ベイブレード バースト超ゼツ 第11話(113話)「裏切りの激闘(バトル)!」感想

アジアチャンピオンと白鷺城ルイへの挑戦権を賭けたロンギヌスカップ
準々決勝でぶつかったのは乱ベイ組の黄山乱次郎
自身の戦略は読み切られ追いつめられていくアイガ
しかし、アキレスのディフェンス性能を主軸と使う事で
ラグナルクの攻撃を耐え抜き、上空からのゼットバスターで
ラグナルクをバーストし、逆転勝利を収める事に成功する
そして、これで準決勝進出の4人が決まり…

在りし日の思い出の炎!!!
それは現実か幻か?!!!
さて前回、アイガが乱次郎に勝利した事で
ロンギヌスカップのベスト4が決定したわけですけど…
画像1画像2画像3画像4
もう!アイガの私生活駄々漏れ!!!
プライベートもクソもない!!!
同じテントで寝泊まりは事実ですけど、
そこは完全に個人情報!!!
というより、その単語じゃ
絶対に一部の層は
アイガとホウイはただならぬ
関係と思いますよ!!!
実際はホウイがマイペースで
押しかけて居候してるだけですけど!!!
まあ、それはさておき準決勝の対戦カードは、
フブキVSスオウ!!!
アイガVSホウイと決定!!!
アイガとホウイは仲良くなりましたけど、
大会で対決するなら手加減無用!!!
バルトと違い、どちらもメンタルが
ブレないのが良いです!!!
まさしく、良きライバルという感じ!!!

さて、一方のフブキはスオウを良き
仲間であり競い合うライバルと思ってますが、
スオウの方はフブキの事を
自分の相手と思ってないようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
ベイ始めた時期は最近で初心者は当たってますけど、
アイガは決して知性の欠片もないわけじゃないです。
普段の言動がお山の大将寄りですけど、
熱く見えて、きちんと状況分析やら出来てますから
知性は十分に持ち合わせてるタイプです。
フブキの方はスオウが自分は相手として
見てない事で全国大会団体戦での
日の事を思い出してますけど、
やっぱり、今のスオウは全部が本心とは思えないです。
もちろん、スオウの本心も混ざっていると思います。
でも、フブキと共に戦い抜いた日々、
フブキの努力を認めていた
スオウも偽りじゃないと思うんです。
やっぱりヘルサラマンダーとの
シンクロ率がスオウを歪ませてる気がします。
かつてシュウがスプリガンレクイエムに魅入られた様に…
一方、アイガの方はホウイとの
テント生活にも馴染んでる様ですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
って、同居人増えてる?!!!
乱次郎には乱ベイ組ありますよね?!!!
どういう理由で居候する気ですか?!!
あと、何気にアイガって押しに弱い!!!
この分じゃ穴見アナに
3人で同じテントに寝泊まりしてると
意味深的な風に思われそうな
発言されちゃうのも時間の問題!!!
男たらしのブレーダーの汚名を
着せられるのも時間の問題!!!!
一歩誤解されたら、
男をテントにたらしこむ
男になりますよコレ!!!

まあ、それはさておき、チームでもない4人が
結果的に同じ行動で練習するって言うのは不思議ですね。
フブキも今は打倒スオウの練習に集中して
アイガ達の相手をしてる暇がないからでしょうけど、
スオウ以外の4人のメインキャラが同じ場所で
それぞれ練習を始めるって言うのは感情深いです。
さて、そんなこんなで準決勝第1試合である
フブキVSスオウの対決の日が訪れて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
やっぱりフブキの事を良く見ていたのは
他ならぬスオウであったんですね。
この出会った当初の回想、
そしてヘルサラマンダーを手にする前の
フブキの理解者であったスオウ、
このスオウも紛れもないスオウです。
それがヘルサラマンダーを手にしてから
その強さに魅入られ、自身が認めてたはずの
フブキも見下す対象としてしまった
少なからず、フブキを見下してたのも
スオウの本心でもあると思いますけど、
それと同じくらいフブキの事を
認めていたのもスオウです。
あまりに強い力は使い手の心を歪めてしまう、
スオウは本当の意味で強くなれないです。
スオウは天才的センスでヘルサラマンダーの
性能を使いこなしてると言えます。
しかし、使いこなしてるからこそ、
その強さに溺れて自分を見失ってる、
このままじゃ第2のスプリガンになるのは
時間の問題だと思います。
スオウはブレーダーとしての才能と実力は強くても、
力に呑まれない心の強さは持ち合わせてないと思いますから。
さて、フブキとスオウの1stバトルですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
フブキは常夏戦で見せたディフェンスモードでの
暴走戦術で強力な攻撃を仕掛けるのに対し、
フブキはエンペラーガードで完全に弾き飛ばし
オーバーフィニッシュ!!!
さすが努力の天才と名高いフブキ!!!
前日にスオウ戦に備えて、
練習してた事が功に出てます!!!
しかし、問題はここからです!!!
フブキが攻略したのは暴走時の
ディフェンスモードに過ぎませんし、
アタックモードの戦い方は見てない!!!
ここからはフブキもバトルの中で
攻略法を見出すしかないです!!!!
そしてスオウも次はアタックモード!!!

そんな、ここからが本番と言える2ndバトルが…

画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
サラマンダーは縦横無尽に
まるで忍者の如く、
上空に跳ねまくる!!!
それに対しフブキは、
スオウの攻撃をかわし続け、
スタミナを消費させる作戦!!!
ヘルサラマンダーのアタックモードは
不規則に動く為に飛び跳ねたりしますが、
その分、スタミナの消費が激しい
弱点も持ち合わせているんです!!!
攻撃が当たってもエンペラードリフトで
持ちこたえて、カウンターでの反撃!!!
フブキお得意の防御スタイル炸裂!!!
しかし、それもスオウの
サラマンダーには効果なし!!!
本気のスオウの強さは完全に
今のフブキの実力を凌駕してます!!!
剣乱・地獄落としでバーストフィニッシュ!!!
しかし、本当にえげつないのはここから!!!
スオウにとってフブキは取るに足らない
相手と言う結果が出てしまった事、
更にあれだけ奮闘したのに、
スオウからしたら
フブキから得る物は何もないって、
もうフブキのライフは0じゃないですか!!!
でも、フブキだけに気にかける
わけにも行きません!!!
次はアイガVSホウイのバトル!!!
無理やりとは言え、同じテントに
住みこんでる友同士のバトル!!!
スオウとフブキの関係は無慈悲でしたが、
この2人ならどんな勝敗になろうとも、
バトル後も良い感じになるはずです!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2723-8489dd56

#11「裏切りの激闘(バトル)!」ベイブレードバースト 超ゼツ・名言

穴見「そして第2試合は オウ・ホウイと赤刃アイガだ。 なんとこの2人、今同じテントで 寝泊まりしているらしいぞ!」 ロンギヌスカップ準決勝。 第1試合はフブキvsスオウ。 第2試合はアイガvsホウイに決まった。 試合を勝ち抜きルイと激突するのは―!? 「同じテントで寝泊…
  • 2018⁄06⁄12(火)
  • 14:54
  • アニメ偉言