FC2ブログ

ベイブレード バースト超ゼツ 第20話(122話)「爆炎!リヴァイブフェニックス!!」感想

世界を航海しながらバトルを繰り広げるバトルシップクルーズ
ベイアスロンで高成績を収めたアイガ、乱次郎、ジャン、カイルは
それぞれアイガと乱次郎、ジャンとカイルとタッグを組んでバトル、
バトルの最中、ジャンと一騎打ちとなったアイガはジャンを
あと一歩のところまで追い詰めるものの勝利目前のところで
バイキングスタジアムの牙にかかり敗北してしまう
そんな中、バトルシップクルーズはニューヨークに到着し…

その黒炎で全てを飲み込み破壊しろ!!
リヴァイブフェニックス!!!
さてベイアスロンを終え、ニューヨークに到着したアイガ達
そんなアイガ達はニューヨークにいるフブキに会う為に外出して…
画像1画像2画像3画像4
って、もうすっかり有名人じゃないですか!!!
つい、この間まで無銘のブレーダー、
乱ベイ組のソーチョーで国内でしか
知られてなかったのに今や、
国外でも知られるようになったとは!!!
アイガはルイに勝った実績あるので
わかりますけど、ベスト8止まりの乱次郎もとは!!!
乱次郎に関しては完全に
バトルシップクルーズ参加の
恩師が強いです!!!

そんなこんなで一見、ガラの悪そうなものの
実はアイガ達のファンだったブレーダー達から
フブキがいるニューヨークブルズまで案内してもらい…
画像1画像2画像3
ニューヨークブルズ、久しぶりです!!!
世界に飛び出したフブキは、
ブルズに入ってたんですね!!!
そして紅シュウの一番弟子!!!
話の流れ的にシュウも伝説の
ブレーダーの一人としてカウント!!!
まあ、ゴッドブレーダーズカップの
成績にバルトとの互角の死闘を
考えると当然のポジです!!!
ただ、残念なのは背景でも良いので、
ジョシュアとイエロの姿が観たかったです!!!

さて、アイガ達と再会したフブキですけど、
クールな部分は相変わらずですけど、
どこか今までと違って毒が抜けた、
どこか丸くなった感じがします。
応援こそしてないものの、
アイガ達のバトルをきちんと観て、
良いバトルなら負けても惜しかったと
きちんと称賛を送ったり今までのフブキでは
ちょっと考えられなかった事です。
フブキが変わったきっかけはやはりシュウ…
自分を追い込む事だけが強くなる事だと思ってた、
それだけじゃ足りない、というのは、
強さに囚われ過ぎた余りに自分を見失っていた
シュウだからこそ言える事なんですよね。
シュウは努力の天才で常に自分を追い込んでいた、
その結果、それでも超えられない強敵達の存在で
壁にぶつあたってしまい、ベイの楽しさを忘れてしまいました。
でも、バルトとの最終決戦、互いに持てる力を出しきり、
全てをぶつけあった事でようやくシュウは自分を取り戻し、
ベイバトルは楽しいものだと想い出す事ができたんです。
もちろん、自分を追い込む事は時に必要です。
でも、それに取り憑かれたら自分が何のために
ベイをしているのか忘れてしまう事にもなりかねないです。
勝てば嬉しいですし、負けたら悔しい、
でもそれ以上に勝っても負けてもベイバトルは楽しい、
この本質を見失わない事がベイで強くなる為に、
一番必要な事だと思うんです。
さて、ブルスで練習に励んでいるフブキ、
そこでブルスの施設を使い、アイガが勝負を申し込んで…
最初はボルダリング的な特訓ですけど、
これは野生の中で育ったアイガはさすがです。
初めてと言っても山の中で育った以上、
こういうバランス感覚が優れてるのは当然です。
逆にアイガとフブキに早速置いて行かれる乱次郎、
これは悪い見本って感じですね。
力任せに登ろうとして上手くいかないパターンです。
さて、ボルダリング対決では引き分け、
次はいよいよベイバトルで対決ですけど…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
むしろでかい口叩いてるの乱次郎!!!
アイガは幽霊船で勝ち星上げてますけど、
乱次郎は勝ち星1つも上げてませんからね?!!
ベイスターの数まだ0ですからね?!!
そしてアメリカで実力を上げたフブキ!!!
派手に成長したのではなく、
洞察力と相手の力を利用したりと、
戦略面で大きく成長!!!
アイガと乱次郎のバトルスタイルを
分析した上でアイガと乱次郎をぶつけ合わせ、
自分が攻撃を受ければ強化進化した必殺
真・エンペラードリフトでアキレスとラグナルクを
同時にオーバーフィニッシュ!!!
まだまだ発展途上ではありますけど、
戦略面ではアイガにも負けないくらい、
戦略性を見せてくれました!!!
上手く敵の攻撃を利用して、
他の2人のベイをぶつけさせる、
バトルロイヤルのルールを理解し、
そこを上手く突いた良い戦術です!!!
こういう単純なパワー戦術ではなく、
その時に合った戦い方をするのは、
現実寄りのバトルならではです!!!
そしてシュウ直伝のカルボナーラまで
会得してるとは出来ます!!!
確実に女子力も上げてきてます!!!

ただ、バルトに基本振る舞ってたシュウと違い、
フブキは基本的に振る舞う相手が
いなさそうですけど!!!
さて、そんなフブキとも別れ、
ニューヨークを後にしたアイガ達ですけど、
次なるチャレンジバトルの時が来て、
更に最後の参加者もついに乗船して…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
最後の1人は墨江フブキ!!!
OP前のアバンのベイ的に
やっぱり最後の1人はフブキ!!!
しかも最後の参加者となると、
最強格まではいかないまでも、
メインキャラの中で特に活躍しそうな
気がビンビンしてきます!!!
そんなフブキを加えた次なる
チャレンジバトルは二段式スタジアムによる、
バトルロイヤルルール!!!
これはアンダーワールドで使われた
スタジアムですね!!!
上段から落ちても下段でバトルできる、
全員を下段に落としてスタミナ勝負するも良し、
先に下段に落ちて他の参加者が
潰し合うのを待つも良しの戦略性の
高いスタジアムとも言えます!!!
そして、ここからベイスターに
関してのルール変更!!
今までは勝者に与えられたベイスター、
しかし、ここからは負けたらベイスターを
1つ減点され、0になった時点で
バトルシップクルーズからリタイア!!!
更にこのバトル開始前に全員に
ベイスター3つプレゼント!!!
つまり、最初のチャレンジバトルは、
いわゆるボーナスチャレンジだった
というわけですね!!!
ベイスターを多く持っているブレーダーほど、
負けてもまだチャンスが残っており、
逆にベイスターが少ない程、
負けられなくなる仕様ですね!!!
うん!!一番危ないのは
乱次郎な気がします!!!
そして現状の星の数は、
星4がアイガ、ファイ、ラバン、ジャン、カイル!!
星3がフブキ、乱次郎、スオウ、ホウイ!!!
星3のメンツは1回の敗北も避けた方が良いですね!!
ただ!!今回はバトルロイヤル形式!!!
勝者はたった1人になる以上、
残った8人は星1つ奪われるルール!!!
減点方式初っ端からこれは厳しいです!!!

さて、バトルロイヤルに備える参加者ですけど、
さすが、シュウに弟子入りしているだけあって、
バトルロイヤルの戦い方も熟知しています。
派手に戦うんじゃなく、極力ダメージを受けずに、
闘いぬくというのはバトルロイヤルで大事な事、
1対1やタッグバトルではガンガン攻めるのも
効果的ではありますけど、バトルロイヤルの場合、
強敵1人を倒したとしても他の参加者がいる、
1人倒すのにスタミナ使いきって弱った隙を
狙われるのも十分にありえる話です。
後半戦に備えて極力バトルを回避するのも、
立派な戦術の一つと言えます。
一方でスタミナ勝負は不利と分析し、
一気に攻める事を考えるジャン、
その分析は今回は外れてる気がします。
まあ、どっちみちエクスカリバーのスタミナじゃ、
後半戦は不利になるのは避けれないですけど。
そんなそれぞれが戦略を練る中、
高らかに勝利宣言をするファイ!!!
いよいよファイが本気になりました!!!
これはフブキが戦術面の策があってもやばいです!!!

さて、いよいよバトルロイヤルが開始され…
画像1画像2画像3
早速、フォルネウスを狙うスオウ!!!
しかし、それを回避するフブキ!!!
真正面で受けて立つ事だけが
バトルじゃない!!!
冷静にバトルに挑んでるのがわかります!!!
そして、最初に攻撃を当てたのは
アイガのアキレス!!!
ずっとファイと戦いたがってましたから、
真っ先にファイに仕掛けるのは無理ないです!!
しかし、やはり鉄壁の守りを誇るフェニックス!!!
アキレスを簡単に弾き飛ばしました!!!
しかし、二段式スタジアムな以上、
これは下段で生き残ってるフラグです!!!

さて、続いてフブキを除く6人が一斉に
フェニックスに仕掛けてましたが…
画像1画像2画像3画像4
画像1画像2画像3画像4
本気のファイのフェニックスが
漆黒の黒炎に包まれました?!!
それと同時に不死鳥の姿も
黒炎の不死鳥に!!!
その一瞬、姿はダークバージョンに!!!
これはリヴァイブフェニックスの商品に
低確率で封入されてるシークレット仕様!!!
アニメでは本気状態で一時的に
この漆黒のフェニックスになるんですね!!!
って、ファイの強さもありますけど、
皆、迂闊すぎますよ!!!
ジャンとカイルはバトルでの
ファイの強さとフェニックスの
性能を知らないから仕方ない!!!
でも、他のメンツは観ましたよね?!!!
リヴァイブアーマーもあるんですから、
迂闊に仕掛けるのはまずいですよ!!!
ダメです!!フブキ以外は
参加者多数のバトルロイヤルを
普通のバトルと同じと認識してそうです!!!
そんな中、残ったのは下段に落とされ
無事だったアイガのアキレス!!!
そして外周して直撃は免れて下段に落ちた
フブキのフォルネウス!!!
しかし!!これはどう足掻いても、
ファイの勝ちじゃないですか!!!
アキレスとフォルネウスは下段なので、
アキレスとフォルネウスが戦えば、
どっちが勝ってもスタミナが足りなくなり、
上段でいるフェニックスのスタミナ勝ち、
そんな勝利よりも破壊を選んだファイは、
優雅に下段にフェニックスを着地!!!
これはこれで地獄じゃないですか!!!!
両者、フェニックスを狙うも、
ファイの必殺「フェニックスブレイク」の前に、
アキレスもフォルネウスもバースト!!!
アイガは下段で運良く生き残り、
フブキはバトルロイヤルで最も
適した戦術で何も間違ってなかった、
でも、それ以上にファイが強すぎます!!!
これ、ファイが棄権でもないと、
ファイのベイスター減らすのは
かなり困難じゃないですか!!!
そしてファイの勝利と同時に、
他の参加者の星がマイナス1!!!
アイガやジャンはまだ大丈夫ですけど、
フブキ達、未勝利組はあと2回負けたら、
それで終わりじゃないですか!!!
でも、フブキは確かに成長してるので、
ファイと当たらない限りはなんとか
残りそうな気もします!!!

そんなファイの1人勝ちで終わったバトルロイヤル、
終わった後に、フブキに参加する事をすぐに
言わなかった理由を問うアイガ達ですけど…
画像1画像2画像3
すぐに言わなかった理由、それは最後の最後まで
フブキ自身は乗るか乗らないか悩んでたから。
そんなフブキに後押ししたのがシュウだったんですね。
アイガ達にまだ見ぬ強敵達と戦いたい、
そんなフブキの気持ちに答えがでてるのなら、
後押しするのが師匠という立場です。
過去にレッドアイやらスプリガンと名乗り、
黒歴史を塗り重ねたシュウですけど、
あれから良くここまで立て直したものです。
スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2734-e3054a41

#20「爆炎! リヴァイブフェニックス!!」ベイブレードバースト 超ゼツ・名言

グミタ「アタイも行きたい」 特攻服にエプロンとは。 しかもそれを小学生がやってるとは。 マニアックすぎる組み合わせ… ダウナーヤンキー女子のエプロン姿 #beyblade pic.twitter.com/uXCfbjhlG5— そばコレ (@soba104) 2018年8月13日 ベイブレード バース…
  • 2018⁄08⁄13(月)
  • 22:33
  • アニメ偉言