ベイブレード バースト ゴッド第42話(93話)「熾烈!BCソルの闘い!!」感想

ゴッドブレーダーズカップ1日目、
バルトはクルツの圧倒的強さの前に惨敗、
クーザもまた油断からノーマンに惨敗してしまう
BCソルのメンバーが立て続けに敗北する中、
その暗い空気を断ち切るべくシスコが立ち上がり…

その暗闇を切り裂けクライスサタン!!!
さて、バルトとクーザが立て続けに
負けた事で重たい空気が漂うBCソルサイド、
そんな中、Bグループの試合が開始されて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
うん!!この2試合はほぼカットと思ってました!!
言っちゃ悪いですけど、ルーウェイも、
ジョシュアも相手が悪すぎとしか言えません!!!
2人とも同じビッグ5ですけど、
その中で飛び抜けた実力者を
相手にしてるわけですから、
これに勝つのはさすがに無理です!!!
フリーに憧れるジョシュアとかなら
結末は同じでもきっちり描かれるでしょうけど、
2試合共、相手が同じビッグ5以外の
接点は特にありませんからね!!!
ジョシュアについては油断してたみたいですけど、
ルイ相手に油断はさすがにやばいでしょう!!!
どんだけ自信家だったんですか!!!
ルイって絶対に油断したらダメな相手!!!
少しでも気を抜いた噛み砕かれます!!!

さて、残す試合はシスコVSシャカですけど、
どうやらシスコにはシャカ攻略の策があるみたいですね。
その特訓にコーチとして協力したワキヤ、
ワキヤってなんだかなんだでシスコを気にかけてるんですよね。
もう同じチームではないですけど、
なんだかんだで今は共に認め合った仲と思います。
まぁ、シスコがレアルに戻る事はないでしょうけどね!!
さて、そんな攻略法を見出したシスコとシャカの1stバトルが始まり…
画像1画像2画像3画像4
画像1画像2画像3画像4
今回は激しく動いて真っ向から
攻撃を受けきる作戦?!!
バーストさせるのが狙いみたいですけど、
この作戦は諸刃の剣と言っても良いです!!
ジークエクスカリバーはロックが進むと、
トリプルインパクトの準備が整って、
強力な一撃で相手を倒す必殺技!!!
耐えきらなければ逆に
やられるリスクがあります!!!
現に作戦が上手く行く程の甘い相手じゃなく、
1stバトルはシャカが先制点!!!

でも、バースト決められてない分、
まだ勝てないと決まったわけじゃない…
トリプルインパクトのパワーに耐え切り逆転!!!
ジークエクスカリバーの弱点を見事に突き、
なおかつ、クライスサタンの性能も活かして
持ちこたえる見事な戦術です!!!!
ジークエクスカリバーのトリプルインパクト!!!
その攻撃力は凄まじくまともに直撃したら、
バーストされてしまう危険性が高いです!!!
しかし、ロックが進む事が最条件な以上、
その攻撃に耐え切れれば、逆転は可能!!!
加えてシスコはローラーディフェンスで、
トリプルインパクトをいなして威力を下げ、
最後のあの一撃を持ちこたえた!!!!
まさにシスコの完全勝利と言って良いです!!!
シャカは試合終了後に
レッドアイを意識しすぎて
シスコをちゃんと観てなかった事が
敗因と言ってましたけど、
バトルが必ずしも
ベストコンディションとは限らない!!!
全力出しきれない事も含めて実力です!!!

さて、これでBCソル側の活気は戻りましたね。
シスコにとってこの一勝は大きいですし、
バルト達にとっても良い刺激になりました。
あと、やっぱりシスコは残るんですね。
シスコはシスコなりにBCソルを気に入ってますし、
そこから引き抜くのはさすがに無理ですからね。
さて、これにて一日目の試合が全て終わり、
2日目の対戦カードのスケジュールが発表され…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
Aグループからは
バルトVSクーザ!!!
レッドアイVSクルツ!!!
ノーマンVSボア!!!
Bグループからは
フリーVSジョシュア!!!
シャカVSルーウェイ!!!
ルイVSシスコ!!!
何気に因縁やら
チームメイト同士の対戦カード!!!
バルトとクーザは同じBCソル同士!!!
シャカとルーウェイもリオスのメンバー同士!!!
ジョシュアも憧れのフリーとの真剣勝負!!!
ノーマンとボアもスネークビットのメンバー同士!!!
唯一、接点がないのはルイVSシスコくらいです!!!

さて、1日目の試合も終わり、
次の対戦カードを決まった訳ですけど…
バルト達は一切疑問に思わなかったですけど、
さすがにワキヤはボアとノーマンが
参加者な事に違和感抱いてるみたいですね。
世界最強を決める大会に強いブレーダーが
招待される事は至って普通です。
ただし、ノーマンもボアも実力者でありながら、
表舞台での実績は一切ないのに選ばれてます。
表舞台での実績を考えるなら、
ジョシュア相手に互角にやりあったダイナ辺りが
選ばれてもおかしくないはずなのに、
実力はあっても無名な彼らが選ばれるのは、
よっぽどのバカキャラじゃない限りは
不自然と思うのが道理です。
それでアシュラムが裏で暗躍してるって言うのは、
かなり良い線言ってるのは間違いないです。
ただ、1つ気づいてない事を上げるとするなら…
主催者であるギルテンがアシュラムなんですよね…。
そりゃ、アシュラムがギルテンなら、
公式大会無名のボアとノーマンを
大会にエントリーさせるのも造作も無いです。
暗躍してる以前に主催だから!!!
クリスはアシュラムの姿知らないから
無理も無いですけど、
ワキヤくらいは気づきましょうよ!!!
まあ、レッドアイ=シュウのと気づけなかった
時点で無理とは思いますけど!!!!

ただ、アシュラムまでたどり着いたとしても、
スネークビットメンバーを贔屓にしてる事以外、
悪い事をしているってわけでもないのが問題ですね。
最強のブレーダーとベイを作り出す事を考え、
その為にはブレーダーを軽く見る男、
歪んだ価値観と考えこそ持ってますけど、
過去のベイブレードアニメの悪役と比べると、
特別悪い事をしているわけでもないんですよね。
性格がクズいのは間違いないですけど。
一方のクーザはバルト戦に備えてクリオと練習中、
正直、世界最強を決める舞台で再び、
バルトとクーザが戦う事になるとは思いませんでした。
最近は噛ませポジが定着してますけど、
それでも一世界のライバルから
ここまで良く出世したもんです。
さて、2日目となり、
いよいよバルトVSクーザの試合が始まり…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
まさかのしょっぱなから連続同時バースト!!!
うん!!せめて一戦目くらいはもう少し
描写してほしかったかもです!!!

でも、どれだけ2人が本気で、
互いに油断を一切してないのかもわかります。
クーザ辺りならバルトの手も知り尽くしてるからと
爪の甘さを見せる可能性もあったのですけど、
いらない心配だったようですね。
そしてバトルは5fthバトルへ突入し…

ついにバウンドレイヤー完全覚醒!!!!
激しいバウンドによる超加速!!!!
同時バーストによる引き分けラッシュが
上手い具合にバウンドレイヤー完全完成に
一気に近づけて完成できたみたいですね!!!
これなら、3日目から撃ゴッドヴァルキリーに
期待できるかもです!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2689-b07d7ced

#42「熾烈! BCソルの闘い!!」ベイブレードバースト神(ゴッド)・名言

シスコ「また勝負ができて嬉しいぜ。 灼炎寺シャカ」 シャカ「カイザだ」 シャカの本名は灼炎寺カイザ。 クミチョーの本名は黄山乱太郎。 あだ名のほうが定着しててたまに忘れる― 獰猛な2匹の獣♂ #beyblade pic.twitter.com/o4Mlu4IbQc— 雪光 (@YukiAnilog)…
  • 2018⁄01⁄22(月)
  • 22:11
  • アニメ偉言