FC2ブログ
07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第43話(248話)「同士討ち!?リミットブレイクジエンド!!」感想 

最強タッグを決めるレジェンドスーパータッグリーグ
第3回戦第1試合であるヒュウガ&ヒカルVSアイガ&乱次郎
アイガと乱次郎の抜群のチームワークを前にセンターに閉じ込められ、
苦戦を強いるヒュウガとヒカルだったが、ヒカルの機転で脱出に成功、
タッグ必殺「ツインストライク」でアキレスとラグナルクをバーストに初勝利をもぎ取り…

荒れ狂う魔王に赤き巨人が牙を剥く?!!

前回、アイガと乱次郎を相手に勝利し、
ついに初勝利をもぎ取ったヒュウガとヒカル
その時の感覚を忘れないように練習に励むようで…
2人のチームワークは不安定ではありますけど、
それでも連携必殺「ツインストライク」はレジェンドに通用する威力で、
今やリミットブレイクシステムでパワーアップもしている今、
上手く決まれば、逆転する事も十分に可能な連携必殺となっています。
そんな2人のタッグを素直に認めているバルトと乱太郎、
そして影ながら自分のおかげと言うワキヤ、
まあ、今回に限ってはワキヤのおかげが強いですからね。
一度目は兄弟喧嘩止めるの無理に終わりましたけど、
二度目はもう本当に後がないと念押しして対戦カード教えたりしたりと、
口を酸っぱくして後がない事を強調したのは効いたでしょうね。
主にヒカルに対してでヒュウガには効果なかったと思いますけど。
一方、2人のバトルを観ていたレーンは自分も気持ちに戸惑いを感じてるようで…
シュウの言うヒュウガとヒカルとバトルしたがっている発言は
割と的を得ている感じがしますね。
現時点でフレアを発動できるのはレーン、ヒュウガ、ヒカルで、
実力こそレーンの方が上でもヒュウガとヒカルは2人のフレアが
合わさる事でレーンにはない可能性がありますからね。
2人のフレアが成長し、合わさればレーンに届く気がします。
肝心のレーンは否定してますけど、それを否定せずに、
自身の思い違いと伝える辺り、シュウはレーンのメンタルを
最低限、気遣って動いている感じがします。
ここで違うと否定したら、レーンは意気地になって
今後のバトルで苛立ちを相手にぶつけて暴走する可能性もありますから。
そして、2人のやりとりを聞いていたヒュウガとヒカル、
ヒュウガとヒカル、レーンの強さは真逆ですね。
2人の強さは限界を超えて燃え上がる炎、
対するレーンは自分にも止められない程の強さで、
求めているバトルが出来ない故の苛立ちによる暴走パワー、
限界を超える為の強さと自分で制御できない暴走の強さは、
似ているようで違います。限界を超えて力を引き出す強さ、
対してレーンは強さに身を委ねた制御できない力ですから。
さて、そんな中、バルト&乱太郎VSフリー&シスコのバトルが始まって…
フリー&シスコに追い詰められてるバルトと乱太郎ですけど、
2人はそれすらも想定していたかのように、同じ機動と
同じスピードで外側を周回し、ストームプレートによる加速と、
デッキエリアを利用した急加速による空中から奇襲に成功!!!
連携必殺「シンクロライトニング」でファブニルとサタンを
オーバーフィニッシュしてバルト&乱太郎の勝利!!!
さすが付き合いが長いだけ合って息ばっちりです!!!
そして、2人のバトルを観て、
決勝で当たる可能性が高いとマークするシュウ!!!
シュウも2人とは付き合いが長いですし、
だいぶ前から警戒はしていたんだと思います!!!
実際、レジェンドの中で1,2を争うレベルなのは
バルトとシュウですから、バルトとコンビネーションが
出来る相手と組んでいたら寄り強くなりますからね!!!
さて、続く第3試合はレーン&シュウVSドラム&ルイで…
ワールドスラッシュで攻めるシュウに対し、
それをレイジングアッパーで易々とはじき返すルイ!!!
単純なパワーだとさすがにルイの方が上です!!!
そして、そんなルイに挑みかかるレーン!!!
1対1だとルイもレーンには負けない辺り、
ルイはレジェンドの中でも上位なのがわかります!!!
そんな2人のバトルに割って入るドラム!!!
この辺は誰とでも合わせられるドラムの強み!!!
まあ、単純に俺がレーンを倒すって感じで
追撃を仕掛けてきた可能性もありますけど!!!

そんな2人に追い詰められるレーンをシュウが助けに入ろうとして…
って、2人とも倒す気でいる為か邪魔者扱いして
スプリガンをはじき飛ばしました?!!
でも、これはシュウの狙い通りな気がします!!!
端から観ると仲間割れですし、実際にレーンは
本気でシュウを邪魔者扱いしていましたけど、
見方を変えれば、レーンを苛立たせる事で
自力でルイとドラムの包囲網を
突破させた雰囲気にも見えます!!!!

そんな仲間のシュウにも牙を剥くレーンですが、
シュウがレーンに対し、決める事を宣言して…
って、あえてルシファーを狙う事で意図的に
リミットブレイクジエンドを発動させて
ロンギヌスとドラゴンをバーストして勝利?!!
これはレーンの性格をシュウが熟知した上で、
レーンが言う事を聞く状況下を作り出して
サポートに徹している感じが強いです!!!!
ただ、レーンを否定するだけじゃ間違いなく
レーンは言う事を聞かないでしょう!!!
レーンに邪魔者扱いされて攻撃される事、
レーンが勝つチャンスを逃さない一面がある事、
そういった性格を熟知していないとレーンの
サポートや相手を倒すチャンスを
作るのは無理だと思います!!!
そして、そんなレーンとシュウのバトルから、
シュウがやりたい事を理解したらしいルイ!!!
多分、レーンのパートナーとなる事で、
レーンの暴走を抑えつつ、レーンに自身の
求めているバトルを気づかせる事が狙いな気がします!!!
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第44話(249話)「限界特訓!ジェットワイバーン!!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第42話(247話)「燃やせ炎(フレア)!ピターーッ!!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2872-cb7677e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)