FC2ブログ

ベイブレード バースト超ゼツ 第10話(112話)「アキレスVSラグナルク!!」感想

アジアチャンピオンを決める大会であり、
白鷺城ルイへの挑戦権を
賭けた大会でもあるロンギヌスカップ
着々と勝ち進んでいくアイガ達
2回戦で御朱印スオウと当たった常夏は
1stバトルこそスオウを相手にドローに持ち込んだものの、
2ndバトルではスオウのシュートミスを
装った戦略の前に敗退してしまう
そんな中、2回戦を勝ち進んだ事で日本に来た
オウ・ホウイとアイガは知り合いとなって…

豪炎の渦をはじき飛ばせアキレス!!!
さて前回、ロンギヌスカップを勝ち進み、
韓国からやってきたオウ・ホウイと友となったアイガ
そんなホウイと共に練習をするアイガですけど…
画像1画像2画像3画像4
って、ホウイのそれ悪役の笑顔!!!
ホウイ自身は普通に良いヤツですけど、
それ、端から見たら良からぬ事を考えてる
極悪ブレーダーの顔にしか見えない!!!
その笑顔だけ見たらギルテンの部下と
言われても納得しちゃいますよ!!!

さて、ここから先は残るは強豪ばかりの為か、
対戦の組み合わせは完全にランダム、
誰と誰が当たるかわからないわけです。
まあ、サブタイでアイガの相手はわかりますけど。
そんな感じで良き友でライバルとなったホウイですけど、
そのホウイは用事があるらしく…
画像1画像2画像3画像4
って、それ完全に誤解ですから!!!
確かに服装だけ見たら黒の組織とか
裏の組織とかそういうのに
見えなくもないですけど、
ホウイはアーチャリーの選手でも
あるんですからそれ関連でしょう!!!
どこをどう見たら連れ去られてる
みたいに見えちゃうんですか!!!
むしろ、何かしでかしたと誤解されて
連行されてる風に見えるって言う方が
まだ説得力がありますよ!!!

そんな黒服から助けるべく、
行動を開始したアイガは途中で遭遇した
乱次郎達と共にホウイを助けようとして…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
これが悪の組織相手とかなら
ベイで翻弄とかわかるんですけど、
これ完全に誤解ですから
黒服からしたら迷惑以外の
何者でもないですよね?!!!
周囲をくるくる回るだけと言っても、
悪の組織でもなんでもない相手に
ベイで襲撃する主人公達って
何気に初な気がするんですけど!!!

結局、誘拐でもなんでもなく、
ホウイのアーチェリー関係者、
トレーナーだったわけで完全に勘違いなんですよね。
そもそも、ホウイが誘拐されるような
見た目のキャラじゃないですしね。
しかし、アーチェリーって難しい感じですね。
弓を引くパワーはもちろんですけど、
矢を打つまでパワーを維持し続け、
それでいて的をピンポイントで狙う
集中力も必要なわけですから、
その両方をこなさないと無理でしょうからね。
単純にパワーだけな乱次郎じゃ無理です。
アイガの方も似たようなものですけど、
アイガの方はホウイが一目置く程の
集中力を見せた事から才能はあると思います。
ただ、アイガのアレは瞬間的なものみたいなので、
長時間維持し続けるのは難しいみたいですけど。
そんなアーチェリーを体験した翌日、
ロンギヌスカップ準々決勝の対戦相手が決まって…
画像1画像2画像3画像4
アイガの対戦相手は乱次郎!!!
共に戦ったりバトルを観たりは
したりしますけど、対決自体は
初めて対決した時が引き分けだったので、
決着自体はまだ着いてないので、
この対戦カードは決着を着けるに相応しい!!!
そしてホウイの相手はインドのバウレ・ギリ!!!
完全に量産機使いのモブですけど、
それでも世界レベルのモブ!!!
でもって、蛇苦手ってある意味、
ホウイにとっては天敵じゃないですか!!!
忘れがちですけど、ロンギヌスカップは
アジア最強を決める大会なので、
設定的には量産機使いでも
実力は世界レベルのって扱いです!!!
まあ、ホウイも世界レベルの実力者で
なおかつ専用機持ちあわせて、
使いこなしているので大丈夫ですけど、
如何せん、不調時には世界レベルの
モブに負けるって前例がなくはないので!!!
とは言え、アーチャーヘラクレスの
見せ場なく大会敗退は考えられませんが!!!

そして、一方のスオウの方ですけど、
こっちは回を追う毎に歪んでいってる感が強いです。
最近のスオウを観ていると大会が終わる頃には
ベイクラブに見切りを着けて去るんじゃないかと
思えてさえならないです。
そんなそれぞれが準々決勝に備える中、
ついに準々決勝の当日が来て…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、今更思った事ですけど、
スオウと言い、フブキと言い、
モブが相手とは言え、
アジア各地を勝ち残ってきた
世界レベルのブレーダー相手に
圧勝で序盤ですでに世界レベルの
実力を身に着けてないですか?!!!
少なくともアジアの中ではすでに
トップクラスの実力者扱いは確定です!!!
一方、蛇が苦手という事で集中力が乱れてた
ホウイもアイガの応援で集中力を取り戻し、
バウレ・ギリに完勝!!!!

でも、これアイガが集中力
取り戻すきっかけなかったら、
かつてのバルト達の二の舞いに
なってた可能性もあったんですよね。
さて、いよいよアイガVS乱次郎の対決の時が来て…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
まずはアキレスの高さを高くして
ハイアングルモードで攻めるアイガに対し、
乱次郎はセンターを陣取って
必殺のラグナルクタイフーン!!!
ただし、ラグナルクはスタミナこそ
あれど、打たれ強さがない事が弱点!!
アキレスの猛攻の前にめった打ち!!!
しかし、それも乱次郎の予想の範疇!!!
激しいラッシュで近づいてきたアキレスに
新たな必殺「ハリケーンカウンター」で
逆に弾き飛ばしてオーバーフィニッシュ!!!
ハリケーンカウンターは近づいてきた相手に
リーチフレームによる高さの異なる刃で
一撃必殺のカウンターを決め込む必殺技!!!
ラグナルクの弱点は打たれ弱さですけど、
その弱点を逆に利用しカウンターを決める姿勢は、
まさに肉を切らせて骨を断つスタイル!!!
高さが異なる刃を持つフレームだから、
アキレスの高さ変更にも対応できる辺り、
対アキレス用のカウンター必殺とも言えます!!!
そんな乱次郎の強さを見せつけらましたけど、
それで戦意を喪失せず、むしろ燃えるのはアイガ!!

2ndバトルは通常モードで臨んで…
画像1画像2画像3画像4
今度はセンターの取り合い!!!
ラグナルクタイフーンとハリケーンカウンター!!
その2つを封じるために先にセンターを
取ろうとした結果、センターで激しくバトル!!!
しかし、結果は両者場外でドロー!!!

更にホウイ、曰くシュートした位置が悪く、
今のドローは運が良かっただけとは…。
おそらく、これが決闘回で決着が
着かなかった理由の一つと思われます。
シュートする位置次第で動きも変わります。
特にバランスタイプなら尚更です。
そして狙い通りにピンポイントでシュートする、
それは口で言う程、簡単でもないです。
ロンギヌスカップは公式大会でもあるので
野試合にはないプレッシャーも集中力を削ります。
絶対に負けたくない勝ちたいという思いは
時に集中力を生み出しますけど、
それを維持し続けるのは難しいです。
そう考えるとゾーンに入ると集中力特化になる
バルトはゾーンにさえ入れば集中力お化けだったんですね。
さて、自身の戦略を読み取り戦う乱次郎に苦戦するアイガ、
そんなアイガに対し、アキレスは語りかけてきて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
アキレスと対話した事で集中力復活!!!
更に3ndバトルではセンターを
陣取るディフェンススタイル!!!
2ndバトルではセンターの奪い合いでしたけど、
今度は理想のシュート位置にシュート成功した事で、
ラグナルクより先にセンターを取る事に成功!!!
更にこれまで攻撃に特化したスタイルと
打って変わり、ディフェンス重視は、
攻撃も防御も出来る
アキレスの本来のスタイル!!!
打たれ弱いラグナルクに対し、
アキレスは攻守共に
優れたバランスタイプ!!!
乱次郎との戦いでアキレスの
ディフェンスとしての顔も
使いこなせるようになったんですね!!!
ゼットディフェンスはスタミナタイプや
ディフェンスタイプの並の攻撃じゃ
崩すのは難しそうです!!!
乱次郎のハリケーンカウンターは
カウンター必殺こそ強力ですけど、
それはセンターを陣取って、
自ら攻撃を受ける前提でこそ
成り立つ必殺技!!!
センターを先に奪われては
逆に奪わない限りは使えない!!!
そんな乱次郎はラグナルクタイフーンで
ゼットディフェンスを破るものの、
弾き飛ばされたアキレスは壁を蹴り、
渦の中心から下降してのゼットバスターで
ラグナルクをバースト!!!
竜巻系の必殺技は真上からの
攻撃に弱いのは伝統です!!!

とは言え、今回のバトルは結構ギリギリでした。
乱次郎はアイガの戦略を予測して対策してて、
戦略を変えても読まれれて運良くドロー、
ピンチでも燃えて勝つ気全開でも、
精神的に相当なプレッシャーが
かかってたのがわかります。
勝った余韻よりも息を切らしてた事から
どれだけ苦しい激戦だったのかがわかります。
でも、だからこそアイガは乱次郎の実力を認めてる、
乱次郎もまたアイガの実力を認めてるから、
アイガは今回、調子には乗らないし、
乱次郎もまたアイガともう一度
バトルしたいと思ったんでしょうね。
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2722-19c7daab

#10「アキレスVSラグナルク!!」ベイブレードバースト 超ゼツ・名言

ナル「もしかして笑ってる?」 ホウイ「ああ」 アイガ「わかりづれえんだよ!」 強面ながら意外とフレンドリーなオウ・ホウイ。 しかし笑顔は引きつってる感じがして気持ち悪い。 ベイ筋だけではなく顔面の筋肉も鍛えたほうがいいかも… 笑ってるんだけど、表情に出づら…
  • 2018⁄06⁄05(火)
  • 19:21
  • アニメ偉言