FC2ブログ

ベイブレード バーストGT 第37話(190話)「最高(ドラゴン)VS完全(ジェネシス)!!」感想

自分達のベイブレードを守る為にHELLの王、
アーサー・パーシヴァルとのバトルに臨んだドラム
アーサーの使うプライムアポカリプスの圧倒的
力の前に苦戦を強いるものの、
インペリアルドラゴンのバウンド刃を覚醒させ反撃
激しいバトルの末に渾身の一撃で無限ロックシステムを打ち破り、
アポカリプスをバーストさせ、アーサー相手に勝利を収めて…

ドラゴンとジェネシス、
2つの電動ベイが今、ぶつかり合う!!!
前回、HELLの王、アーサーに見事勝利して
ベイブレードの未来を守ったドラム
そんなドラム達は戦いを終え、日本に戻ってきたわけですけど…
そりゃ、世界チャンピオンであるアイガを倒した
アーサーを激しいバトルの末にドラムは勝利して、
その光景もネットで流されてたわけですから、
注目を浴びるのは当然ですよね!!!!
何より、これだけの偉業を成し遂げたのに、
世界チャンピオンでもなんでもないって
辺りがすごいです!!!
もうだいぶ実力も付いてますから、
そのうち、WBBAから公式にアイガへの
チャンピオン防衛戦チャレンジャーとして
選ばれてもおかしくはないです!!!

さて、ドラムが調子にのって視聴者に
ベイブレードを守った事へのメッセージなどを
TVに向けて言ってる中、イチカは兄のフミヤを
心配してかスパークデビルズへ向かって…
全員が戻ってきたわけじゃないですけど、
取り巻き2人が戻ってきたのはせめてもの救いですね。
フミヤも本当はすぐに戻ってきてほしいんでしょうけど、
スパークデビルズのキャプテンとしての威厳もあるから、
すぐに了承するんじゃなくテストをもう一度受けてもらうという事で、
遠回しに戻ってきても良いという感じにしたんだと思います。
仮にも一度はスパークデビルズでHELLに行った事もあり、
テストに再合格できる実力は十分にあると思いますから。
さて、TVの取材も終えたドラム、
そんなドラムは自分がアーサーに勝ったところを
デルタも観てくれていたか気になってるようで…
ここで心配せずにディアボロスを復活させて戻ってくる、
あんなんでへこたれない、
デルタは強いと断言できる辺り、
ドラムにとってデルタは今も憧れの存在で、
アーサーに負けてもデルタは強いブレーダーという
認識は変わらないんですね。
まあ、実際のところ、グウィンの分析通り、
デルタはベイどころかプライドも破壊されて
ベイに対する情熱を失ってしまったわけですけどね。
幸いにも放浪した先でバルトと出会えたのは幸運ですけど。
そんなデルタを信じるドラムに対し、
グウィンはドラムにベイバトルを申し込んできて…
ついに電動ベイ同士のバトルの時来ました!!!
同じタイミングで完成した電動ベイ同士!!!
ある意味、兄弟機と言っても過言じゃないです!!!
そして、ドラムもまたグウィンとのバトルを
楽しみにしてたんですね!!!!
それはブレーダーになって日が浅いにも関わらず、
あの瑠璃川ジョーに勝利した底知れぬ才能!!!
ドラムもバトルしたいと思うのも無理はないです!!!
さて、バトルを持ちかけたグウィンですけど、
グウィンの分析だと自身のジェネシスが勝つとの事、
ただし、グウィン自身はその分析通りの結果ではなく、
その自分の分析を超えた結果を望んでる感じですね。
データタイプのキャラでありながらデータ以上のものを望むタイプです。
さて、いよいよドラムとグウィンの電動ベイ同士のバトルが始まって…
早くもイグニッションダッシュドライバーの
急加速によるドラゴンシュートで攻め立てるドラム!!!
その圧倒的な連続攻撃で早くもジェネシスの
無限ロックシステムのセンターを赤くする事に成功!!!
しかし、グウィンも簡単にはやられないです!!!
インペリアルドラゴンの猛攻を紙一重で交わし、
バーストのピンチを脱出です!!!
圧倒的パワーで攻めるんじゃなく、
強かにバトルするのがグウィンのスタイル!!!
そして、互いにスペリオルターボとゴールドターボ!!!
両者共に、ハウリングウイングと
レガリアストリームの必殺技対決!!!
その対決の末に勝ったのは、
ドラゴンをオーバーフィニッシュしたグウィン!!!

しかし、ドラムから1ポイントとったのにも関わらず、
計算通りの結果に面白みを感じてないみたいですね。
この辺がドラム達とグウィンの価値観の違いですね。
なんか、この辺りの価値観の違いがドラム達と
グウィンとの溝になって、決別しそうな気がします。
グウィンはあくまで計算外の結果を楽しみたいだけで、
相手のブレーダーとベイバトルを楽しむというのとは違います。
今はドラム達に関心があるから良いですけど、
こういうタイプは相手に関心がなくなった時、
どこまでも興味を出さず躊躇もしない冷酷になりかねないです。
さて、一方のBCソルに戻ってきてしまったデルタは、
バルトと再会し、彼に付き合う形で秘密の特訓場まで付いてきて…

練習シュートとはいえ、
久々の本編でのヴァルキリー!!!
出番こそ少なくなりましたけど、
バルトは相変わらずですね!!!!
そして、何度壊れても立ち上がるというのは
バルトの今までの積み重ねを感じます!!!
今までのバトルの負担と事故で、
ビクトリーヴァルキリーが壊れた時は、
ゾロの元でゴッドヴァルキリーとして復活!!!
ドライバーが壊れた時はアルティメットリブートへと
進化させてドライバーを完全復活!!!
アイガとの1度目のチャンピオン防衛戦で
ヴァルキリーが壊されても、そこで立ち止まらず
超Zヴァキリーへと進化させて舞い戻ってきました!!!
それはバルトだけにとどまらず、
ライバルのシュウもスプリガンを進化させ、
壊れても修理して蘇らせてきたりと
ベイが壊れても終わらないのが
バルト達の強さです!!!
そして、ここでバトルを
笑顔で持ち掛けるのがバルト!!!
バルトは心の底からベイブレードが好きで、
ブレーダー達とバトルする事も大好きな
正真正銘のベイブレードバカです!!!
でも、そんなバルトはある意味誰よりも
輝いているんです!!!
もしかしたら、デルタは気付いたのかもです!!!
本当に輝く星というのはベイの強さじゃなく、
どんな逆境やどん底にいても、
立ち直ってベイをたのしみ続ける、
その魂を持つ者が本当の意味で
輝く星という事に!!!!
スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2811-1513b936