FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第25話(230話)「漢のタッグバトル!」感想 

レジェンドと新人ブレーダー3人を合わせた
10人のブレーダーが挑むレジェンドフェスティバル
タッグバトル第2試合はバルト&フリーと
シスコ&乱太郎のBCソル同士のバトル
最強クラスの二人に苦戦を強いるシスコだったが、
乱太郎の捨て身のグライドトルネードでラグナルクもろとも
ヴァルキリーをバーストし1対1の状況に持ち込む事に成功
しかし、あと一歩のところで先にカースサタンが止まり、
打倒フリーの目標は達成できずに終わってしまい…

予測不能?!!ガチと最凶が今交わる!!!

前回、バルトとフリーのペアが勝利した事で第2試合が終わった
そして、次なる第3試合はドラムとルイのタッグを相手に
新たにシャッフルされたタッグが対戦、
そして残った第4試合と第5試合の組み合わせも
シャッフルして決めるようで…
第3試合の組み合わせはドラム&ルイVSヒカル&乱太郎!!!
実力的には絶望的な組み合わせじゃないですか!!!
前作主人公で公式戦での大きな成績がない分、
他のレジェンドより知名度は低いものの実力は
申し分なくタッグバトルも割とこなす虹龍ドラム!!!
チームに所属しても基本的に協調性0で、
チームバトルの時は基本的に不在、
でも、個人としては間違いなく最強格の白鷺城ルイ!!!
そんな2人に挑むのはレジェンドではあるものの、
バルトやフリーと言った強豪中の強豪と比べると、
実力は低い方の黄山乱太郎と、
新人ブレーダーでレジェンドにある程度
食らいついていけるもののまだまだ
発展途上の朝日ヒカル!!!
実力だけで言えば勝ち目0の相手です!!!!
しかし!!今回はタッグバトル!!!!
ドラムはタッグバトル向きと言っても、
そのパートナーのルイはタッグバトルの
実力は未知数のものの、基本的に
協調性とか一切皆無なルイですから、
チームワークでカバーできれば可能性はあります!!!
続く第4試合はアイガ&レーンVSドラム&シスコ!!!
あ、これドラムとシスコ勝ち目0じゃ?!!
タッグとして不安は一切ない組みわせですけど、
相手が超Z無敵のチャンピオンとレジェンドにも
牙が届くほどの危険ブレーダーのレーンだと
余程のコンビネーションじゃないときついです!!!
レーンがアイガの足を引っ張れば可能性はありますけど、
アイガの方は相手が嫌な奴でも仲間割れとか
そういう事はしないのでそこも厄介です!!!!
最後はヒュウガ&バルトVSフリー&ルイ!!!
最後は王道タッグと王道の相手です!!!!
初代主人公と現主人公で似た者同士のタッグ!!!
相手はバルトを互角のバトルを繰り広げた
最強格同士のタッグというのも王道です!!!!
バルトは今や成長して後輩をアシストしたり、
パートナー次第だと息のあった
コンビネーションもできます!!!
相手が相手ですし、これはタッグバトルらしさよりも、
それぞれの戦い方を活かしたバトルになりそうです!!!

さて、これでタッグバトルの全ての組み合わせが
発表されたわけですけど、ヒカルはルイとドラムの
タッグを相手にする事に備えて作戦を立てるようで…
うん!!悪慈恵だけは働きますねヒュウガ!!!
でも、どっからどう見てもバレバレの移動方法!!!
しまいにはまたゴミに間違えられてますよ!!!

そんなこんなあったものの、なんとかドラムとルイが
使用しているトレーニングルームまでたどり着いて…
うん!!やっぱりこうなってましたか!!!
心からベイを楽しみ無邪気なドラムと
常に上から目線で我が道を行くルイとじゃ
作戦とかそういう感じになるのは無理ですよね!!!
というより、無邪気にロンギヌス強いとか
かっこいいと天然なノリに対し、
いつも通り、ぬるいやら俺を失望させるなとか、
ドラムの空気でも我が道をいけるのはさすがルイ!!!
でも、これならヒュウガも安心するのも当然です!!!
どっからどう見てもタッグバトルする相手の
練習光景でも作戦光景でもないですから!!!

一方のヒカルと乱太郎はドラムとルイと違って、
きっちりと作戦を立てているようですね。
スタミナ切れ狙いの戦術っていうのは悪くないです。
ただ、ドラムはともかく、ルイが挟み撃ちで
攻めてくるっていうのはちょっと難しい気がします。
両者回転方向が違うので結果的に挟み撃ちになる
そういう可能性は十分に高いとは思いますけど、
ルイの場合、タッグバトルだから挟み撃ちってわけじゃなく、
素のバトルのやり方で個人プレイに走る可能性の方が高いですから。
さて、そんなこんなでいよいよ
ドラム&ルイVSヒカル&乱太郎のタッグバトルの時が来て…
早くもセンターを死守するヒカルと乱太郎!!!
実力が足りない分は戦略で補う!!!
本来なら勝てる可能性がない相手でも、
タッグバトルなら相手のチームワーク、
ヒカルと乱太郎のチームワークの差も
バトルに大きく影響がでますから、
その差が大きければ勝機はあります!!!
そして、ヒカルの戦略通り、上手く
ドラゴンとロンギヌスの同士討ちが発生!!!
やっぱりチームワークはヒカルと乱太郎の方が!!!
って、ルイはそれを読んで増した?!!
同士討ちを逆に利用してドラゴンの
テンペストリングを覚醒させました?!!!
あのルイがドラムのアシストをしてます?!!!
しかも、ドラムの反応からドラムが狙ってたわけじゃなく、
ルイが同士討ちを起こさせる状況を利用して
覚醒させた感じです!!!!
あのルイがこんなアシストをするとは!!!!
正直、ルイはチームプレイはできないとばかり
思ってたので、このバトルは意外です!!!!
ドラゴンが覚醒したドラムはラグナルクに猛攻!!!!
助けに入ろうとするヒカルにはルイが!!!!
これはやばいです!!!
ヒカルと乱太郎に勝機があるとするのは、
二人のチームワークが
ドラムとルイを上回れればの話!!!
ヘリオスとラグナルクが隔離されて個別同士の
バトルになったら、もう勝ち目はないです!!!
これはヒカルが心折れかけても無理はないです!!!
しかし、そんな状況下でも諦めない乱太郎!!!
ヒカルに喝を入れて、グライドトルネードで反撃!!!!
この状況下でも諦めないどころかヒカルを後押しする姿勢!!!
実力だとドラムとルイには及びませんが、
その最後まで諦めずパートナーにも喝を入れる姿勢は
間違いなく乱太郎もレジェンドブレーダーと感じさせます!!!
そんな乱太郎に喝を入れられたヒカルも気持ちを切り替え、
ゾーンカウンターで反撃を狙い始め…
それでも、最強格同士のタッグの壁は遠かった!!!
覚醒状態のドラゴンが真っ向勝負でヘリオスと
ラグナルクを弾き飛ばしラグナルクをバースト!!!
なんとか生き残ったヘリオスも風前の灯状態で
ルイがレイジングアッパーでバースト!!!!
最後まで諦めず渾身のゾーンカウンターで
勝ちを諦めなかったものの単独勝負だと
単純なパワーの差でヒカルは敗北!!!!
これにより、乱太郎の敗退が決まり、
ヒカルは残り2試合の勝敗に委ねる事に!!!
これ、もうヒカルもほぼ敗退ですね!!!
残りの試合の組み合わせが組み合わせですし!!!

しかし、ヒカルにとって悔しいのは自分が
決勝に進めるかわからなくなったことじゃなく、
乱太郎を勝たせることができずに決勝に
連れて行けなくなった事への不甲斐なさからくる
悔しさなんですね。
そんなヒカルに対し、ヒカルの作戦は間違ってなかった、
自分が不甲斐なかったのが原因とヒカルに
責任を押し付けずに自分が責任を引き受けるのが、
乱太郎という兄貴肌のキャラの良さが出ています。
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第26話(231話)「ガチVS超ゼツ!!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第24話(229話)「友情の神(ゴッド)バトル!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2854-cec789b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)