードが実現、
ボアはレッドアイを勝つ為の日々を思い返して…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
レッドアイになってから修羅と化したシュウですけど、
ルイに負けるまでのシュウはまだ情が残っていたと思います。
でないとわざわざボアにスネークビットで生き残る為には
強くなれと助言をする理由がないですからね。
その後もボアが力をつけ始めた事も見極めてましたし、
今のレッドアイはしらないですけど、
その頃のレッドアイはボアに一目置いてたのは確かだと思います。
そのボアが高い向上心を持って今、レッドアイに…
スプリガンレクイエム!!!
その強さの秘密の1つが
スプリガンレクイエムレイヤーに施された
ラバーパーツによる回転力吸収能力!!!
一件、ドレインファブニルと同じですけど、
スプリガンレクイエムは左右両回転!!!
相手と逆回転の方を選べば確実に
どの回転方向でもドレイン能力が使えます!!!
つまり、ルイやフリー相手なら右回転、
バルト達が相手なら左回転を選べば、
攻略法を見出し攻めないと吸収能力の
餌食になる恐ろしい能力なんです!!!!

そんなスプリガンレクイエムを前に、
為す術なく先制点を取られたボアですけど、
ボアには今のレッドアイにない強さを持っています。
本人にその気はなくてもボアには
自分を応援してくれる子供達がいる、
それは全てを捨てて強さを手にした
レッドアイと対になる強さと言って良いです。
レッドアイに憧れから失望し打倒に変わったのは
ボアにとっては良い方向転換だったと思います。
もし、レッドアイに憧れたままだったら、
ボアは遅かれ早かれレッドアイみたいに
勝利以外、何も見えない修羅と化してたと思いますから。
そんなボアは諦めず2ndバトルに臨み…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
ドレイン能力攻略法、ラバー部分に
触れずにじわじわと攻める先方来ました!!!
これはシスコもVSフリー相手にした戦術!!!
回転力を奪う相手に最も効果的な戦術!!!
それに加えて、スプリガンの攻撃を受ける事で、
着々とロックを動かしファイナルクラッシュの
発動条件を満たし、オーバーフィニッシュ!!!
ファイナルガードは円状に近づく事で防御力を
大幅に上げますけど、その上がった防御力を
振り子の原理で攻撃に利用する!!!
ワキヤのシールドクラッシュと同じ原理です!!!

そんなファイナルクラッシュで追いついたボアですけど、
レッドアイは強烈な殺気を放ち…
真剣勝負に勝とうとする意志がそういう
殺気を放たせるって言うのは良くありますけど、
レッドアイは完全に修羅なんですよね…。
もうレッドアイの頭には相手を破壊する、
その事しか頭にないんだと実感します…。
正直、そんな勝つ為だけに修羅となった
レッドアイは心の底からベイバトルを楽しんでるか、
最初は倒したい相手がいるから頑張ってただけなのに、
どこで道を踏み外してしまったんでしょうか?
今のレッドアイにそんな心境でバトルして
頂点に君臨する時が来たとしても、
心の底から本当に楽しいか問いかけたいです。
さて、いよいよレッドアイVSボアの決着が着く3ndバトルが始まって…
画像1画像2画像3画像4
今度は左回転!!!
吸収能力を使わず、
その分を攻撃重視に変えてきました!!!
更にゼータドライバーはアタックモード!!!
スプリガンレクイエムは軸先を変更する事で、
アタック・ディフェンス・スタミナを使い分けるベイ!!!
それ故に器用貧乏さが目立つベイでもありますけど、
レッドアイはそれを使いこなし勝利する!!!
どれか飛び抜けた性能があるわけでもない、
それがバランスタイプですけど、
使い手が凄腕のブレーダーだった場合、
器用貧乏じゃなく隙のないベイと化します!!!
まさにスプリガンレクイエムはレッドアイが
使う為に生まれたベイと言っても良いです!!!
その一撃でバハムートをバースト!!!
とりあえず負けはしたものの、
番外編漫画みたいなリアルバースト
されなかったのは不幸中の幸いです!!!

ただ、もうレッドアイはボアも見てないです…
少なからず注目してたはずなのに、
今のレッドアイは倒した相手は
その時点でもう眼中にないんでしょうね…。
そしてバルトのダメージがデカそうですね…。
世界最強を決める大会である以上、
シュウも世界最強になる為の敵と認識しましたけど、
これは心の整理をしないと次に響くかもですね。
バルトは感情的になると本気でやっても、
それがから回って逆に力を出せないケースがあります。
例え、バルトがシュウも倒すと考えていても、
感情的になりすぎて逆に実力を出せないのもバルトですから。
さて、Aグループ第3試合はクーザVSノーマン、
クーザはノーマン戦に備えて練習している中、
クリオがノーマン攻略の為の情報を持ってきて…
画像1画像2画像3画像4
画像1画像2画像3画像4
って、ノーマン割と人付き合い良いですね!!!
クリオがしつこかったとは言え、
受けなくても良いバトルを渋々ながらも
承諾するってノーマン、頼まれたら
断れないタイプのキャラじゃないですか!!!
武士道とかそういう感じが似合う感じありましたけど、
意外にお人よしってイメージも今生まれました!!!
画像5
そんなノーマンが使うベイは、
ツインネメシス・3H・J!!!!
まさかのカスタム変更です!!!!
1月に発売されるベイですけど、
商品としてのデフォカスタムは、
ツインネメシス・3H・Ul!!!!
何気に専用機のベイが、
最初からデフォ仕様じゃないのは
初のパターンじゃないですか!!!
なので、ツインネメシスを発売日に
買おうとしてる方はジャギーが入ってない
事に驚かないでください!!!
どうしてもアニメカスタムにしたいなら、
ダークデスサイザー付属カラーの
ジャギードライバーをセットしてください!!!
3ディスクは大型で外側が軽量で
安定に攻撃する事に特化したコアディスク!!
ヒットフレームは一箇所に特化した
カウンター重視の攻撃フレーム!!!
そんなツインネメシスのアッパー攻撃は強力!!!
あっさりカオスをオーバーフィニッシュ!!!

とは言え、あっさり負けはしたものの
バーストフィニッシュじゃない辺り、
クリオの完敗って感じもしませんね。
奥の手を見せてないにしても、
完全に圧勝しないパターンは珍しいです。
とは言え、クリオの情報が完全にフラグですね。
アッパー攻撃主体のベイと思い込んでる以上、
クーザは痛い目に遭う事は避けれないです。
そして、ついにクーザVSノーマンの試合の時が来て…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
早くもクロノスのタイトロープダイブ!!!
しかし、ノーマンはスマッシュハンマーで
迎え撃ち、返り討ちにバーストフィニッシュ!!!
これがツインネメシスの強さ!!!!
レイヤーを変形させる事で、
バトル前にアッパーモードか
スマッシュモードかの
切り替えが可能なんです!!!
クーザの敗因は事前情報に頼りすぎた事!!!
それに加えてノーマンも十分な実力者!!!
攻略法が中途半端じゃなかったとしても、
それで油断してたら世話無いです!!!!

さて、早くもBCソルのメンバーが立て続けに
惨敗して重たい空気が流れるBCソルですけど…

そんな空気を断ち切れるのは
シスコしか居ません!!!
相手はあのシャカですけど、
シャカにはすでに過去に負けてます!!!
BCソルのブレーダーはこのまま
ストレートで惨敗が続かないところを
見せつけてほしいです!!!
世界最強を決める舞台の初戦の相手が、
ワールドリーグで自分を負かしたシャカ!!!
これ以上ないリベンジには相応しい舞台です!!!
ここでBCソル陣初の勝利を決めれば、
2回戦以降のバルト達のやる気も、
大きく上げる事ができるはずです!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2685-7d83ea34

#41「鉄槌! ツインネメシス!!」ベイブレードバースト神(ゴッド)・名言

ボア「どんなベイだろうと俺は勝つ! 俺が頂点に立つ!」 シュウ「無理だ」 シュウvsボア。 今はレッドアイを名乗るシュウ。 人格変わりすぎて元に戻れるのか心配だ― 無理だ #beyblade pic.twitter.com/HLWDRa0GBO— 雪光 (@YukiAnilog) 2018年1月15日 ベイブ…
  • 2018⁄01⁄16(火)
  • 21:50
  • アニメ偉言