FC2ブログ

ベイブレード バースト超ゼツ 第23話(125話)「激戦!守れベイスター!!」感想

ベイスターを賭けたバトルシップクルーズもいよいよ佳境に突入し、
3ベイバトルの末にホウイが星を失い、最初の脱落者となってしまう
更にフブキ、乱次郎、スオウも次負けたら脱落の後がない状況で…

過去の自分を超え、
因縁を打ち破れフォルネウス!!
さて前回、ホウイが脱落し、残り8人となったバトルシップクルーズ
そんなバトルシップクルーズの次なる対戦カードが発表され…
今回はシンプルにシングルバトル!!!
対戦カードの発表は、
アイガVSラバン!!
ファイVSカイル!!
フブキVSスオウ!!
乱次郎VSジャン!!
ついに来ました因縁の対決!!!
ロンギヌスカップではスオウに
惨敗してしまったフブキですけど、
今のフブキはあの頃のフブキじゃない!!!
一足先に世界に飛び出し、
シュウの元で修行した成果を、
スオウに見せつける時です!!!
そしてアイガVSラバンの方も、
バトルロイヤルやタッグバトルで
何度か対決はしましたけど、
シングルバトルは何気に初です!!!
乱次郎VSジャンはいつも通り、
強気な乱次郎ですけど、
相手が相手なので勝てたら
奇跡の相手ですよ?!!!
ファイVSカイルの方も、
前回、デバイスを壊された事で、
自身の目的を果たせなくなった事で、
敵意を見せるカイルですけど、
相手が悪すぎるので勝てないと思います!!!

さて、バトルに備えてそれぞれ練習に入りますが…
やっぱりアイガはここ最近の敗率を気にしてたんですね。
前回、乱次郎には負ける事を考えるなと言ってましたけど、
アイガはアイガで勝とうとする意思が空回りして、
乱次郎とは別ベクトルで調子崩してますね。
そんなアイガに熱くなりすぎてると助言し、
なおかつ少し上から目線なものの
アイガの練習に付きあおうとするフブキは、
初登場の頃と比べたらだいぶ丸くなりましたよね。
元はベイクラブのキャプテンをしていましたし、
シュウの元での修行で丸くなった事で、
周囲の事を良く見れるようになった上で、
温厚に接するようになったのは良い成長です。
画像1画像2画像3画像4
でもって、ここにジャンも乱入って、
アイガ、人生初のモテ期到来!!!!
片やアイガの事を良く見てて
フレンドリーに練習に
付きあおうとするフブキ!!
片やアイガをライバル視して
アイガとのバトルするのは自分と
強く攻めてくるジャン!!!
これをモテ期と言わずして
何と言うんですか?!!!!
そして、そんなやる気全開な
ジャンを優先して自分は
審判に落ち着くフブキも
状況をよく見て行動してるのが
良くわかります!!!

さて、そんな3人の光景をこっそり見つめるスオウ、
しかし、未だにスオウはフブキを見下していて…
画像5画像6画像1
画像2画像3画像4
画像5画像6画像1
これはカイルから下の下と評されても仕方ないです。
内心、フブキの強さを感じてはいるものの、
その強さを認めずに自分には敵わないと高をくくり、
そのくせ、自分の実力を過信しすぎて余裕でいる、
これは誰が見ても結果は目に見えてます。
あと、何気にカイルは普通にフブキの
強さを感じ取っている事からきちんとした
評価をつけてそうですね。
この分なら、フブキはファイに当たらない限りは、
簡単に負けて脱落はないと思います。
フブキの成長はバトルもそうですけど、
人間としても大きく成長してるんですよね。
素直じゃない性格ですけど、
乱次郎の練習相手として協力してくれますし、
フブキはフブキなりにジャンを分析し、
それを乱次郎に伝えたりと、
当たればライバルでもそうでないなら、
素直じゃなくても協力してくれる姿は、
昔の尖っていた頃のフブキじゃ考えられなかったです。
トビ助はフブキは乱ベイ組を嫌ってる事は知ってると、
言ってましたけど、今はもう嫌ってないと思います。
今のフブキにとって乱次郎も共に戦うライバルであり、
友でもある存在であるわけですから。
そして、フブキの分析は本当に役に立ちます。
フィフスインパクトをただの一撃必殺と見ずに、
それを乗り越えてスタミナ勝負に持ち込めば、
十分に勝機がある、その性能は長所であると同時に、
短所であるとは中々の着眼点ですよ。
実際、攻撃力と実力では勝ち目がない乱次郎でも、
相手の切り札さえ乗り切れれば勝てる見込みがあるというは、
今の乱次郎にとって最高の情報以外の何物でもないです。
何より、勝ち目が限りなく0に近かった乱次郎に、
ジャンに勝てる勝機が生まれたのは大きいです。
更に夜遅くまでの特訓で新必殺も編み出したみたいですし、
これはもしかすると番狂わせが起こるかもです。
そして、特訓後のフブキに挑発的な発言をするスオウ、
ただ、今のフブキはスオウに心を乱される程弱くないです。
むしろスオウの方が無駄に吠えて弱く見えます。
さて、それぞれがバトルに備えて特訓を終え、
いよいよシングルバトルの時が来て…
画像1画像2画像3画像4
画像1画像2画像3画像4
第1試合はアイガVSラバン!!!
1stバトルはラバンお得意の
ハウリングバイトでアキレスを投げ飛ばし、
オーバーフィニッシュ!!!
しかし、その後はドローの連続で、
ハウリングバイトさえ喰らわなければ、
両者の実力は互角!!!!
そして最後の7nsバトルで、
アイガはハウリングバイト攻略!!!
あえて、ハウリングバイトに突っ込み、
ゼットスラッシュでカウンターを決めて
バーストさせる荒業!!!
ハウリングバイトは噛み付いたら
すごい勢いで振り回され投げ飛ばされる
強力な必殺技です!!!
しかし、噛み砕く為にかなり
接近しなくては行けない事、
牙の中の奥が無防備という
防御面での弱点があるので、
この肉を切らせて骨を断つ
カウンター必殺は効果抜群!!!
アタックタイプ故の防御面での
隙を狙った良い戦術です!!!
そして、これによりラバンの星も
残りあと、1つになりました!!!
続くバトルはファイVSカイル!!!
しかし、このバトルはファイの圧勝!!!
ファイはカイルをうっとおしがってましたし、
ファイの完勝は必然的と言えます!!!

さて、次はいよいよ因縁の対決であり、
負けた方が脱落するフブキとスオウのバトル…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
1stバトルの必殺技対決は互角の、
両者同時のオーバーでドロー!!!
続く2ndバトルではフブキは、
自身のシュートスタイルとシュウの
サザンクロスショットの融合シュート披露!!!
これが世界に飛び出て得たフブキの新たな力!!!
そして、サラマンダーの攻撃を巧みに交わす!!!
もう完全にフブキの方は精神面も実力も上です!!!
自分の実力を過信しすぎて、
相手の成長を認めず、
見下し続けるスオウ!!!
かつての自分を乗り越えて、
成長を続けるフブキと、
相手が強くなった事を認めずに
自分の実力を過信しすぎたスオウじゃ、
スオウが負けるのは当然です!!!
スオウが負けたのは
フブキだけじゃないです!!!
自分の殻を破れない時点で、
自分自身にも負けてるんです!!!
最後の新必殺「エンペラークラッシュ」は、
成長の壁にぶち当たった今のスオウじゃ
絶対に破る事はできません!!!
そして、これでスオウの脱落が決定!!!
これで残る参加者は7人になりました!!!

さて、これで残りは乱次郎VSジャンのみとなって…
画像1画像2画像3
画像4画像5画像6
フブキが新必殺を披露したように、
乱次郎も新必殺「ラグナルクストーム」を披露!!
ラグナルクタイフーンをも超える超回転で、
バスターエクスカリバーを寄せ付け…
ないと思いきや、壁への衝突を利用し、
フィフスインパクトの状態にして、
あっさり攻略し、その後に
フィフスインパクトの準備も完了!!!
やっぱり、乱次郎はこれが限界?!!
いや!!違います!!!!
乱次郎はあえてフィフスインパクトの
状態に持っていくように誘導したんです!!!
ラグナルクストームは破られましたが、
トリプルインパクトの状態にしないと
破る事はできない回転力を持っていた、
更にその勢いに乗り、ジャンは、
勝負を決めるためにフィフスインパクトの
準備も完了した!!!
でも、それは乱次郎に誘導されたから!!!
フブキからのアドバイスがあったと言っても、
あの乱次郎が頭を使ったバトルをするとは!!!
当たればやばいですけど、逃げ切れれば、
乱次郎にも十分に勝機があります!!!
でも、ここまで追い詰めましたけど、
最後はエクスカリバーに回りこまれ、
フィフスインパクトでバースト!!!
戦術自体はすごく良く、
ジャンをあと一歩まで追い詰めたものの、
乱次郎にとって致命的なミスが一つ!!!
それはふらついた時のエクスカリバーの
不規則な起動を読みきれなかった事!!!
もし、それもきっちり攻略していたら、
乱次郎は番狂わせでジャンに
勝っていたかもしれないです!!!
最後の最後で詰めが甘かったです!!!
でも、最後のバトルであのジャン相手に
善戦できたのは十分に誇って良いと思います!!
最後の詰めの甘さこそありましたが、
ジャンをここまで追い詰めたのは予想外!!!
もっと一方的なバトルになると思ってたので、
中々の良いバトルでしたよ!!!

乱次郎はやっぱり悔しかったみたいですけど、
バトルシップクルーズに来れて良かった、
負け続きの乱次郎でしたけど、
ここで得た物は大きかったと思います。
世界のレベルに勝てない時が多く、
精神的に追いつめられたりもしましたが、
それでもアイガやフブキに支えられて、
最後の試合ではジャン相手にあと一歩まで
追い詰める事が出来た事を考えると、
乱次郎もバトルシップクルーズで成長出来たと思います。
さて翌日、脱落したスオウはヘリで帰る事になって…
誰に負けるよりフブキに負けた事が悔しい、
自分に勝ったから負ける事は許さないって、
スオウなりのフブキへの応援ですね。
胸の内の悔しさをフブキに言えた事は、
スオウもまだ成長の余地があると思います。
今回の負けでスオウをフブキを見下す相手ではなく、
誰よりも負かされる事が悔しいと思える相手と
感じ始めたわけですから、そのライバル心があるなら
スオウはきっと自分の殻を破る事が出来ると思います。
そしてスオウも帰ったって事は乱次郎も…

画像1画像2画像3
って、やっぱり残るんですか?!!
まあ、お手伝いとしてトビ助とグミタが
残ってるわけですから、
一人帰る訳には行きませんよね?!!
一人くらい脱落してもギャラリーとして、
船内に残ってもバチは
当たらないと思います(笑)!!!
スポンサーサイト
category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2737-ab25ad6b

#23「激戦! 守れベイスター!!」ベイブレードバースト 超ゼツ・名言

スオウ「どんなに 強くなっていようが 自分には勝てない。 しょせんその程度の強さですよ」 グミタ「相手になんない。 あたいたち超役立たずじゃん」 力関係の変化が激しい。 スオウは一度追い抜いたと思った相手から迫られ、 グミタたちはソーチョーにどんどん置いてい…
  • 2018⁄09⁄03(月)
  • 23:09
  • アニメ偉言