FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

ベイブレード バーストDB(ダイナマイトバトル)第16話(273話)「激突覚醒!ヴァルキリーVSヴァルキリー!!」感想 

ラシャドの助言により、デスソロモンを捨てて
ロアバハムートを完成させてベルに挑戦したバサラ
その強さはベリアルの猛攻を耐えきり、
カウンターでベリアルをバーストして逆転勝利をする
立て続けに負けたベルはさすがに落ち込むものの
ベリアルの挑発的な励ましで復活する
そんなベルは練習場でバルトとラシャドが対峙する所を見て…

青と赤!!2つのヴァルキリーがぶつかり合う!!!

前回、BCソルの練習場でバルトとラシャドが対峙する光景を観たベル
どうやら、ラシャドがバルトにベイバトルを挑戦するようで…
バルトとラシャドの出会い、それはラシャドがバルトに
弟子入りする為にBCソルに入団した事が始まりなんですね。
ラシャドのバル兄呼びは年齢の差じゃなくて
尊敬の意を込めてバル兄と呼んでいる事も判明、
またラシャドはバルトに憧れてこそいるものの
同じレジェンドのフリーには眼中ない辺り、
筋金入りのバルトオタクというのはわかりました。
ただ、バルトに似てきたというのは違う気がします。
過去も今もバルトとヴァルキリーしか見えてなく、
同じレジェンドのフリーすら眼中にない辺り、
バルトとヴァルキリーに囚われすぎている危うさがあると思います。
バルトに憧れる余り他が見えなくなって、
その理想像が崩れた時にどうなるかわからない危うさです。
今でさえ、バルト関連だとバルトの対戦相手に関して辛口になりますし、
熱すぎて間違った道に進みかねない危険性があると思います。
そんな2人の関係の前にベルが実況を申し出て…
ベルもベルでバルト好きでしょう!!!
ベルはベルでラシャドをヘボ扱いしている辺り、
割と似た者同士のライバル関係気づけそうです!!!
それと改めてラシャド、バルト好き過ぎですよね?!!
セイバーヴァルキリーにしただけでなく、
ランチャーまでカラー以外は同じにしたって
バルト大好き依存ブレーダーじゃないですか!!!
というより、ラシャドの弱点がわかった気がします!!!
今のままじゃ、絶対にバルトは超えられないです!!!
何故なら余りにもバルトをコピーし過ぎているからです!!!
そもそもコピーしたとしても内面まではコピーできませんし、
バトルでのワクワクで強くなる性質までコピーは出来ず、
かといってラシャドのオリジナルのスタイルがあるわけでもない、
正直、良いバトルをする事はあっても勝てないと思います!!!

そんなわけでバルトVSラシャドのヴァルキリー同士のバトルが始まり…
バルトのセイバーヴァルキリーはローモードで、
ラシャドのセイバーヴァルキリーはハイモード!!!
両者、同じベイなのでスピードも互角ですけど、
早くもショットドライバーによるジャンプギミック&
変形ギミックでバルトのヴァルキリーを追い抜き
スピード勝負はラシャドに軍配あり!!!

さらにそこからのセイバースラッシュで
バルトのセイバーヴァルキリーを追い詰めて…
って、スタジアムの壁との摩擦で変化が?!!
セイバーヴァルキリー!!!
セイバーブレードはラバーが搭載され
ラバーによる反発力で相手を強く
はじき飛ばす事ができますが、
バトルを通し、ラバーが消耗して
一部が減る事で隠れた刃が解放され
より強力なアタックが可能となります!!!
この覚醒による反撃でラシャドの
セイバーヴァルキリーに相打ち覚悟の
一撃で僅かな差で先にラシャドの
セイバーヴァルキリーがバーストして
バルトの勝利です!!!!
ラシャドもこの性能には驚いた事から
ベイをコピーしただけで性能を完全に
把握しているわけじゃないみたいです!!!
そんなバルトの強さに改めて
ヴァルキリーは最高だと言う辺り、
本当にバルト&ヴァルキリー大好き過ぎです!!!
少なくともバルトに負けて落ちるタイプじゃないです!!!

一方、2人のバトルを見届けたベルは
バルトのヴァルキリーの覚醒で頭を抱え込んだようで…
まぁ、ベイがバトル中に覚醒するタイプは少ないですからね。
ベルが外の世界について詳しくないのを抜きにしても、
バトル中に進化するベイは現状だと、
ドラムがかつて使ったインペリアルドラゴン、
バルトの使う一部のヴァルキリーと少ないですから。
前のブレイブヴァルキリーも進化タイプですけど、
こっちは前の超王で完全覚醒済みなので
ベルがブレイブヴァルキリーは進化済みの
ベイと気づくのは無理がありますしね。
そんなバルトの強さに感化されたベルは
ようやく新たな一歩、更なるバージョンアップを思いついた様子、
これが完成すればバルトはまだわからなくとも、
少なくともフリーには完全リベンジできる可能性が生まれます。
一方のラシャドの方はバルトの凄さに憧れてはいるものの
自分には何かが足りない事には気づいているみたいですね。
ただ、それが何かまでは気づいてないみたいです。
自分ではバサラに強くなる為にソロモンを捨てろと助言しておいて、
肝心のラシャド自身はヴァルキリーにこだわる余り、
その先の強さにいけないというのは皮肉を感じます。
ラシャドは良くも悪くもバルトとヴァルキリーを信頼し過ぎてるんです。
もちろん、それが悪い事とは言いませんし、
現にバルトを追い詰める程の実力があります。
しかし、どれだけ憧れても、ベイもランチャーも
必殺技すら真似してもラシャドはバルトじゃありません。
バルトと全く同じバトルスタイルはできません。
現にバトル中の覚醒はラシャドには真似できませんでした。
使い続ければいずれは覚醒すると思いますが、
その頃にはバルトはもっと高見に入ってると思います。
ラシャドはバルトみたいにバトル中に成長ができない以上、
コピーした先の強さが出せないのが最大の弱点です。
幸い、シュートスタイルはラシャドのオリジナルですし、
バルトから離れない限り、ラシャドは壁に躓き続けると思います。
そんなこんなで1日が明けてベルは新パーツを完成させ…

その名もVギア!!!全身メタルのパーツで
ベンチャードライバーにセットする事で重量アップ、
更にラバー軸の周りに新パーツが入った事で
Vギア装備によるカウンター的な動きも可能となります!!!
あえて言うならダイナマイトベリアル 2ギアです!!!
Vギアはホビーではセイバーヴァルキリーに付属します!!!
スポンサーサイト



テーマ: ベイブレード

ジャンル: アニメ・コミック

[edit]

« アラタカンガタリ〜革神語〜第259話「出発」感想  |  アラタカンガタリ〜革神語〜第258話「離別」感想  »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/2897-502a135d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)