FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第26話(231話)「ガチVS超ゼツ!!」感想 

レジェンドブレーダーやレーンと
競い合う大会レジェンドフェスティバル
タッグバトル第3戦、ヒカル&乱太郎VSドラム&ルイは
同士討ちを狙う作戦でドラムとルイを追い詰めるものの
その作戦を利用したルイはドラムのドラゴンを覚醒させ、
逆に2人に追い詰められてしまう
乱太郎の喝により、諦めない心を取り戻したヒカルは、
最後まで諦めず戦い続けるものの、それでも勝てず、
ヒカルは1ポイント、乱太郎はこの時点で脱落してしまい…

超Z無敵とガチ最強の激闘再び!!!

前回、ドラムとルイに負けてしまったヒカル
しかし、どうやらヒカルは自分の現状を理解していないようで…
そう!!次の試合でアイガとレーンが勝った場合、
アイガとレーンがベスト4に進出!!!
残りの試合は全員1ポイント持ち!!!
つまり、この2人が勝ち抜けした場合、
第5戦で戦うタッグのどちらか勝った方が
ベスト4入りを果たす事になって、
2試合終えて1ポイント持ちは
今回の試合の結果次第で敗退が決まります!!!
というより、ヒカルはともかく、
ドラムも気づいてなかったんですか!!!
そういえば、ドラムは戦略家タイプですけど、
考えてる作戦を口に出しちゃったり、
どこか抜けてるところある天然気質でしたね!!!
あと、勝てば良い話って相手はあの
アイガとレーンですから実力的に
一番厳しいのはシスコですから!!!!

しかし、ヒカルは内心複雑でしょうね。
ファンとしてはアイガに勝ってほしいでしょうけど、
アイガとレーンが勝ったらその時点で
自分の脱落が決まるわけですから。
一方、アイガはレーンと組む事になった事を
スマホ越しで乱二郎と話していて…
アイガもアイガで複雑でしょうね。
乱二郎のラグナルクを破壊したレーンと組むわけですから。
まあ、乱二郎の怪我もラグナルクの大破も、
乱二郎がちゃんと引いていれば起こらなかった事ですけど。
それでも、自分のバトルに集中しろや、
勝ちに行くように言ったり、決勝トーナメントで
バラボロ発言といい、アイガは親友に恵まれましたね。
アイガは割と切り替え効かない時もありますけど、
ちゃんと切り替えできるのは乱二郎の存在が大きいのかもです。
そして、パートナーのレーンの方ですけど、
勝ちに行く宣言こそするもののアイガに敵意を
表している事から今回もタッグバトルを一切意識してないですね。
もし、2人が負けるとするなら、その差でしょうか?
一方、ヒカルはアイガとレーンが勝ったら自分は脱落と不安なようで…
ヒュウガは天然で基本的に何も考えてなかったり、
感情論でしか動かないタイプですけど、
だからこそ、ヒュウガの言葉はまっすぐで正直なんですよね。
ヒカルと一緒に決勝トーナメント行きたいという辺り、
ヒュウガにとってアイガやレーンと戦う事よりも、
ヒカルと一緒に決勝トーナメントに行くって
気持ちの方が強いとわかったわけですから。
そんなこんなでいよいよタッグバトル第4試合、
アイガ&レーンVSドラム&シスコのバトルの時が来て…
早くも歴代主人公同士、
激しくぶつかるアイガとドラム!!!
そんな2人のバトルに割って入ろうとする
レーンに対し、シスコが必死の防衛!!!!
うん!!!これシスコが防衛に入らなかったら、
アイガのアキレスもろとも攻撃してましたよね?!!
トリプルツイスターでルシファーを止めるシスコ!!!
受け流しをうまく利用して直撃を防ぎつつ足止めです!!!
まさに今のシスコはドラムの盾と言って良いです!!!
さて、それぞれ均衡しているバトルの中、
ドラムのテンペストドラゴンが覚醒して…
アイガも負けじとアキレスと共鳴し本気モード!!!
その一方でレーンはバリアントウォールで
強引にシスコの包囲網を突破し、
カースサタンをバースト!!!
そして、アイガとドラムの
バトルに割って入る気満々!!!
やっぱり二人まとめて倒す気ですよね?!!
タッグバトルって理解してないですよね?!!!
でも、二人のバトルはレーンが割って入る前に決着!!!!
ドラムのテンペストブレイクとアイガのインフィニットバスター!!!
二人の必殺技が激しくぶつかり合い勝ったのは…
まさかのドラム?!!!
って、オーバーフィニッシュになりそうなところで、
先にドラゴンがバーストした事でアイガ&レーンの勝利!!!
でも、未だにアイガに敵意むき出しのレーン!!!
やっぱり最初からタッグバトルする気
なかったですよねレーン?!!!
でもって、脱落が決まっても次は勝つと
前向きさはドラムらしいです!!!
レジェンドフェスティバルではここで敗退ですけど、
これから別の機会でまた戦えるかもしれないですし、
こういう常に前向きで後ろを振り返らないのは
ドラムの長所と言えます!!!!

一方、アイガとレーンが勝った事でドラム、シスコと同じく、
レジェンドフェスティバル敗退が決まったヒカル…
これは相当、悔しいでしょうね…。
レジェンド達が集う中、決勝トーナメントを夢見て、
戦い続けましたけど、自分のバトルとは別のバトルの結果で、
敗退が決まったわけですから
、負けて脱落より悔しさが強いと思います。
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第27話(232話)「勝ちぬけッ ギュギュギューン!!!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第25話(230話)「漢のタッグバトル!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2855-06b67ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)