FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第11話(216話)「夢のタッグバトル!!」感想 

スペインでレジェンドブレーダーの一人、フリーと出会ったヒュウガとヒカル
そんなフリーの実力の前にヒュウガもヒカルもなすすべなく敗北してしまう
泣きのエキシビジョンマッチではヒュウガはハイペリオンと共鳴して、
フリーを相手に攻め立てるものの、そんなヒュウガの姿に自分を倒した
ブレーダーの姿が重なったフリーは本気を出して、ヒュウガを今一度破って…

レジェンドと共闘した先で何を見る?!!

前回、一皮向けたものの本気を出したフリーの前に敗れたヒュウガ
最初はハンデありのバトルでしたけど、
そんな中でフリーを本気にさせたのはすごいと思いますけど、
泣きの一回でも勝てなかったんじゃ
ヒュウガとしては余計に悔しいでしょうね。
まあ、ヒュウガもヒカルもですけど、
今の実力じゃまだフリーに勝てないのは仕方ないです。
仮にも世界トップレベルの一人で元世界ランキング1位だった実力者、
本気出させただけでもすごいレベルと思いますから。
さて、一方のバルトはヒュウガとのバトルでらしくない
本気の出し方をしたフリーを気にしていたようで…
ついにアニメでも謎のブレーダーの名前一部解禁!!!
その名もレーン!!!
漫画だと下の名前も判明してますけど、
それはまた次の機会に!!!
って、やっぱりシュウ関連の人物でしたか!!!
ニューヨークで出会った新人ブレーダーって聞いて、
シュウが所属するニューヨークブルズも
アメリカのチームだったのでもしかしてと思いましたが、
確かにシュウが育てたブレーダーだったのなら、
フリーを倒せる程の実力を身につけても不思議じゃないです!!!
でも、それはそれでフブキの立場が…!!!
同じシュウに教わったブレーダーでも、
レーンはフリーを倒せる実力持ちで
フブキはそこまでの実力はない事を考えると…!!
というより、フブキは7月か8月がラストチャンスじゃないですか!!!
シュウの弟子で実力者なら、レーンが本格参戦する
タイミング近くで新型ベイ確定しないと登場すら
怪しい気がするんですけど!!!!
ランブー枠でも良いのでフォルネウスにチャンスを!!!

さて、一方のヒカルですけど、こっちはヒュウガが
ベイと対話出来た事に対し、珍しく焦ってる感じですね。
ヒュウガは本能的な部分が強いのでベイとの対話は
ヒュウガの方が潜在能力は上なのかもです。
ヒカルの方は技術力や分析力といったテクニックで
乱太郎レベルのレジェンドには勝てる実力はありますけど、
そういう技術では計れない部分では躓きやすいのかもです。
そんなヒカルを見たバルトはヒカルの相談に乗って…
ヒカルが悩むのは無理もないですね。
ヒカルは精神論とかそういうの得意そうじゃないですし。
だからこそ、バルトが先輩ブレーダーとして
助言するのは良い突破口になると思います。
自分一人ではたどり着けない事があっても、
誰かの助言のおかげで悩みが晴れたり、
ふっきれたりする事もあるわけですから。
さて、そんなこんなで1日も終わったわけですけど、
いよいよ日本に帰る日が訪れたようで…
さすがの乱太郎も朝日兄弟の
ワガママに切れましたか!!!
まあ、ベイバトルに関しては
乱太郎も一緒に頼んだりと力に
なったりしましたけど、
さすがに滞在スケジュールまでは
どうにもできないですからね!!!!
むしろ、フリーとバトル出来ただけでも
十分に良い経験になったと思いますから!!!
でも、ここで終わらせないのがバルト!!!
帰る前にタッグバトルって最高のサプライズ!!!
今回、割とバルト、先輩ブレーダーしてます?!!
帰る前に最後にタッグバトルという形で、
レジェンドとバトルする機会を作ってくれたわけですから!!!

そんなわけで日本に帰る前にする事になったタッグバトル、
ヒュウガ&フリーVSヒカル&バルトの対戦が決定して…
考えましたね!!これならどちらか片方は必ず、
レジェンドに勝利したって事に一応なりますし、
レジェンドが負けても、互いにパートナーに
レジェンドがいたからって良い分も通ります!!!
ヒュウガ&フリーは自由スタイルタッグという印象!!!
ヒカル&バルトは先輩後輩タッグって感じです!!!

そんなわけでタッグバトルの1stバトルが開始され…
早くもバルトのヴァルキリー相手に真っ向勝負挑んで、
早々にハイペリオンをバーストされるヒュウガ!!!
ヒュウガの弱点は良くも悪くも一直線なところ!!!
本能的な部分を使いこなせるようにならないと
ハイペリオン以上の攻撃力を持つベイ相手じゃ
打ち負かされて逆にバーストされますよ!!!
ヒカルの方はセンター争いを狙うものの
ファブニルに返り討ちに遭いバースト!!!
うん!!実質、バルトVSフリーですね!!!
完全にヒュウガとヒカルが数合わせぽいです!!!
そんな実質、バルトVSフリーですけど、
ブレイブソードとミラージュクローの威力は互角で
両者ドローで1stバトルは引き分けに終わり!!!
ここでバルトとフリーの方向性の違いが
描かれるのは良いです!!!
フリーはヒュウガの欠点である真正面から
行き過ぎな部分をダメ出しした事に対し、
バルトはヒカルを勇気付けるかのように
支える感じというのが良いです!!!
ダメな部分を指摘するフリーと、
前向きにパートナーを支えるバルトです!!!

そんなこんなで2ndバトルに突入したわけすけど…
って、今度は後ろから攻めるヒュウガ!!!
今度は真っ向勝負じゃなく、
死角から攻めていく感じに!!!
フリーのダメ出しが利きました?!!
でも、これならヒュウガの良さを残しつつ、
多少なりとも戦略性のバトルもできます!!!
ヒュウガは攻撃しないバトルは苦手でも、
攻撃をガンガンするバトルなら
真正面じゃなくても良いというのが良いです!!!
しかし!!相手はあの蒼井バルト!!!
ブレイブヴァルキリーのラバー刃を
クッションのごとく利用して持ちこたえた上で、
反動を利用しての反撃!!!!
初代主人公は伊達じゃないです!!!
対するヒュウガはフリーがサポートに入り、
ファブニルのラバーを利用して、
ハイペリオンを急加速させるフォロー!!!
結果はそれでもヴァルキリーのパワーが上で
ハイペリオンはバーストしてしまいましたけど、
フリーってこういうバトルも出来た事に驚きです!!!
そんな感じでヒュウガが脱落した事で一人になった
フリーですけど、それでも実力の差でヒカルを追い詰めて…

それでも、諦めずに持ちこたえて反撃を仕掛けるヒカル!!!
これにはフリーも予想外だったみたいですね!!!
伊達にバルトと一緒に鍛えたわけじゃないです!!!
その事に気付いたフリーはミラージュクローで
ヘリオスにとどめをさそうと必殺技で決めにかかり…

って、そんな逆境でも諦めない
姿勢にヘリオスが応えました?!!
ヘリオスと共鳴した事でフリーの
ミラージュクローをなんとか耐え忍んでます!!!
これがヒカルとヘリオスの火事場のクソ力!!!
正直いっぱいいっぱいですけど、
フリーの必殺技に耐える辺り、
簡単にやられてたまるかという意思が表れてます!!!
って、そこでバルトがブレイブソードで、
ファブニルを弾き飛ばしてオーバーフィニッシュ!!!
美味しいところはバルトにとっていかれましたけど、
フリーに隙ができたのは紛れもなくヒカルの力です!!!
バルトとフリーの実力はほぼ互角!!!!
ヒカルがフリーの猛攻を持ちこたえたからこそ
バルトがその隙を狙う事ができたわけですから、
ナイスバトルですヒカル!!!
結局、単独ではフリーに勝てませんでしたけど、
フリーとのバトルやタッグバトルを通して、
ヒュウガもヒカルも大きく成長できました!!!
勝てなくても、成長につながるのなら、
次に戦う機会が来た時にリベンジできるかもです!!!
そして、次なるレジェンドとの出会いもすぐそこに!!!
暴君の異名を持つ最凶ブレーダー!!!
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第12話(217話)「白鷺城×鬼ヶ島!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第10話(215話)「攻撃NG!?攻撃NG!!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2839-9318d72d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)