FC2ブログ

ベイブレード バーストGT 第45話(198話)「ドラゴン究極覚醒!!」感想

ベイブレード界の未来をかけた
WBBAとHELLとのチーム戦がついに始まった
第一バトルはアマネとアーサーとの激突
ビッグバンアーマーを手にした
アーサーを前に苦戦を強いるアマネ
しかし、アシュラの励ましにより覚醒
ゴールドターボへと覚醒してアーサーに反撃を開始して…

更なる進化を見せよドラゴン!!!
前回、ゴールドターボを発動させアーサーに反撃を開始したアマネ
アーサーのアポカリプスを相手に互角の攻防を繰り広げ初めて…
って、それでもアーサーの方が一枚上手!!!
ゴールドターボを発動したアシュラを
ビッグバンスラッシュで抜け出し、
そのまま追撃してアシュラをバースト!!!
今回は7バトル制でアマネの覚醒もあったので、
もしかしていけるんじゃ?!と思いましたが、
現実はそう甘くなかったです!!!

ただ、リアルバースト狙いだったアーサーを相手に、
通常のバーストで済んだのは幸いだったです。
これはグウィンが思ったようにアマネのアシュラは
普通なら破壊されてたバトル内容だったのが伺えます。
しかし、アマネはあの短期間のうちに成長し、
負けこそしたもののアポカリプスの破壊攻撃に
耐え切れるレベルにまで成長しました。
グウィンはその予想を上回るところに
疑問を感じてるみたいですね。
そして、負けたアマネ以上に悔しさを感じるドラム、
仲間に強く感情移入でき、自分の事のように悔しがる姿も、
グウィンとの対比なのかもしれないです。
グウィンは人の感情をあまり理解できないタイプ、
逆にドラムは仲間の勝利は自分の事のように喜んだり、
仲間の敗北は自分の事のように悔しんだりする感情移入タイプ、
感情移入するタイプとしないタイプと二人は真逆です。
だからこそ、グウィンのその感情を知りたいんでしょうね。
自分には理解できない、そういう感情の答えを。
さて、アマネの敗北で1戦目を落としたビクトリーズ、
次の2戦目にグウィンが出てくると感じたドラムは
真剣な表情で俺に行かせてくれと頼み…
まあ、わかってはいましたけど、ビクトリーズから見ても、
グウィンがブリントより強いって評価なんですね。
そんなドラムの真剣さにアマネもデルタも
出る事を承諾した辺り、ビクトリーズは互いに
互いを思いあってる良いチームになってます。
デルタも丸くなったおかげでビクトリーズに馴染めてますしね。
さて、ビクトリーズVS HELLの2戦目、
ドラムの予想通り、HELLからはグウィンが出てきて…
そういえば、ドラム達はビッグバンジェネシスを見るのは初めてでしたね。
ビッグバンジェネシス初陣はアーサーとのバトルだったので、
ドラム達がジェネシスの進化を知る術は
今までなかったので当然といえば当然ですが。
また、ビッグバンアーマーを見て、アポカリプスの
ビッグバンアーマーもグウィンが作ったものと理解、
ここで危機感を出さずにすごいと思えるのがドラムですね。
ビッグバンアーマーは無限ロックシステム攻略の難易度を
更に高める強化パーツですから、厄介な強敵が
更に厄介になる恐ろしさもあるというのに、
そういう感情よりもそれを開発したグウィンがすごい、
そんなグウィンと戦える事を楽しそうに思えるのはドラムの強さです。
そして、そういう感情を理解できないグウィン、
感情的なドラムと無感情のグウィン、二人の1stバトルが始まって…
早くもドラゴンシュートで
ジェネシスを攻め立てるドラゴン!!!
しかし、ビッグバンアーマーの守りで、
無限ロック解除してもバーストされず!!!
それでも諦めず、イグニッションブーストで
ジェネシスのカウンターに対抗するドラム!!!
弾き飛ばされ、バーストしましたけど、
地面に着いた後なのでオーバーフィニッシュ扱い!!!
首の皮一枚でなんとか繋がりました!!!!
相手のカウンターにあえて突っ込んだ事で、
直撃はなんとか免れた感じです!!!

そんな諦めずにバトルに臨むドラムに対し、
諦めない理由が理解できないグウィン、
グウィンは本当に天才故に相手の事が理解できない、
結果がわかってるのに何故諦めない?と
相手に対する理解力がないのが弱点という感じがします。
それはグウィンの分析以上の実力や強さを発揮できれば、
それが突破口になるとも言えるわけですから。
さて、グウィンのビッグバンジェネシスの性能も見て、
改めてビッグバンアーマーの厄介性を理解したアマネ達ですけど…
ここでバーストしないベイはないと言い切れる辺り、
攻略法がわからなくてもドラムは諦めずに突き進む姿勢がわかります。
こういうドラムだからこそ、自分より格上のブレーダー達を相手に、
怒涛の勝利をもぎ取ってこれたんだと思います。
相手のベイが絶望的な性能でも、そこで諦めないで、
前向きに相手のベイと向き合って突破口を切り開く、
それがドラムの才能とも言えます。
バルトならヴァルキリーとの強い絆で強敵達を打ち破る本能的な強さ、
アイガなら相手のベイの性能や戦略を読み、アキレスを信じて闘い勝利する強さ、
ドラムはドラゴンを信じて相手とのバトルで手探りで攻略の糸口を探し、
見つけ出してそれを実行できる強さがあるといえばわかりやすいでしょうか?
さて、いよいよドラムVSグウィンの2ndバトルが開始され…
早くもイグニッションダッシュドライバーの
電動アシストを発動させ、猛攻を仕掛けるドラム!!!
両者、激しい攻防を繰り広げてますけど、
ビッグバンアーマーを攻略しない限り、
ジェネシスをバーストする事は不可能!!!
その状況で互角という事はドラムの方が不利です!!!
ドラムはまだジェネシス攻略の糸口を見つけ出してないに対し、
ドラゴンには無限ロックがない分、
早く攻略しないと先にバーストされる
可能性が高いといえますから!!!

そして、苦戦を強いるドラムに対し、
グウィンはスペリオルターボを発動し、
更にクレーター部分を利用しての
急加速でドラゴンのリアルバーストを狙い始めて…
しかし、本気の破壊攻撃が
逆にドラゴンを覚醒させました!!!
インペリアルドラゴンはバトルすればする程、
レイヤーパーツが摩擦で削れていき、
進化し続ける特殊なレイヤー!!!
アーサーとのバトルで進化したドラゴンですが、
インペリアルドラゴンの進化はそこで終わりじゃないです!!!
更にバトルを続けて成長する事で最終進化、
アルティメットフォームへと進化するんです!!!
インペリアルドラゴン アルティメットフォーム!!!
アルティメットフォームはラバー刃がむき出しとなった事で、
これまで以上に強力なアタックが可能になった
超攻撃特化のインペリアルドラゴンです!!!
まさにアタックタイプの最終進化形態!!!!

そんなドラムとドラゴンの予想外の進化に動揺するグウィン、
そのまま、ビッグバンジェネシスに強力な一撃を…
って、僅かな差でドラゴンが先に
場外でオーバーフィニッシュ!!!
しかも結局、バースト狙いは失敗!!!
それでも、ジェネシス攻略に大きく近づきました!!!
ビッグバンアーマーを動かす事に成功しましたから!!!
ビッグバンアーマーを動かす事が攻略の鍵!!!
問題は残るバトルの間にドラム達が
それに気付けるかどうかです!!!

しかし、グウィンが壊せなかった事に
対する戸惑いを見せる辺り、
試合に負けて勝負に勝ったという形でしょうか?
今回のバトル、グウィンは本気で壊しにかかりました。
しかし、ドラムはさらなる進化を見せて、
グウィンの分析以上の成果を見せました。
そして、グウィンのドラムの前向き差に対し、
違うと思った感情、バトル的にはグウィンが勝利でも、
グウィン的にはこれは勝利ではなく敗北なんでしょうね。
ドラムの急成長で一時的にもグウィンはドラムに怯み、
勝ちこそしたものの、ビッグバンアーマーを意図せず攻略された、
少し違っていたら、負けていたのはグウィンです。
自分の計算外での勝利、
それはグウィンにとって敗北と同じなんだと思います。
それに対し、負けたドラムの方がドラゴンの覚醒や
グウィンの凄さを知って喜んでる辺り、
精神的な意味ではどっちが勝者かは明白だと思いますから。
さて、このグウィンの感情の高ぶりがどう
グウィン自身に影響を与えるかが重要です。
感情を知らなかった少年が感情を知った、
それは弱体化する事もありますが、
逆に大きく成長させる要素にもなると言えますから。
さて、早くも2戦落としたビクトリーズ、
次はデルタとブリントとのバトルですけど、
相手がブリントだとデルタは心配なさそうです。
スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2819-fa1ad645