ベイブレード バースト超ゼツ 第9話(111話)「火炎旋風ゲキリン!」感想

御朱印家に伝わる竜の牙を使い、
ついにヘルサラマンダーを完成させたスオウ
早速、乱ベイ組に乗り込み乱次郎を撃破し、
そのままアイガとのバトルでは突如として豹変し、
掴みどころのない攻撃でアイガにも勝利してしまう
そんなスオウに敗北したアイガは
今まで以上に練習に励み始めて…

2年の時を得て、その力解き放て!!!
スクリュートライデント!!!
前回、豹変したスオウの実力の前に敗北してしまったアイガ
そんなアイガは更に強くなる為に今までよりも練習に励む中、
ナルから新しいベイニュースが飛び込んできたようで…
スオウという新たな強敵が出現したばかりなのに、
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
ここに更に新たな優勝候補が登場!!!
予選ではシュート測定器を壊す程の
パワーを見せたオウ・ホウイ!!!
誰よりも早く2回戦を突破したホウイを
WBBAは優勝候補の一角として注目!!!
これにより、スオウだけでなく、
面識のないホウイに対しても
闘志を燃やし始めるわけですね!!!
予選の時もホウイにパワー負けした事を
悔しがってましたし、
出会ったら更に闘志燃やしそうです!!!

さて、一方の常夏は2回戦でスオウと当たるようで、
部長であるフブキに特訓をしてもらってるようで…
専用機持ちの仲間入りこそした常夏ですけど、
やっぱり超ゼツベイ使いとゴッドベイ使いとじゃ、
性能の差が大きいですよね…。
それに加えて常夏の未熟さもあるので、
フブキの方が強くバーストされまくるのが現状…。
途中で特訓を投げ出した感は強いですけど、
一応、最低限のアドバイスと自分も2回戦があるのに、
常夏の練習に付き合ってあげてたので、
部長として最低限の優しさはあるのかもです。
そんな自身の弱点を克服できずに焦りを覚え
がむしゃらに練習を続ける常夏、
そんな常夏にアイガとナルは気づいて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
普段こそ傍若無人なアイガですけど、
なんだかんだで常夏の特訓に付き合ったりと
以外と面倒見のある一面もあるんですね。
まあ、自身の練習にもなるのも本音でしょうけど。
それとやっぱり、アイガの洞察力の高さはすごいです。
前回負けこそしましたが、ヘルサラマンダーの性能を
きちんと分析した上で、厄介な部分を伝える辺り、
アイガもスオウにリベンジするために色々、
ヘルサラマンダーの分析をしているのがわかります。
それでいて、常夏のスクリュートライデントの性能も理解している、
普段こそ傍若無人で自分勝手が目立つ主人公ですけど、
アドバイサーとしての才能も十分に持ち合わせていると思います。
それでいて、アイガ自身も打倒スオウを隠さないのも良いです。
常夏としては複雑でしょうけど、フブキみたいに
とにかく厳しいタイプは常夏と相性良くないと思うので、
こういう同じ倒したい相手を目標とするブレーダーと
一緒に特訓した方が常夏は成長出来るかもです。
しかし…途中から来た乱次郎は絶対に
アドバイザーとかの才能ないですよね!!!
完全に根性論ですよね?!!
アイガのアドバイスの方がしっかりしてるって、
アイガはああ見えて知略家でもありますけど、
乱次郎はどちらかというと脳筋寄りですからね!!!
あと、日夏は自分の年齢と学年忘れないで!!!
アイガと乱次郎は5年生以上、
日夏は4年生ですから、
日夏と常夏の方が若いですから!!!

まぁ、それはともかくやっぱり常夏は、
ベイクラブで鍛錬するよりも、
アイガやソーチョーとかと一緒の方が
精神的にも実力的にもレベルアップすると思います。
フブキの元でもレベルアップは可能と思いますけど、
如何せん、フブキの方は厳しすぎる部分があるので、
なんだかんだで付き合い良いと言っても、
厳しすぎるのも他の部員の成長を妨げる事に
なりかねないと思うんです。
実際、自分で答えを見つけろというアドバイスで
常夏はアイガ達とエンカウントするまで
一人で抱え込んで焦ってましたしね。
さて、一方のスオウの方は華道中みたいですけど、
こんな日常でも殺気を隠せない辺り、
ヘルサラマンダーが完成したその日から、
スオウはヘルサラマンダーに
取り込まれてるんじゃないかと思うんです。
バトル時の豹変だけなら良かったですけど、
日常生活においても少しずつ歯車が狂い始めてる感じが…。
そしてついにロンギヌスカップ2回戦当日、
アイガ・乱次郎・フブキが勝ち進んでいき、
ついにスオウVS常夏の対決の時が来て…
画像1画像2画像3画像4
普段からこれくらいフレンドリーなら、
部長としてより成長すると思うんですけどね…。
殻を破った事を悟りエールを送る姿は部長ですけど、
それ以上に飴と鞭の鞭の方が強過ぎる印象があるので…。
そんなこんなでスオウVS常夏の1stバトルが始まって…
画像1画像2画像3画像4
アイガ達の読みと反し、スオウはディフェンスモード!!!
ディフェンスモードの小回りを利用した連続攻撃で、
常夏の実力を図る作戦ですね!!!
しかし、今回の常夏は本気中の本気!!!
ヘルサラマンダーの連続攻撃に耐え切り、
ドローに持ち込む事に成功!!!
スオウの反応を観る限り、
常夏が持ちこたえた事は
予想外みたいですね!!!
ディフェンスモードとは言え、
超ゼツベイ相手にゴッドベイで
きっちり食らいついてきてます!!!
ただし、ここから豹変モード突入!!!
2ndバトルは1stバトル程に
優しいバトルにならないです!!!
それに加え、次のバトルで使う
モードをデフェンスと
宣言する程の舐めプレイ!!!
完全に常夏の事を舐めてます!!
ただ、悔しいですけど、
豹変時のスオウの実力はそれほどまでに
厄介で強敵なのも事実なのも恐ろしいです!!!

そんな常夏を舐めてるスオウとの2ndバトルですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
あえて失敗シュートで暴走させる事で壁に激突させ、
そのパワーで火炎旋風・逆鱗を発動!!!
アタックモードのパワーを出せない分、
戦術面でパワーを引き出すスタイル!!!
わかってはいましたが、
さすがに相手が悪過ぎましたか!!!
それでも油断していたとは言え、
1stバトルではスオウを予想を上回る
粘りでドローまで持ち込んだので、
今後次第では十分に成長の余地があります!!!
その為にも、後々でも良いので、
トライデントの超ゼツ化
お願いですタカラトミー!!!

しかし、ヘルサラマンダーを手にしてから、
スオウは内面に秘めていた感情を隠さず
表立って見下し始めた感じがしますね。
スオウからすれば、常夏は自分が少し
本気を出せば倒せる相手で、
悔しくてもそれは事実でしょうけど、
せめて、常夏はバルトの弟としてではなく、
蒼井常夏という1人のブレーダー
として観て欲しかったです。
そんな常夏をアイガは
兄がバルトというのは関係ない、
常夏は常夏として見ているのが良いです。
ブレーダーの数だけ戦術も考えも違います。
常夏とバルトじゃ性格もタイプも違います。
それはホウジとコウジにも言える事ですよね。
ホウジはワキヤを慕い、ワキヤが日本にいる時は
彼を支えてきた縁の下の力持ちのブレーダー、
対するコウジの方は自分が気に入らないと思ったら、
突っかかるタイプのホウジと真逆の性格、
コウジの方の性格には難こそあれど、
コウジはコウジであってホウジじゃない、
だからバトルスタイルも考え方も違います。
大事なのは自分らしいスタイルで
強くなっていく事だと思うんです。
誰かと比べるんじゃない、
自分自身のままで強くなる、
そうしないとシュウみたいに
自分を見失うブレーダーも出て来ると思うので。
超ゼツで言うとスオウが当てはまると思います。
ヘルサラマンダーを手にしてから、
通常時のスオウも少しずつ狂い始めてる、
そういう印象がありますからね。
さて翌日、ナルの悲鳴から飼育部屋に不審者が…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
そりゃ、悲鳴上げますよね!!!!
ムキムキの不審者が飼育部屋の掃除を
勝手にやってる光景は明らかに通報ものです!!!
というより、掃除は素でやってるって、
ホウイって、シュート測定の時から
思ってましたけど絶対天然ですよね?!!
そして無愛想な人相に反してフレンドリー!!!
ホウイ、絶対にキャラ濃いです!!!
表裏はないですけど絶対に濃いです!!!
そんな天然属性持ちのホウイですけど、
彼もまたバルトと出会った事がきっかけで
超ゼツベイを作ったブレーダー!!!
使用するベイはアーチャーヘラクレス・13・Et!!!
実はホビー情報はシルエットのみ解禁の
情報があまり解禁されてないベイ!!!
コロコロやホビー公式そっちのけで、
アニメの方が先行解禁って言うのは、
ゴッドのディープカオスと
アークバハムート以来です!!!
なので僕も性能を知らないです!!!
あと、アイガとホウイ、意外に似た者コンビ!!!
バルトに影響されて超ゼツベイを作った、
(本人的には)あと少しでバルトに勝てた、
この辺はまさにシンクロしています!!!
だからこそ、どっちが強いかで揉める!!!
乱次郎よりホウイの方がアイガ寄りですね!!!

そういうわけでどっちが強いか決める為に
アイガとホウイはバトルする事にしたわけですけど…
画像1画像2画像3画像4
画像1画像2画像3画像4
ホウイのシュートスタイルは弓矢を射るような
シュートスタイル!!!
ベイがアーチャーヘラクレスで、
ホウイ自身、アーチェリーの実力者でも
あるのでアーチェリーのスタイルを
ベイに組み込んでるわけですね!!!
そしてアーチャーへレクレスの性能!!!
アーチャーヘラクレスは遠心力によって、
外側の弓を模したパーツが開閉!!!
それにより高い遠心力を生み出す!!!
さらにEtドライバーはリボルブドライバーのように、
攻撃を受けても粘り強く立て直すドライバー!!!
どんな攻撃もびくともせずひたすら回り続ける!!!
まさに防御力も持ち合わせたスタミナタイプ!!!
更に回転力が落ちると弓が内側に行く事から
バトル後半は防御力が上がる感じですね!!!
それらを利用したエンドレススピンで、
カウンターでアキレスをバースト!!!

そんなホウイの実力は実感したアイガ、
夜になったのでテントで寝るつもりでしたが…

マイペースというか不審者というか
ホウイがど天然過ぎでしょう!!!
というより、アイガもアイガで人んちよりも
校庭内に勝手にテント立ててる時点で
人んちと言っても説得力ないですからね?!!
しかし、あの傍若無人なアイガを
ど天然で振り回すホウイは
色々只者じゃない気がします(笑)!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2721-a6ea1d8c

#9「火炎旋風ゲキリン!」ベイブレードバースト 超ゼツ・名言

日夏「まさかスオウ君が相手とはね」 コウジ「運がなかったな」 キメル「まだ負けたわけじゃないだろ」 日夏「常夏」 常夏「やってやるさ!」 ロンギヌスカップ本戦開幕。 初戦でスオウと戦うことになった常夏。 前主人公の弟にしては不遇な立場というか。 どこまで頑…
  • 2018⁄05⁄29(火)
  • 11:29
  • アニメ偉言