FC2ブログ

ベイブレード バーストGT 第7話(160話)「バルトに挑戦だーッ!」感想

ビクトリーズの命運を賭けた金道フミヤとのバトル
フミヤの使うウィザードファブニルの回転力吸収に苦戦するドラム
しかし、グランドラゴンによるスタミナ重視の連続攻撃、
ウィザードファブニルの強みであるラバーを逆に利用する事で
壁に激しくぶつけてバーストし勝利を収める
かくしてフミヤに勝利し、いつもの日常に戻り…

伝説のブレーダー参戦!!!
前回、フミヤに勝利した事でビクトリーズを守りぬいたドラム
ビクトリーズを守りぬいた事で平穏な日常に戻ったドラムは、
今日もアマネを相手にベイバトルに励んでいて…
って、ついにぎゃふん言っちゃいましたよ!!!
良かったですねアマネ!!!
これで当初の目的は達成です!!!
まさか本当にドラムがギャフンと言う
日が来るとは!!!
あれは精神的にそういう感じのやつで、
実際にギャフンと言わせるとは思いませんでした!!!
そして、そんな中、蒼井バルト来ました!!!
伝説のブレーダーにしてバーストの
初代主人公である生きる伝説、
蒼井バルト!!!
世界チャンピオンではなくなったものの、
今もなお、その実力は健在です!!!

バルトはベイカーニバルのゲストとして
呼ばれたのでブレード町を訪れたようですけど、
そんなバルトにアマネはベイバトルを申し込んで…
ベイバトルを受けたら断らないのがバルト!!!
三度の飯よりベイバトル大好き!!!
こういうところは変わらないです!!!

そんな2人のバトルを影から観てる謎の男、
道化師のような格好的に今月発売する
あのベイの使い手な感じがします。
さて、いよいよバルトとアマネのバトルが始まって…
いきなり猛攻を仕掛けるバルトに対し、
アマネはブシンガードで受け流し、
キープカウンターでカウンターを決めに…

って、キープカウンターに耐え切り、
すかさずウイングスラッシュでバースト!!!
さすがレジェンドブレーダーは伊達じゃない!!!
GTからのブレーダーも強いですけど、
所詮は日本レベル止まり!!!
世界でもトップクラスのバルト相手じゃ
荷が重すぎます!!!
アシュラのキープカウンターを耐えれたのは、
パワードライバーに秘密があり!!!
バトル中に軸が縮む事でバネのパワーで、
ロックを強化すると同時に、
軸先が短くもなりより激しく攻撃も可能!!!
これぞ新世代のヴァルキリーです!!!

そんなバルトの強さに興奮するドラムは
バルトにバトルを挑んで…
ドラムが今回買うのはエースドラゴン!!!
戦略的にはグランドラゴンもありですが、
強い相手だからこそバースト狙いで
行きたいというのもわかります!!!
ベースこそタイプを変えれますが、
ドラムの本質はやはりアタックです!!!

そんなドラムVSバルトのアタックタイプ使い同士のバトルが始まって…
両者、怒涛の連続ラッシュ攻撃!!!
しかし、それでも実力の差は
バルトの方が何倍も上です!!!
ベイとの高い共鳴によって発生する
ゴールドターボ!!!
ドラムも稀に発動させれますが、
バルトは素でそれが可能!!!!
これはバルトとヴァルキリーの
強い絆と共鳴こそなせる強さです!!!
ゴールドターボ状態での
ウイングスラッシュの前に
エースドラゴンはバースト!!!
ドラムもアマネ、フミヤとのバトルで
成長し少しは強くなりましたが、
それでもバルトの背中はまだまだ遠い!!!
そして、バルト本当に人気者です!!!
バルトの場合、相手との実力差とか関係なく、
ベイバトルが好きで心から楽しんでますし、
ベイバトルの付き合いも良いですし、
強さの壁こそあれど、ブレーダーとしての
人柄は壁が全く無いのがバルトなんです!!!

そんなバルトと一日中、ベイバトルを楽しんだビクトリーズ、
時間も経ち、バルトはビクトリーズをあとにしましたが…
やっぱり、ドラムはバルトとの実力差を実感してたんですね。
バルトにとっての良いバトルって言うのは、
心の底からぶつかって楽しむ熱いバトルです。
それって言い換えたら楽しいって言う意味ではあるものの、
両者一歩も譲らない互角のバトルとは違うとも取れます。
ドラムは今の実力を出し切ってバルトに挑んで、
バトルこそ楽しかったものの、自分の実力じゃ
バルトにはまだまだ敵わないと痛感するには十分です。
そんなバルトの強さを痛感したドラムは、
更なるレベルアップの為に新たなベースの制作に入り…

第3のドラゴン、その名も「ロックドラゴン」!!!
エースがアタック、グランがスタミナなら、
ロックはディフェンス重視のベース!!!
そしてドラムのドラゴンの成長の先にある、
ゴールドターボ!!!
これで、攻撃・防御・スタミナを使い分けた
アタックタイプの戦い方が出来るわけです!!!
ディフェンス系は無印の犬介のように、
高い防御力を利用してアタックに応用する
事も可能なので戦略の幅も広がります!!!
スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2778-24543a3b