FC2ブログ

ベイブレード バーストGT 第46話(199話)「漆黒のドレッドジャイロ!」感想

ビクトリーズVS HELLのベイブレード界の命運をかけたチーム戦
初戦のアマネVSアーサーは途中、アマネはゴールドターボに覚醒し、
アーサーに反撃を開始するが、それすら抜け出され反撃され敗退
続く、第2試合のドラムVSグウィンはグウィンのジェネシスに苦戦するものの、
ドラゴンを破壊しようとするグウィンの強力な一撃がドラゴンのさらなる進化を呼び起こし、
インペリアルドラゴンは究極の姿、アルティメットフォームへと進化を果たす
しかし、バトルは惜しくも先にドラゴンの方が場外へと出て、ドラムが負けてしまい…

深淵の闇を光で照らし出せディアボロス!!!
さて、前回のグウィンとのバトルで負けはしたものの
インペリアルドラゴンを更に進化させたドラム
その進化にドラムは相当喜んでるようで…
まあ、ドラムの性格からしたら、負けた悔しさよりも
自分のベイが進化できた事の喜びの方が強いのは当然ですね。
そんなドラゴンは最終進化した事でレイヤーのラバー部分が固定され、
より攻撃力を発揮できる姿へと進化しました。
これは次のバトル以降、大きな戦力として活躍が見込めますね。
まあ、その前にデルタが先に出陣なんですけどね。
相変わらずクールで作戦も必要ないと協調性ない感じですけど、
かつての他人とつるまない感じではなく、
本当に自分には必要ない、勝利を必ずもぎ取ってくるという
揺るぎない自信を感じます。ドラムもアマネも
デルタの事を信じているから何も言わなかったんでしょうね。
最大のライバルが味方になったら頼もしいのは王道です。
そして、HELLの方は3人目の選手、ブリントが出てきて…
うん!!!やっぱりデルタ大好きブリントですね!!!
HELLのチームに入った理由がデルタの闇を
もう一度引き出したいというのがいかにもブリントらしい!!!
そして、変われるならデルタと変わりたいと
考えてるフミヤですけど、フミヤより
デルタの方が圧倒的に強いですからね?!!
仮に許されるとしても、敗率高めるだけです!!!
イチカのツッコミナイスです!!!
どう考えてもフミヤじゃデルタの代わりは無理です!!!

さて、対峙するデルタとブリントですけど、
ブリントは相も変わらずデルタの闇を熱弁していて…
やっぱり、ブリントからしたら、
今のデルタは興味の対象じゃないんですね。
かつてのデルタは強さのみを求めて闇が深かった、
でも、今のデルタはベイバトルの楽しさを思い出し、
力でねじ伏せる以外の戦い方も身につけて、
昔よりだいぶ丸くなりましたから、
今のデルタに闇はないと言って良いです。
でも、ブリントはデルタの闇を気に入っており、
その闇を引き出す為だけにHELLに残ってチームに入った、
ある意味、ブリントもグウィンと同じでアーサーのチームメイトではなく、
利害の一致で仲間に加わっただけのメンバーというところですね。
そんなデルタを闇の道へと誘おうとするブリントとの1stバトルが始まって…
マスターディアボロスは左回転モード!!!
早速、猛攻を仕掛けるデルタ!!!
そんなデルタに対しブリントは…
ダークターボ?!!!
さすがのデルタも予想外だったのか、
完全に防ぎきれずに両者、
オーバーフィニッシュでドロー!!!
そんな予想外のダークターボを発動させたブリント、
ブリントはそのまま、ダークターボの闇の魅力をデルタに語り始め…
昔のデルタなら、ダークターボに惹かれたでしょうね。
昔のデルタなら、強さのみに執着して、
ディアボロスを強くさせる過程の上で
ゲットしていたのかもしれないです。
でも、今のデルタはただ強さを追求するんじゃなく、
自分自身のベイブレードを貫いて、
決して闇に魅了されない心の強さがあります。
どれだけダークターボが強力であろうとも、
今のデルタが闇の誘惑に負けるはずがないです。
そんなブリントの闇にも負けないデルタ、
3ndバトルは右回転でバトルに挑むようで…
ブリントは早くもドレッドサークルを!!
デルタはマスターアッパーでセンターを奪い、
スタミナ勝負に持ち込む算段!!!
しかし、ブリントは新必殺「ドレッドジャイロ」を披露!!!
タイヤのように横向きでフィールドを蹴り
超回転で相手にぶつかるって無茶苦茶!!!
でも、こういう現実離れした必殺技は
嫌いじゃないです!!!むしろ大好きです!!!
横向きの状態でフル回転する事で
相手の回転力吸収を無効化する
芸術家だからこそ、相手の意表をつく
強力な必殺技とも言えます!!!
逆回転同士のバトルだとレイヤー同士が
ぶつかる事で回転力を吸収する事もありますが、
そもそも変則的な回転でレイヤー部分に
攻撃を使わずにレイヤーの表面や
ドライバーの軸先を攻撃に利用するので
相手は回転力の吸収が難しくなります!!!

そんなドレッドジャイロでの猛攻に苦戦するデルタ、
しかし、デルタはゴールドターボで真っ向から
ブリントのドレッドジャイロに対抗して…
強力な技ですけど、それでも力が上回ったのは
デルタのマスターディアボロス!!!!
真っ向から打ち破り、
ドレッドバハムートをバーストし勝利!!!
これにより、HELLを相手にビクトリーズは
初の勝利を収めました!!!

さて、負けたブリントですけど…
本当にデルタ大好きでブレないです!!!
少し前まで今のデルタに爆発が起きないとか
言ってましたけど、デルタとのバトルを通し、
今のデルタを否定せずに今度は最後まで描き切る!!!
ブリントは闇の一面が大好きというのも
彼の一面の一つなんでしょうけど、
自分の美学を超える強さもまた、
彼にとって魅力ある芸術の一つなんですね!!!
そして、同時にHELLを去るブリント!!!!
デルタとのバトルを通し、ブリントもまた
自分らしさを見つめ直したと言ったところでしょう!!!
そもそも、ブリントがHELLに入ったのって、
アーサーの闇に魅入られ、バトルする事や、
デルタをもう一度、闇に魅入れさせたいとか
ものすごく私情全開な理由でしたし、
最初から協調性は持ってなかったと言えます!!!
デルタとのバトルで自分の欲求が満たされた今、
好まないチーム戦に残る理由はないわけですね!!!
これがHELLの弱点とも言えます!!!
利害の一致でメンバーを揃えても、
ブリントのように自分の欲求が満たされたら、
簡単にチームを去る事も十分にありえる!!!
チームと言っても所詮は目的を与えて
チームに引き込んだだけでHELLそのものに
愛着があるわけじゃないですから!!!
ましてや、アーサーに忠誠を
誓ってるわけでもないです!!!

仮にHELLが勝ったとしても、
目的を果たしたり、果たせられないとわかったら、
グウィンも簡単にHELLを去ると思いますからね。
とはいえ、次のタッグバトルは結構やばいですね。
ブリントがチームを去った事で、
ビクトリーズは2戦連続で、アーサーとグウィンの
両方を相手にしないといけないわけですから。

スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2821-5ea5a7cc