FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第42話(247話)「燃やせ炎(フレア)!ピターーッ!!」感想 

最強タッグを決めるレジェンドスーパータッグリーグ
2回戦第2試合、ドラム&ルイVSフリー&シスコ
フリーとシスコを分断させ、タイマンバトルに持っていき
追い詰めていくドラムとルイ、しかしフリーは一瞬の隙を突き、
ルイの包囲網を突破、チームワークでドラムとルイを撃破する
続く第3試合はヒュウガ&ヒカルVSバルト&乱太郎、
それぞれ闘志を燃やし、バルト達に挑んで…

逆境という名の嵐を突破せよ!!
ヘリオスボルケーノ!!!!

前回、バルト&乱太郎とのバトルが開始されたところで終わり、
今回はバルト&乱太郎戦の続きからで…
単独の実力だとバルトとある程度渡り合える分、
パワーだけならヒュウガも確かに成長しているんですよね。
それに対し、このままじゃ勝てないとチームプレイを重視したいヒカル
まず、バトルに対する考えの違いからバラバラですね。
そりゃ、片方は1人で相手を倒そうとしていて、
もう片方はそれで挟み撃ち作戦と仕掛けようとする、
そんなバラバラなバトルで勝てる程、タッグバトルは甘くないです。
だから、バルトはあっさり、攻撃を回避して、
ヒュウガとヒカルを同士打ちに持って行けたんでしょうね。
おまけにその瞬間に両者リミットブレイク発動してしまい、
リミットブレイクによるカウンター攻撃ができなくなったのも痛いです。
そりゃ、バルトと乱太郎がレジェンドという事を抜きにしても、
ヒュウガとヒカルが勝てないのは無理もない話です。
これは相手がレジェンドだからとか以前の問題です。
そして2人のタッグバトルに苛立ちを感じるレーン、
一度は2人の中にあるフレアを感じ燃え上がらせて
2人のベイを破壊した事があるレーン、
2人のフレアの輝きを知っているからこんな仲間割れで
自分の求める強さじゃなくなるのが嫌なんだと思います。
そんな感じで2回戦も惨敗したヒュウガとヒカルに対し、
2人の特訓に付き合ったワキヤも怒りを露わにしているようで…
まあ、目にかけたタッグがこうも立て続けに
負けると怒りを露わにするのも最もです。
それに加えて、兄弟喧嘩にまた発展しているんですから、
ワキヤが怒って呆れるのも仕方ないです。
まあ、それでも2人の次の対戦カードの紙置いていったり、
即座に戻ってきて、本当に後がないと念押ししたりと人良いですけどね。
さて、そんなボンバーズの拠点前まで来ているバルトと乱太郎、
やっぱりボンバーズのコーチとしてヒュウガとヒカルは気になりますけど、
ここで過保護にならずに自分で気づくはずだと引き返す辺り、
これが乱太郎なりのヒュウガとヒカルへの信頼でしょうね。
まあ、ヒュウガは割とバカの部類だとは思いますけどね。
一方の苛立ちを隠せずに練習でそれをぶつけるレーンですが…
正直、タッグとしてのチームワークはないタッグですけど、
レーンの苛立ちを発散しようとしていたタイミングで来たりと、
シュウはレーンのタッグパートナーというより保護者って印象ですね。
レーンと寄り添うのも目的でしょうけど、苛立ちをぶつける相手を
自分へと方向転換させる事で適度にフレアを消費させてる感じです。
さて、再び兄弟喧嘩真っ最中のヒュウガとヒカル、
さすがにここまで兄弟喧嘩続くのは両親も思ってなかったでしょうね。
まあ、それでもご飯だときっちりお兄ちゃんやる辺り、
ヒカルの方がやっぱり精神的には上ですね。
そんなこんなで次の日、レジェンドスーパータッグリーグ、
第3回戦、第1試合のヒュウガ&ヒカルVSアイガ&乱次郎の時が来て…
まずはヒカルVS乱次郎とヒュウガVSアイガがそれぞれ激突!!!
その最初のぶつかり合いを制したのはアイガ&乱次郎!!!
吹き飛ばされたハイペリオンとヘリオスは
アルティメットストームが回転するセンターに閉じ込められ、
脱出しようとするとアキレスとラグナルクが待ち構えて
脱出をさせないタッグバトル版のデッドグラビティです!!!
タッグバトルだからこういう戦法もしやすくなってます!!!!

そんな2人のリンチコンビネーションでピンチに陥るヒュウガとヒカルですけど…

って、ヒカルがわざとハイペリオンを狙いました?!!
でも、これはただの同士討ちじゃないです!!!
ストームプレートを利用した加速と同士討ちによる
加速でアイガと乱次郎の包囲網を突破が狙いです!!!!
これは上手いタッグプレイですヒカル!!!
包囲網を突破したヒュウガとヒカルは2人の力を合わせ、
フレアの発動と共にツインストライクでアキレスと
ラグナルクを同時にバーストし勝利!!!!
結構あっけなかったですけど、
あの包囲網突破は見事です!!!!
そして、2人の合わさったフレアに
闘志を燃やすレーン!!!!
でも、まだレーンの求めるレベルには
達していないと思います!!!!
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第43話(248話)「同士討ち!?リミットブレイクジエンド!!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第41話(246話)「白熱のレジェンドバトル!!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2871-c42bac0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)