FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第37話(242話)「最高のタッグパートナー!!」感想 

コミッショナーである小紫ワキヤによって最強のタッグを決める
レジェンドスーパータッグリーグの開催が決定した
主催者であるワキヤと出会ったヒュウガとヒカルは
バーチャルマシンのテストプレイヤーに選ばれる
マシンこそ壊れたものの2人の実力を認めたワキヤは
二人の出場をそのまま認めたわけで…

最強のタッグ続々結成!!!!

前回、ワキヤによってレジェンドスーパータッグリーグの開催が決定、
ヒュウガはバルトとのタッグを臨んでいるみたいですけど…
夢落ちとは言え、タッグパートナーが乱太郎!!!
そりゃ、がっかりしますよね!!!!
バルトと組みたいヒュウガからしたら
隣が乱太郎なのはがっかりですし、
乱太郎自身、レジェンドの中だと
下の部類ですからね!!!
あと、乱太郎は乱太郎で評価が割とまとも!!!
確かにフリーやルイは実力は高くても、
乱太郎と良い困憊できるかは微妙です!!!
シスコとのコンビは良い方でも喧嘩するほど
仲が良いタイプなので進んで組む相手じゃない、
ドラムに関しては単に良い相棒って
印象がない感じですね!!!
でもって、なんか不適な笑みしだましたけど、
これ、勝ち馬に乗る気ですか?!!!
実力者かつ乱太郎と相性良い相手って
すごく限られてますけど!!!!

さて、乱太郎と組む夢を見たヒュウガですけど、
ヒカルと共にタッグパートナーを求めて
バルトとアイガの元へ向かう中、
一方のバルセロナでは早くもタッグが結成しようとしていて…
最初に結成されたタッグはフリー&シスコ!!!
ディフェンスとスタミナのバランス良い
シンプルながらも王道のタッグ!!!
シスコは打倒フリーを目指しているだけ
誰よりもフリーのバトルスタイルを熟知してるでしょうし、
組み合わせ的には可も無く不可もなくです!!!
敷いて言うならシスコの実力が他の
レジェンドと比べると弱い方くらいです!!!

一方その頃、ヒュウガとヒカルはトレセンに到着して…
って、入れ違いになりましたか!!!
まあ、この分だと2人のパートナーは
すでに決まってる感じですね!!!
そしてドラム、誘拐されそうな気配全開!!!
これ、強引にタッグ組まされる流れです!!!!

さて、今度は乱ベイ組ですけど、
ここではレジェンドフェスティバルには負傷により
出場出来なかった乱次郎が一人特訓に明け暮れていて…
でも、そこにアイガ来ました!!!!
もうアイガのタッグパートナーで尚かつ、
相性が良いと考えるなら乱次郎しかいません!!!
乱次郎単体ではレジェンド下位に渡り合える
程度の実力しか持ち合わせてないですけど、
タッグバトルで最も重要なのはコンビネーション!!!
アイガと一番息の合ったコンビネーションを出せるのは
乱次郎以外に他にはいないと断言しても良いです!!!!
実力以上の実力を発揮するチームワークに期待です!!!!
そして、この2人のタッグが報道されるとなると
悔しながらも納得する辺り、ヒカルは割り切れてます!!!
正直、ヒカルと組むより強くなれるタッグと言えますから!!!

一方のボンバーズでは突然、バルトがやって来て…
って、バルト自ら、乱太郎と組む気だったんですか!!!
確かにバルトのタッグパートナーとなると
幼なじみのシュウか付き合いが長い乱太郎の
二択ですけど、てっきりシュウと組むとばかり思ってました!!!
そして、これで乱太郎も良い戦績出るフラグ立ちました!!!
最強タッグかは微妙ですけど相性が良いのは間違いないです!!!!

さて、一方、ヘリに連れ去られたドラムは鬼ヶ島に到着して…
って、ルイとの再タッグ結成?!!!
正直、これにはがっかりですよ!!!!
他はまぁ、付き合いの長さなど
強さよりも相性重視って感じですけど、
ドラムとルイのタッグは最強じゃ無いでしょう!!!
レジェンドフェスティバルでのタッグ戦では
意外にも良いコンビネーションしていたのは確かです!!!
しかし!!今度の大会は最強タッグを決める大会!!!
即席で強かったタッグよりもドラムにはもっと良い候補いるでしょう!!!
いくらルイとのタッグが強かろうとデルタとのタッグには
足下も及ばないんですから人選ミスですよ!!!!
最強タッグを決めるのに最強タッグ組まない時点で
優勝できる望み0じゃないですか!!!!
敷いてメリットを上げるならデルタと組まないから
タッグで負けても仕方ないと
後ろ向きで考えられる事くらいです!!!
それくらい、このタッグは悪くは無いけど、
最強タッグを放棄した組み合わせと言えます!!!!

さて、これで残るは新世代3人のみですけど…
まさかのレーンとシュウのタッグ結成来ました!!!
最強にして最凶のレーンと進んで組むと言えば
もうシュウしか心当たりないと言っても、
良く了承しましたねレーン!!!
そして何気にシュウもラスボス枠に上がってません?!!

さて、これで残るはヒュウガとヒカルで、
余った以上、2人で組むしか無くなったわけですけど…
うん!!勝ったら組んでも良いってどっちが
勝っても組む流れですね!!!!
しかも、絶対に感情的になってて気づいてないです!!!

それでも、この2人は組み合わせ的には最強タッグ、
先輩レジェンドと組めば安定はするでしょうけど、
長い目で見たら、この2人の相性は抜群で成長したら
レジェンドタッグ相手にも十分にやれると思います。
まあ、さすがにすぐにバルトやシュウ、
同じ世代のレーンを超えるのは無理と思いますけど。
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第38話(243話)「開幕!レジェンドスーパータッグリーグ!!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第36話(241話)「電脳!ベイブレードバーチャル!!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2866-e5750b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)