FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ベイブレード バースト超王(スパーキング)第45話(250話)灼熱!漢気(おとこぎ)!ガチバトル!」感想 

レジェンドスーパータッグリーグ、ヒュウガとヒカルの不安定な連携から、
ワキヤはアイガと乱次郎、付いてきたドラムを加えたメンツと共に
ヒュウガとヒカルの特訓を直々にする事に、新たなワイバーン、
ジェットワイバーンの前に苦戦を強いるヒュウガとヒカル、
アイガと乱次郎とドラム、それでもツインストライクによる
オーバーフィニッシュでようやく勝利し、勝つ事も大事だが
目の前のバトルに集中する事も大事だとワキヤに教わって…

怒涛の4回戦回戦開始!!!!
偉大な炎を超えていけラグナルク!!!

前回、ワキヤとの特訓を終えたヒュウガとヒカル、アイガと乱次郎とドラム、
そんな特訓を終えてレジェンドスーパータッグリーグは4回戦に突入して…
って、いきなりフリー&シスコVSレーン&シュウ!!!
フリーはシュウとの激しい攻防でナッシングブレイクで
仕掛けるものの、シュウはストームプレートを利用した
急加速でファブニルに追いつき、一撃でオーバーフィニッシュ!!!
シスコもレーンとの受け流し対決で接戦するものの
スタミナ切れでスピンフィニッシュ!!!!
うん!!この辺は割と省略とは思ってました!!!
しかし!!レーンVSフリーと思っていたら、
シュウVSフリーとレーンとのリベンジの機会すら
なかったのは完全に予想外です!!!!
そして、この時点でシュウ&レーンの
決勝進出が決定しました!!!

さて、レーン&シュウに負けたフリーですけど…
やっぱりレーンリベンジできなかったのは心残りなんですね。
そして、バルトに対し、バルトならレーンの
心の渇きがわかるかもしれないと伝え去るフリー。
その渇きを少しでも潤す事ができるのなら、
バルトにはまだリベンジの機会があるのかもです。
一方、レーンとシュウの実力を再確認した
アイガと乱次郎、レーンともう1度バトルしたいと臨むアイガ、
一方の乱次郎は兄である乱太郎の元へ向かって…
乱次郎にとって超えるべき高い壁は兄の乱太郎なんですね。
思えばAランク昇格試合ではギリギリ勝ちましたけど、
レジェンドフェスティバルではラグナルク破壊かつ
乱次郎自身も腕の負傷で大会で戦う機会はなかったんですよね。
それが今、ようやく大きな大会で兄と戦う事が出来る、
決勝進出を狙うのももちろんありますが、
大きな大会で兄を超えるというのも目標にあるんでしょうね。
そして、4回戦第2試合、バルト&乱太郎VSアイガ&乱次郎の時が来て…
まずはバルトVSアイガ、乱太郎VS乱次郎!!!
歴代主人公同士、兄弟同士の激突!!!

兄弟対決の先制攻撃は兄の乱太郎ですが…
って、ストームプレートの中心に乗りました!!!
ストームプレートは急加速や急な方向転換と
上手く使えば相手を翻弄したりパワーアップできますが、
下手に使うと攻撃方向がずれたり予測不可能になるプレート!!!
しかし、スタミナタイプはセンターに上手く乗れば、
鉄壁の守りと持久を得る事にも繫がります!!!
ストームプレートの回転力を加えた乱次郎の新必殺
ハイパートルネードで乱太郎のラグナルクを飲み込む!!!
それだけじゃなく、アイガはハイパートルネードを使い、
自らその炎の渦に突入する事で急激に回転力を上げつつ、
上空からの攻撃も可能にするという連携向きの必殺でもあります!!!
乱太郎のラグナルクをバースとしてそのまま、
バルトのヴァルキリーに奇襲を仕掛けて、
ブレイヴソードも打ち破りオーバーフィニッシュ!!!
まさかのアイガ&乱次郎の勝利です!!!!
正直、兄として格とレジェンド最強格の
格をバルトと乱太郎が見せつけると思っていたので、
ここでバルト&乱太郎が2勝止まりになるとは思いませんでした!!!
しかし、逆に考えれば最終戦でレーン&シュウに
勝てるフラグも立ったとも言えます!!!
最後の試合でもし勝てればヒュウガとヒカルは、
最終戦で勝ったとしてもレーン&シュウに挑む為には
バルト&乱太郎と再戦してリベンジする必要が出てきますから、
バルト&乱太郎には次、勝って中ボス枠に入って欲しいです!!!
そして、今回のバトルのMVPは間違いなく乱次郎です!!!
乱次郎がハイパートルネードで連携取れる状況に
持ち込めなかったらどうなってたかわかりませんから!!!
さて、次はいよいよヒュウガ&ヒカルVSドラム&ルイで…
いきなり猛攻でヒュウガとヒカルを追い詰めるドラムとルイ!!!
単純なパワーだとレーン&シュウに次いで強力!!!
この2人に勝つには2人には足りない連携で
乗り越えるしかないです!!!
前回からワキヤから教えて貰った
全力で行く事で迷いが晴れた2人は
抜群のコンビネーションでツインストライクを…
って、テンペストブレイクとレイジングアッパーと
必殺技同士のぶつかり合いの中でリミットブレイク?!!
ツインストライクが進化してツインリミットブレイクに!!!
これはヒュウガとヒカルのみが出来る新連携必殺!!!
リミットブレイクとツインストライクを同時に発動する事で
より爆発的なパワーを生み出せるわけですね!!!!
ただ、ヒュウガとヒカルは運が良い方です!!!!
ドラムの全力はこの程度じゃなく、
ルイとのタッグじゃ全力以上の力は
出し切れませんから!!!
逆に言えば、GTの時の力を出し切れれば、
ドラムとルイのタッグはデルタとのタッグと
同格レベルかそれ以上になるとも言えます!!!
だからこそ、惜しいです!!!!
出来れば、最強状態の
ドラムを超えてほしかったので!!!

まあ、それは置いておいてヒュウガとヒカルの
バトルを観てレーンは2人のフレアは自身の
フレアと違う事に気づき始めたみたいですね。
レーンは暴走する抑えきれないフレアであり、
ヒュウガとヒカルは磨き続ければ輝き続ける、
原石とも言えるフレアですから。

スポンサーサイト



[edit]

« ベイブレード バースト超王(スパーキング)第46話(251話)「狂嵐!レイジングテンペスト!!」感想  |  ベイブレード バースト超王(スパーキング)第44話(249話)「限界特訓!ジェットワイバーン!!」感想 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2874-3bd25f46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)