FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ベイブレード バーストGT 第11話(164話)「ガチVSトリック!」感想 

ベイカーニバル、準決勝、第一試合
ギャンブルブレーダーである瑠璃川ジョーと当たったドラム
ロックドラゴンによる防御力で攻撃を耐えきり先制点を取るものの、
2ndバトルでザ・ジャッジメントの前にポイントを取り返されてしまう
得点こそ互角のものの、流れは完全にジョーに流れていて…

幸運の女神が微笑むのはどちらか?!!
一撃必殺を得意とするジョーの前に苦戦を強いるドラム、
そんなジョーの使うジャッジメントジョーカーの一撃の前に
ロックドラゴンの防御力も歯が立たずにいて…
ジャッジメントジョーカーに対抗する為に
選んだのはエースドラゴン!!!
エースドラゴンは攻撃に特化したベイで、
エースドラゴンの他のパーツは全て
アタックタイプ向きなのでどのベースより
アタックタイプの性能を活かせます!!!
その分、防御力とスタミナはそこまで
高くないのでジョーカーのザ・ジャッジメントが
クリーンヒットしたらその時点でジ・エンド!!!
ジョーのようにドラムもまた一か八かに
かける選択を選んだわけですね!!!

とはいえ、ロックドラゴンで耐えきれるか微妙、
グランドラゴンは攻撃し続ける事は可能でも
エースよりは攻撃力は低く、
防御力も低いので他に選択肢もないです。
そんなこんなで3ndバトルが始まって…
いきなりザ・ジャッジメントを決めにかかりましたけど、
それをなんとか耐えきりましたよ!!!
ロックドラゴンで耐え切れなかった一撃を、
ロックより防御力の低いエースで、
どう耐え切ったんですか?!!
タンゴはなんか気付いたみたいですけど!!!
そんな二人のバトルはアッパーデッキを利用した
バウンドスティンガーとザ・ジャッジメントの
空中必殺対決に持ち込まれましたけど、
まさか、スティングディスクで衝撃を
吸収して耐え切ったんですか?!!
これは上手いです!!!
スティングディスクで衝撃を吸収する事で
ザ・ジャッジメントに耐えきれる可能性を生み出し、
耐え切れたらエースドラゴンはそのまま
必殺の一撃をジョーカーに与えられる!!!
しかし、少しでも当たる場所がずれたら
逆にエースドラゴンがバーストしていた、
まさに一か八かの攻略法です!!!!
この土壇場でそれを実行し成功させる、
ドラムの直感と度胸の勝ちです!!!
そして、やっぱりツンデレですよねフミヤ!!!
一か八かのギャンブルバトルは好きでないとか、
ビクトリーズ自体は嫌ってるのに、
ドラムの負けは許さない辺り、
根っから嫌ってるわけじゃないですよね?!

さて、ジョーに勝ち浮かれてるドラムですが、
そこにアマネが浮かれるなと喝を入れて…
こういう仲間の忠告を素直に聞くのはドラムの強さですね。
バルトなら調子にのって油断する流れになると思いますし、
アイガなら調子にのった上で最強無敵と
一人で突っ走るタイプだったので、
仲間の忠告をすぐに素直に聞くタイプは新鮮です。
やっぱりドラムはチーム向けのキャラですね。
まあ、それは置いておいて…
何、さらっと混ざってるんですかジョー!!!
あまりに自然に混ざってるので一瞬、
ビクトリーズの一員として
馴染んだのかと思いましたよ!!!
そしてギャンブルは卒業とか
今度は実力でとか言った矢先に
優勝をギャンブルで占うって
全然、卒業できてませんから!!!
生粋のギャンブル中毒者!!!
あと、ドラムに借りは返すって
言葉は通用しませんから!!!
今度は負けないとか直球で言わないと
伝わりませんから!!!

さてジョーからコインをもらったドラム、
そのコインを落としてしまい、
おいかけてるうちにロダンの特訓室に到着して…
うん!!!もう人間技じゃないです!!!
というより、ルイばりの協調性のなさ!!!
やっぱりロダンがロンギヌス使い?!!!
そんなロダンと張り合うドラムですけど、
そこにタカネがヨーロッパチャンピオンシップの
決勝戦が始まってる事を伝えにきて…
index.jpg
そんなヨーロッパチャンピオンシップで
圧倒的な実力を見せるのは茜デルタ!!!
GT1話目から登場してるデルタが
満を持して参戦!!!
使用ベイはベノムディアボロス・Vn・Bl!!!
性能は本格参戦してから言いますが、
その実力はまさに圧倒的!!!
うん!!完全にドラムと立ってる
舞台のレベルが違いますよ!!!
しかし、同時に強さを求めすぎて
かつての紅シュウと赤刃アイガ同様に
危険な感じがします!!!
強さを求めすぎるあまりに落ちていく、
そんなタイプのブレーダーに見えます!!!

そしてドラムの目標はデルタとバトルする事、
ここでデルタに勝つっていうんじゃなく、
デルタとバトルする事自体が
目標なのがドラムらしいです。
さてヨーロッパチャンピオンシップの中継も終え、
いよいよベイカーニバル準決勝第2試合、
金道フミヤVS灰嶋ロダンのバトルの時がきて…
単純なパワーで圧倒するロダン、
場数と技術で物を言わすのがフミヤ、
どっちが勝ち残っても強敵なのは間違いないです。
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バーストGT 第12話(165話)「重鋼 ツヴァイロンギヌス!」感想  |  ベイブレード バーストGT 第10話(163話)「ガチバトルだぜ ベスト4!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2782-78ab8b9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)