FC2ブログ

ベイブレード バーストGT 第36話(189話)「破れるか!?無限ロックシステム!!」感想

ついにHELLの王、アーサー・パーシヴァルとのバトルを迎えたドラム
アポカリプスの弱点を狙い、全身全霊の一撃を決めにかかるが、
弱点である最強の剣であるアポカリプスの剣の威力は強大で
逆にオーバーフィニッシュを決められてしまい…

戦いの中で進化し、最強の剣を打ち砕け!!!
前回、ついにアーサーとバトルに突入したドラム
しかし、アポカリプスの最強の剣の前に、
逆にオーバーフィニッシュを決められてしまい…
全身全霊の攻撃も効かず1ポイント先制されましたけど、
ここでまだ1対0と考えて
すぐに立て直せるのがドラムの強さですね。
一方の中継でバトルを見ているフミヤは苛立ってますけど…
フミヤが詰めが甘いと言っても
説得力全然ないですからね!!!
一番詰めが甘いのフミヤですからね?!!
思い返してみてもファブニルの回転力吸収や
作戦に慢心するあまり、それが裏目に出て
負けるパターンがほとんどですからね?!!
ドラムに負けた時はラバー部分を利用されて
急ブレーキの要素でバーストさせられて、
デルタとのバトルは低速バースト狙ったつもりが、
回転力吸収部分を狙われて低速じゃなされて
バーストさせられたり、フミヤの方が
明らかに詰めが甘いですからね?!!!

さてフミヤの事は置いておいて、
2ndバトルに備えるドラムですが、
そんな中、アマネが作戦会議のタイムを入れてきて…
アマネのいうオーバーフィニッシュ狙いというのは
作戦としては悪くないと思います。
確実に勝つ為の手段として理にかなってます。
ただし、ドラムはあくまでバースト狙いです。
その理由は自分達のベイブレードを守る為には
無限ロックシステムを破ってバーストじゃないと
ダメと思っているからなんですね。
確かにオーバーフィニッシュでその場凌ぎを
狙った方が勝率自体は上がるでしょう。
しかし、真っ向勝負から逃げた上での勝利だと
多くのブレーダーからはそれしか勝つ手段がない、
一度しか通用しないとかでHELLのブレーダーの
心を動かすのは難しいとも思います。
その場しのぎで勝ったところで、
それは多くのブレーダーの心を動かせないです。
HELLから自分達のベイブレードを守る為なら、
確実に勝つ事よりも真っ向からアーサーを打ち破る、
つまり、無限ロックシステムを破り、バーストして
実力できちんと打ち破らないとHELLのブレーダー達の
心は動かせずに将来的にドラム達のベイブレードを
守ったとはいえないとも考えられますから。
そして作戦を持ちかけたアマネですけど、
ドラムの考えを聞いたら、それを否定せずに
何が何でも勝つとエールを送れる辺り、
ドラムの良き友人ポジが定着してます。
それに対し、疑問を抱いてる表情をしてるグウィン、
この辺りが考えの違いってやつでしょうね。
ドラム達は効率とかそういうのよりも、
相手に強い意志があるなら、否定せずに
後押しするタイプです。
しかし、天才気質のグウィンには理解できないんでしょうね。
目の前に効率的な手段があるのに、
負けるしか未来がない選ぶのか理解できない、
そんな感じに見えます。
さて、作戦タイムも終えて、
ドラムVSアーサーの2ndバトルが始まり…
早くもイグニッションブーストによる
超加速で攻めるドラムに対し、
エンド・オブ・ブラスターで弾き飛ばし、
怒涛の連続攻撃で痛めつけるアーサー!!!
更に痛めつけるだけ痛めつけた上で
エンド・オブ・ブラスターでとどめを…
って、インペリアルフドラゴンの刃の一部が、
バウンド刃のごとく、動いて、
エンド・オブ・ブラスターを打ち破り、
逆にオーバーフィニッシュを決めました?!!
これこそがインペリアルドラゴンの性能の1つ!!!
インペリアルドラゴンはベイバトルを続ければ
続ける程にレイヤーの一部分が削れていき、
機能が解放されて覚醒進化するベイなんです!!!
今までのインペリアルドラゴンがノーマルフォームなら、
バウンド刃が覚醒されたインペリアルドラゴンは
第2形態のバウンドフォームへと進化したんです!!!
この進化は夜遅くまでアマネ達と特訓を続けたからこそ、
このタイミングで覚醒進化を遂げたと
言っても過言じゃないです!!!
これにはグウィンもびっくりですよ!!!

さて、アーサーから1ポイントを取り戻したドラム、
これにより、アーサーも本気となり、
両者互いにバーストを狙うバトルへと突入し…
アタックタイプ同士の両者一歩も
譲らぬ激しいバトル!!!
その激しいバトルは確実に
HELLのブレーダー達の心を
大きく動かし始めてます!!!!
更に互いにゴールドターボとダークターボを発動し、
ドラムはイグニッションブーストで対抗!!!
しかし、アーサーには奥の手があります!!!
その名もプライムリブート!!!!
プライムアポカリプスのドライバーは
アルティメットリブートダッシュドライバー!!!
かつてバルトが使用した
アルティメットリブートドライバーを
強化バネを内蔵して強化したドライバー!!!
アルティメットリブートの性能を持ち合わせてるので、
バトル後半による超加速での反撃は、
一撃必殺のアポカリプスと相性が良いです!!!
更に中央が赤くなり最高出力となった
アポカリプスが放つ最強必殺とも言える
ファイナル・ブラスターで一気に決めにかかります!!!!
しかし!!それでも諦めないのがドラム!!!
バーストされるかもしれないその状況で
バウンド刃を利用したカウンター必殺、
バウンドウイングでファイナル・ブラスターの
一撃をも力に変えてアポカリプスに反撃!!!!
その一撃は…ついにアポカリプスの
最強の剣を真っ向から打ち破って、
無限ロックシステムを解除しバーストフィニッシュ!!!
アーサーを真っ向勝負で打ち破る姿は、
まさにGTの主人公に相応しい姿です!!!!
そして、バトルが終わった後にみんなのおかげと
言える辺り、ドラムは大物ですよ!!!!
そして、この瞬間、ドラムの実力は正真正銘、
世界チャンピオンのアイガを間接的に
超えた事も意味します!!!
まあ、アーサーとアイガのバトルは
別にチャンピオン戦ではなかったので、
ドラムがチャンピオンに
なったわけじゃないですけど!!!
さて、ドラム達がアーサーに勝利し喜んでる頃、
ディアボロスを失い、自信とプライドも砕かれ
廃人同然となってしまったデルタは無意識のうちに
BCソルを訪れていたようで…

って、ヴァルキリーのデザインコンテストの
告知を除いて、本編で久々のバルト来ました!!!
デルタってどちらかというと暴走時代のアイガ、
闇落ち時代のシュウに近い危うさ持ってるキャラなので、
アイガかシュウのどっちかと関わると思ってましたけど、
関わるのはそのどちらでもなく、デルタとは真逆で、
心の底から誰よりもベイを楽しむ初代主人公、
蒼井バルトと遭遇するとは思いませんでした!!!!
これはもしかするとデルタの闇が抜けた上で、
完全復活して本当の一番星を目指すのかもです!!!
バルトは多くのブレーダー達に影響を与えたレジェンド!!!
全てを失ったからこそ、バルトのような、
強くなる事も大事ですけど何より、
ベイブレードが好きという気持ちが大事な
存在がデルタを復活させる要因になるのかもです!!!
スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2810-1d25e1c3