FC2ブログ

ベイブレード バースト超ゼツ 第12話(114話)「豪腕!ヘラクレス!!」感想

ロンギヌスカップ準決勝、
第1試合であるフブキとスオウのバトル
スオウの使うヘルサラマンダーの
荒ぶるディフェンスモードを破る事に成功したフブキだが、
アタックモードの前に為す術なく敗れた挙句、
スオウから得るものは何もないと言い切られてしまう
そして、次の対戦カードである準決勝はアイガとホウイのバトルで…

放たれた矢を切り落とせアキレス!!!
さて前回、フブキとスオウの準決勝を見届けたアイガ達、
そんなアイガは翌日の準決勝に向けて、
これからホウイと一緒に練習のようで…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
最初の方こそホウイの一方的な押しかけでしたけど、
今はもう本当に仲の良い友でライバルなんですね。
乱次郎は呆れてましたけど、ホウイも一緒に
練習したいと言っていたみたいなので
互いに合意の上なら問題ないと思います。
それに慣れ合って本番で真剣勝負出来ないような
ブレーダーでもないですからね2人共。
そんなホウイとの練習を楽しみにしてるアイガですけど、
そのホウイの姿が見当たらないようで…
アイガとのバトルを楽しみにしてる反面、
それが元でアーチェリーの方は集中力低下、
ホウイはブレーダーである前に
アーチェリーの名選手でもあるので、
トレーナーからしたらアーチェリーを
疎かにするきっかけであるベイブレードの
禁止を言い渡すのもわかるんですよね。
もちろん、自分とのバトルを楽しみにしている
アイガを裏切りたくないホウイの気持ちもわかります。
だからこそ、この問題は難しいですね。
どちらも決して間違った事を言ってるわけじゃないので。
まあ、それは難しい問題ではありますけど…
微妙に間違って伝えてます!!!
アーチェリーに専念とかはあってますけど、
それ言ったのホウイじゃなく、
トレーナーの方ですから!!!
今の言い方で完全に誤解生んでます!!!
完全にホウイが自ら進んで
アーチェリー優先したみたいに
捉えられちゃってるじゃないですか!!!

しかし、放っておけば良いって、
それはアイガは望まないと思います。
確かにルイと戦う為なら
確実に勝利できる方が良いでしょう。
アイガは人一倍負けず嫌いで、
強い相手には本気で向き合うタイプ、
それが不戦勝で決勝進出なんて
アイガが納得するとは思えないです。
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
一方のベイクラブのフブキとスオウの方ですけど、
こっちはこっちでギクシャクしてますね。
まあ、ベイクラブ止めなかっただけ良かったです。
完全にフブキを見下してますけど、
キャプテンとしてのプライドは捨てろという
アドバイス自体はあながち間違ってないと思います。
変則バトルロイヤルの練習の時になんだかんだで
皆をまとめ上げるメンタルはあるのはわかりましたけど、
キャプテンとしてのプライドが強くなるのを
邪魔してるのも事実と思います。
強くなる為には時にはキャプテンとしての自分を捨てる、
今回のスオウをサポートしようとしてた事に対しても
あの惨敗の悔しさよりも、同じベイクラブのメンバーとして
勝って欲しいという気持ちの方が強すぎた感じがしたからです。
互いに互角のバトルならまだわかりますが、
はっきり言って今のフブキはスオウには及ばないです。
それなら、キャプテンとしてスオウをサポートするよりも、
今度こそスオウに負けない為に1人のブレーダーとして
特訓に時間を割いた方が良いと思います。
さて一方、ホウイを探すアイガですけど、
そこに乱次郎が現れてホウイの事を忘れろと言い出し…
乱次郎って兄の乱太郎と同じくまっすぐで不器用ですね。
アイガの事を思っての事ですけど、
ホウイの事で隠してる事を誤魔化すにしても
わかりやす過ぎるというか、アイガじゃなくても
何か隠してると感づかれてもおかしくはないです。
ホウイが超ゼツスペシャル押して来なかったら
絶対にボロ出してたと思います。
それを言ったらホウイもですけど、
ホウイの方は普段から表情がわかりづらい分、
ホウイの心境に気づけないのは無理ないです。
ホウイは無理してる感じありますし、
アイガはホウイとのバトルを心から楽しみにしてる、
そして誤解こそしてるものの乱次郎は
ホウイが大会を辞退する事を知ってるので
乱次郎が何が楽しいのかと思うのも無理ないです。
さて、一方のフブキは電話で誰かに悩みを相談して…
画像1画像2画像3画像4
って、2年後の紅シュウ来ましたぁあ!!!
まさか、電話越しに海外にいる
シュウが再登場って!!!
元から美少年でしたけど、
更に美青年キャラに成長って!!!
一応、中1ですよね?!!!
なんかテニプリみたいな
中学生に見えない中学生に
なってる感が半端ないんですけど!!!
そして、シュウからの助言が心強いか
そうでないのか良くわかりません!!!
弱気になるな、迷うことはない、
立ち止まるな、この単語だけ聞けば
レジェンド級の先輩キャラのアドバイスに
聞こえますけど、これ言ってるのかつて
レッドアイやらスプリガン名乗ってた
シュウですからね?!!!
迷いを振り切り、
立ち止まらず振り切ったから
レッドアイやらスプリンガンになった
人が言ったら逆に不安なんですけど!!!
もしかして導こうとしてる?!!!
俺はフォルネウスだって言う
吹っ切れたブレーダーへと
導こうとしてます?!!!!

アドバイスについては若干不安ですけど、
シュウの存在は良い意味でフブキの
心の支えになってるのは良いですね。
多分、メインキャラの中で一番メンタルが
弱いと思うのはフブキと思うので。
さて早朝、ホウイはアイガが
寝ている間に1人去ろうと…
画像1画像2画像3
ホウイと一緒に会場に向かい
たかったみたいですけど、
それに対し、集中力を戻すのが
乱次郎ではなく妹のナルって言うのが
アイガの扱いを心得てる感がします。
ただ、肝心のホウイの方が…。
そんなこんなで準決勝第2試合の時が来て…
当初こそアイガを嫌っていた乱ベイ組のメンバーですけど、
乱次郎の実力関連でアイガを応援する方に回るとは
世の中、何が起こるかわからないものです。
アイガの人望ではなく、乱次郎の人望な辺りが特に。
さて試合当日でもホウイは来ずに、
棄権するという連絡が届いて…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
アイガは慌てるなんて珍しいですけど、
気持ちはわかるんですよね。
アイガがホウイとのバトルを楽しみにしてたように、
ホウイもまたアイガとのバトルを楽しみにしていた、
その気持ちはアイガは良く知ってるわけですから。
実際、失格になる可能性を考えず、
ホウイを探そうとしていたわけですから、
今回のアイガは心に余裕が無いです。
でも、このメンタル不安定なところは、
バルトの時とは性質は違うんですよね。
バルトの時は馴れ合い過ぎて、
真剣バトルの際には割りきるまで時間がかかりました。
今回のアイガはこんな形で勝つのは嫌だ、
ホウイと準決勝で戦いたいという想いからの不安定です。
わかりやすく言うなら、きちんと戦った上で勝ちたいから、
こんな形での勝ちは納得出来ないって感じです。
そんな感情的なアイガを説得しようとする乱次郎ですけど…
って、ここでホウイが来ました!!!
アーチェリーとベイで板挟みになってた
ホウイですけど、最後の最後で、
アイガとの約束を、ベイを選びました!!!

結局、乱次郎の取り越し苦労で、
1人、空回りしてた感が強かったですけど、
それもアイガの事を思っての事ですから
乱次郎って絶対に苦労人体質ですよ。
さて、これでようやくアイガとホウイのバトルが実現、
早速、1stバトルに突入して…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
エンドレススピン対策として、
早期決着を臨むアイガに対し、
ホウイは強く弾くパワーを利用し、
カウンター必殺「アーチャーストライク」
でオーバーフィニッシュ!!!
アーチャーヘラクレスのドライバーは
エターナルドライバー!!!
シャープ上の軸先とそれをカバーする
POM素材のカバーで滑らかに回り、
粘り強く持ちこたえれる
スタミナタイプのドライバー!!
カバーが滑りやすいPOM素材の為、
急降下でカウンターを決めれるわけですね!!!
スタミナタイプは防御力の低さが欠点ですけど、
強力な攻撃を喰らい、ギリギリで耐えて反撃する!!!
防御力が低いからこそ、最大限まで
相手のパワーを跳ね返しやすいんです!!!
そして、ホウイ自身の気迫も凄まじく、
一瞬とは言え、アイガが怯む程のもの!!!
ホウイがどれだけ本気でこのバトルに
臨んでいるのか良くわかりますし、
すぐに持ち直すアイガも、
ホウイの本気に応えようと
してるのかよくわかります!!!

そんな気迫十分の2人のバトルは2ndバトルに突入して…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
1stバトル同様に猛攻撃でヘラクレスを弾くアキレスに対し、
エンドレススピンも加えたアーチャーストライクで
一撃必殺のカウンターを狙うホウイ!!!
しかし、今度は相手の出方がわかってる分、
アイガはそこを逃さず透かさずカウンターによる、
ゼットスラッシュで迎え撃ちバースト!!!!
ホウイの武器は鍛え上げられた肉体による
驚異的シュート力による回転力と、
アーチェリーで培われた狙い定めた
的確なシュートポイントの正確さ!!!
しかし、裏を返せば戦略よりも
カウンターに寄るパワーで決めるという
単純明確なプレイスタイルとも言えるので、
パターンを読まれたら、そこが
攻略の抜け道になる弱点とも言えます!!!
でも、お互い、本気でやりあった末の結果!!!
どっちも悔いがなく、バトルが終わると
いつもの2人に戻る辺り、すっきりします!!!

ただ、アーチェリーの事もありますし、
これでしばらくホウイは退場みたいですね。
また、大きな大会がある時に、
再びアイガ達と再会してほしいです。
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2724-70319c28

#12「豪腕! ヘラクレス!!」ベイブレードバースト 超ゼツ・名言

パーク「もうベイブレードは禁止だ! すぐに帰国してアーチェリーの特訓だ!」 ケイ「いいかホウイ。 お前はアーチェリー界の期待の星なんだ。 みんなの気持ちを裏切るんじゃない」 珍しくホウイの集中力が乱れている。 黒服にはケイとパークという名前もあった。 それにし…
  • 2018⁄06⁄19(火)
  • 12:20
  • アニメ偉言