FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第40話(245話)「衝突!それぞれの絆!!」感想 

最強のタッグを決めるレジェンドスーパータッグリーグ
その1回戦第3試合はバルト&乱太郎VSドラム&ルイ
旧友同士のコンビネーションを狙うバルトと乱太郎だが、
それを読んでいたルイに分断されて、更にラグナルクを利用し、
ドラムのドラゴンを覚醒モードにし、乱太郎を撃破、
2対1という状況下の中、偶然にもドラムの一撃でバルトの
ヴァルキリーはバランスを崩し、ルイの一撃で敗北してしまい…

熱き炎と剣士が魔王へと挑む!!!

前回、ドラム&ルイがバルト&乱太郎に勝利した事で1回戦の試合が全て終わり、
今回は次に備えて、ヒュウガとヒカルの練習バトルから始まった訳ですけど…
両者、前向きなのは良いんですけど、いがみ合ってバラバラですね。
いつもなら問題ない兄弟喧嘩ですけど、2回戦が控えてる中
この状況下で喧嘩は勝てる可能性が更に下がる訳ですからね。
そんな兄弟喧嘩は翌日まで続き、ついには別々の相手で練習を…
そんな2人に待ったをかけたのがワキヤ!!!
そりゃ、せっかく試したのにこの調子が
ワキヤ的にも複雑でしょうね!!!
まあ、相手が相手なので
仕方ないところもありますが!!!
さて、そんな中、2回戦の組み合わせが決定!!!
第1試合はレーン&シュウVSアイガ&乱次郎!!!
第2試合はドラム&ルイVSフリー&シスコ!!!
第3試合はヒュウガ&ヒカルVSバルト&乱太郎!!!
第1試合は単純な実力ではレーンとシュウが強いですが、
付き合いと信頼の高さではアイガ&乱次郎が上!!!
第2試合はフリーとシスコはバランスこそ良いですが、
良くも悪くもそれ以上の可も無く不可もなくな印象!!!
対するドラム&ルイは自由度の高いバトルスタイルかつ
両者、共にレジェンドの中でも特に強いブレーダー同士!!!
一点特化VSバランスと言ったところ!!!
正直、フリーは強くても対抗できる感じがしないです!!!
最後の第3試合は早くもバルト&乱太郎とバトル!!!
てっきりもうちょっと後の方だと思っていたので意外です!!!
ただ、相手のタッグはチームワークは要注意ですが、
乱太郎の方はレジェンドの中では弱い方なので、
先に撃破して2対1に持ち込めればワンチャンあるかもです!!!

さて、2回戦の相手がバルト&乱太郎ですけど、
とてもじゃないですけど、今の2人じゃ勝てるとは思えないです。
そんな2人にワキヤが特訓に付き合ってくれるようで…
っって、懐かしの無印時代の回想!!!
ダイナ懐かしいです!!!
デスサイザーの新作も明日出るんですから、
アニメにも再登場して欲しかったです!!!!

そんな心の叫びは置いておいて、
ワキヤと言えばウエイトトレーニング、
そう言えばワキヤは本気モード以外だと
常にウエイトを身につけてる設定ありましたね。
そんな懐かしの設定でヒュウガとヒカルも特訓開始ですけど、
ウエイトアイテムの奪い合いの喧嘩発生で、
これじゃ、勝てない相手に更に勝てない感じになりますよ。
一方、その頃、2回戦の相手がレーン&シュウと知ったアイガと乱次郎は…
2人にとってレーンはリベンジすべき相手なんですよね。
アイガはレジェンドフェスティバル準決勝で敗れ、
乱次郎も野試合で難度もバトルに挑んだ結果、
それが祟って肩を壊してラグナルクも破壊されて
フェスティバル辞退を余儀なくされたわけですから
2人にとってどうしても勝ちたい相手ですよね。
一方のレーンの方ですけど、こっちはシュウも倒したのに
未だに乾きが癒えない事に苛立ちを感じてるみたいですね。
レーン的にはレジェンドスーパータッグリーグに出場した理由の一つに、
2人相手にすれば乾きを癒す事が出来ると思ってそうですね。
そんなこんなでレジェンドスーパータッグリーグ、
2回戦第1試合の時が訪れて…

まずはアイガとレーンが激突!!!!
シュウは乱次郎と衝突しながらも
アッパーデッキに入り、様子見?!!!
これは実質、レーン1人にバトルさせる気ですか?!!
対するアイガと乱次郎は互いにルシファーを弾き合い、
まるでバンパーのようにルシファーを扱うチームプレイ!!!
さながらタッグバトル簡易版のデッドグラビティです!!!
ただ、これだけダメージを与えるとリミットブレイクが…
しかし、そうはさせまいと乱次郎がアイガを救出!!!
リミットブレイクジエンド不発で終わりました?!!
でも、まずはルシファーからだという発言で
レーンがキレました?!!!
これ、やばい流れじゃないですか!!!
キレたらやばい相手ってキレた瞬間、
何しでかすかわからない以上、
最も注意しないといけない相手です!!!!
そんなレーンに2人がかりで
迎え撃つアイガと乱次郎!!!
しかし、2人のパワーで場外付近まで
飛ばす事が出来ても場外にならず、
同じく吹き飛ばされたアキレスとラグナルクは
場外へと追い出されてレーン&シュウの勝利!!!!
ただ!!チームワークがあれば2人がかりでなら
レーンをある程度追い詰める事ができたのは収穫です!!!
やはり、レーン&シュウのタッグの脅威はレーンであると共に、
そのレーンが最大の弱点ともなってると思います!!!
シュウも積極的に戦うわけでもない以上、
2対1という状況下ならチームワーク次第で
レーンを場外まで送れる可能性が出た訳ですから!!!
そして勝ったのに苛立ち全開なレーン!!!
これはこれでも乾きが満たせない事に苛立ってるのか、
それとも2対1の状況下でも追い詰められた事に
苛立ちを覚えているのでしょうか?!!
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第41話(246話)「白熱のレジェンドバトル!!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第39話(244話)「攻略!アルティメットストーム!!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2869-cffbc54e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)