FC2ブログ

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第7話(212話)「ベイの声を聞くんだッ!」感想

レジェンドブレーダーのシスコに闘志をむき出しにし、
対抗心を燃やすもののシスコのトレーニングについていけないヒュウガ
そこでヒカルが対シスコの特訓を受け持ち、特訓を開始
その末にスパーキングシュートを会得してシスコの
カースサタンをスーパーストライクでバーストして勝利し…

WBBAの強化指定選手に選ばれ、
レジェンドフェスティバル出場資のために
Aランクブレーダーを目指すヒュウガとヒカル
そんな2人はAランク昇格挑戦チャンスをかけた
トーナメントを勝ち進み、レジェンドブレーダーへの挑戦権を得て…
対戦カードはバルトVSヒカル、
ヒュウガVSシスコ、乱太郎VS乱二郎!!!
何気に黄山兄弟同士の対決きました!!!
超王になってからタッグ組んだりしましたけど、
ついに兄弟対決まで実現しましたか!!!

そんな3人のバトルが同時に開始されて…
って、ヒュウガはスパーキングシュート失敗?!!
感覚派な為か前回のはまぐれ?!!
スパーキングシュート失敗の時点で
シスコに勝てる可能性0じゃないですか!!!
バルトVSヒカルはさすが初代主人公なだけあり、
ヒカルは手も足も出ずにバーストされ敗北!!!
ヒュウガも今度はシスコに惨敗!!!
そして、意外にも一抜けしたのは、
まさかの黄山乱二郎?!!
両者、持久勝負に持ち込んだ末に、
わずかな誤差で乱二郎が勝利!!!
薄々感じてましたけど、
乱太郎、レジェンドの中じゃ
一番弱いですよね?!!!
今回の反応的に勝つ気満々で
負けるとは思ってなかった反応でしたし!!!
とりあえず、これでようやく乱二郎は
世界レベルに到達した事になります!!!
今の乱二郎ならラバンやカイルには
負けないと思います!!!
さすがにファイとか辺りは怪しいですけど!!!

さて、乱二郎が一抜けしたわけですけど、
ヒュウガの方は一度うまくいった
スパーキングシュートが上手くいかなった事に悩んでるようで…
ここで兄であるヒカルのシュートフォーム真似したり、
それを見られた時は誤魔化したりと年頃の男の子って感じですね。
それに対し、真似する事は否定せず、
自分もシュウの真似から初めたとバルトが言ったのも良かったです。
バルトは本当にシュウの真似から上達しましたからね。
物語開始時は我流でシュートミスも酷く、
あの頃のバルトと比べるとヒュウガは
十分シュート上手くやってる方だと思えますから。
というよりヒュウガ、シュウの事知らないんですか!!!
まあ、ヒュウガはその辺の知識なさそうですしね!!!
多分、知ってたとしても名前まで覚えてないと思います!!!

まあ、それは置いておいて、バルトにとってシュウは
今でも最高のライバルというのが良くわかります。
スマホにシュウの画像設定してますし、
最高のブレーダーですごく強いというあたり、
1シリーズ出番なくともバルトにとって特別な存在、
親友でありライバルというポジションは
今でも変わらないのがわかりますから。
そして、そんな話を聞いてシュウとバトルしたいと
言い出す辺り、本能的に強い相手と
バトルしたいのがヒュウガなのがわかります。
そんなヒュウガに対し、バルトは先輩ブレーダーとして
ベイの声を聞く事を助言して…
うん!!絶対に上手く伝わってないですね!!!
バルトも感覚派ですから、この辺は相変わらずです!!!
普通なら良くわからないか、ガチでベイの声を
聞くとかそのどちらですかね!!!
大変は前者で、単純なタイプは後者ですけど!!!

そんなベイの声を聞こうとするのに夢中なヒュウガですけど…
そりゃ、側から見たら謎の行動
以外の何物でもないです!!!
そんな感じでボンバーズに戻ってきたヒュウガ、
そこでボンバーズに入った時の事を思い出して…
朝日兄弟は引っ越してきたという形で
途中からボンバーズに入ったんですね。
そして、その頃のボンバーズはコーチがやめて、
メンバーも集まらない状況下が続いていた様子、
乱太郎がボンバーズのコーチに選ばれて、
乱太郎が朝日兄弟に目をかけてる理由がわかりました。
ボンバーズは朝日兄弟が来るまでは
メンバーも3人しかいなく、
コーチすらいない弱小のクラブ、
朝日兄弟が来た事で2人の実力で
国内ながらもWBBAの耳にも入ったんだと思います。
たった数人しかいないクラブが、
後から入った2人のおかげ戦績上がったら、
多少なりとも目に入ってもおかしくないですからね。
そして実力ではヒュウガとヒカルに及ばない
ボンバーズの3人ですけど、ベイが大好きで
バトルするのも大好きなのでヒュウガにとって
良い息抜きの良い仲間たちって感じです。
ヒュウガは強い相手と戦うのも好きですけど、
何よりベイバトルを楽しむのが好きですから、
こういう仲間同士のバトルは良い息抜きになります。
そしてチャック、グン、ライカもいつものヒュウガで
いて欲しいから快くバトルにのったり引き受けたり、
ビクトリーズと同じで仲間意識の強いチームって感じです。
BCソルみたいにギスギスしないのはきっと、
規模が大きくないのが良い感じになってると思います。
規模が大きいとどうしても考えの違いや対抗心、
プライドの強さから仲間内でギスギスしますからね。
そんなボンバーズのみんなの協力で息抜きができたヒュウガは
少しとは言え、ハイペリオンの声が聞けて、
同じ頃、ヒカルもまたヘリオスの声が聞こえて…
そんなベイの声に導かれるように二人は合流、
ヒュウガとヒカルは互いにベイバトルを望んで…
何気に初の兄弟同士のバトル!!!
今週の話は兄弟同士のバトルの週?!!
兄弟であると同時にW主人公!!!
どっちも主人公なのでどっちが
勝つかわからないです!!!

そんな朝日兄弟のベイバトルが開始されて…
ベイの声が聞けて吹っ切れたのか、
今度はヒュウガもスパーキングシュート成功!!!
それと同時にヒュウガは自分自身の
シュートフォームを会得です!!!
さらに両者、共にベイの声を
完全に聞けるように!!!
バトルの方は両者バーストで
引き分けに終わりましたけど、
ベイの声が聞けるようになった事は
非常に大きい事です!!!
どのバースト主人公も経験しました!!!
でも、最後のフリーで全部持ってかれましたよ!!!
確かにそろそろフリー登場の時期かなと
思ってましたし、次回予告で出ても
おかしくないと思ってはいましたけど…

怪物と書いてフリー・デラホーヤと
読むのはさすがに予想外過ぎます!!!
制作側、フリーを怪物と扱ってるんですか?!!!
スポンサーサイト



category
ベイブレードバースト
genre
アニメ・コミック
theme
ベイブレード
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2835-b7304f7c