FC2ブログ

ベイブレード バーストGT 第18話(171話)「最凶アート、ドレッドバハムート!」感想

GT3の一人、茜デルタとのバトルで
世界のレベルを知ったドラム達
そんなドラム達は強くなるべく、
世界へと飛び出してGT3の一人である
ポット・ホープの元へ向かい、ポットとバトルを臨む
一方の茜デルタは謎のお屋敷に到着していて…

スタジアムという名のキャンバスを描け!!
ドレッドバハムート!!!
さて、ドラム達がポット・ホープと出会い、
アマネがポットとバトルをしている頃、
茜デルタは謎のお屋敷を訪れていたようで…
その屋敷にいたのはGT3の一人、
ブリント・デボイ!!!
芸術家のような見た目のブレーダーで、
デルタが優勝したヨーロッパリーグがありながら、
ブリントは参加せずにデルタが優勝したみたいです!!!
確かに優勝候補抜きの大会じゃ、
デルタが満足するはずもないですね!!!
当初はディアボロスの餌として同じGT3の
ブリントに狙いを定めたと思ってましたけど、
それ以外に、個人としてブリントを倒すのも
目的の一つな感じがします!!!
ヨーロッパ最強のブリントを倒してこそ
本当の意味でヨーロッパチャンピオンと
言えると思いますから!!!
そして、ブリントの行動理念は
あくまで芸術的美学!!!
その美学がない大会はたとえ、
ヨーロッパリーグでも出場しないみたいです!!!
そしてブリントの声優は
鳥海浩輔さんじゃないですか!!
テニプリの千石や刀剣乱舞の三日月の
声を務めるベテラン声優です!!!

さて、そんな芸術家気質のブリントは、
デルタが訪れるのがわかっていたようで、
そのままデルタVSブリントのバトルに突入し…
index_20190802173832b5c.jpg
ブリントの使うベイは
「ドレッドバハムート・7W・Om幻」!!!
ボア・アルカセルが使った左回転の
ディフェンスタイプ「アークバハムート」を
GTベイへと進化させたのがドレッドバハムート!!!
アークバハムートの後継機という事は、
アークバハムートのあの機能も
受け継いでいると言えます!!!
ちなみにドレッドバハムートのレイヤーは
レイヤーコレクション1のレアパーツとして封入、
今度発売するGTトリプルブースターに
同梱されてるのがアニメで使用されてる方の
ドレッドバハムートです!!!
ウォールフレームは超Zスプリガン以来の
登場のフレームです!!!

そんなドレッドバハムートを使うブリントを
相手に構えるデルタとのGT3同士の
1stバトルが今、始まって…
ドレッドバハムート!!!
左回転のディフェンスタイプで、
使ってるウェイト「幻」はラバー素材の
ウェイト故に重量を持たず軽い!!!
しかし、ラバーパーツがベイのロックに
干渉し、バーストしづらくなるんです!!!
重い攻撃やディフェンスを持ち合わせてない代わりに、
バーストのしづらに特化したベイとも言えます!!!
更にデルタのデュアルファントム発動と
バレットアタックに対してもドレッドウイングによる
カウンターで対処!!!
ここでバーストせず、耐えたところは
さすがはGT3の一角といったところです!!
しかし、ブリントもまだ底が見えないです!!!
言動から1stバトルはデルタの内側を
知るための様子見といったところ!!!
全ては芸術のために動いてます!!!
ブリントが本気を出すか出さないかも
彼の芸術家気質の感覚次第です!!!
対するデルタの方も、というより、
ディアボロスの方がドレッドバハムートを
食らう気満々です!!!
ただ、ブリントもまだ底が見えない故に、
簡単に食らわせてくれるとは思えないです!!!

そんなドレッドバハムートを食らわせる事を目的とするデルタ、
ひたすら芸術を求めるブリントとの2ndバトルが始まり…

初っ端からドレッドウィングで守りに徹するブリントと、
その守りを崩す為に猛攻をしかけるデルタ!!!
しかし、攻撃でロックを進ませれば、
勝てる程甘くないのが
GT3の一人、ブリント!!!
ドレッドバハムートのドレッドベースは、
相手の攻撃でロックが進む度に、
円形に変形して、攻撃をいなしやすく
するアークバハムートの性能を
受け継いだベースなんです!!!
その受け流し効果はディアボロスの
攻撃を軽くいなします!!!
対するデルタも必殺のシャイニングシュートと
ゴールドターボで決めにかかりますけど、
ゴールドターボが発動しません?!!
ゴールドターボを封じられてる扱いですけど、
ブリントはそのゴールドターボ
待ってるみたいですから、
デルタが単純にまだゴールドターボを
使いこなせてないだけです!!!
ドラムも完全にゴールドターボを
自由に使いこなせてないですけど、
デルタもまたゴールドターボは
未完成だったんですね!!!
デルタ本人は気づいてなさそうですけど!!!
しかし、ゴールドターボのシャイニングシュートも、
見事にいなされて、そのまま場外へと出て、
ブリントのオーバーフィニッシュ!!!
Z4のファイみたいに1人ずば抜けてる
可能性も考えてましたけど、
デルタもまだ未熟な分、
GT3の3人の力量は現状では
差がないのかもしれないです!!!
いや、デルタが未熟な分、
ブリントとポットの方が今は強いかもです!!
というより、ブリントは実力よりも、
内面が色々濃すぎるんですけど!!!
ある意味、バトルジャンキーですよ!!!
自分が勝つより、相手の潜在能力を
引き出した上でのバトルを望んでますから!!!
スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2791-394452b5