國崎出雲の事情 第四十幕「姫が笑みなら勇気百倍!!?」感想

清良の元師匠である薊師匠から彼が破門された理由を聞いた出雲、
そんな出雲は薊師匠に斬歌舞伎のチケットを渡す。
さらにその事で清良に問い質された出雲は
清良に対し後押しの言動をし…
出雲の言葉でさらにひねくれた清良はどう動く!?

今回はクラブサンデーで1日早く読めます!!!
さて出雲達が去った次の日の薊邸、
薊師匠は出雲から渡された清良の舞台のチケットを
竹に括り今まさに斬ろうとしていて…
やっぱり簡単には清良の事を許せないんですね。
でも斬る前に門の上から顔を上げて何しているか聞いてくる
玄衛達に妨害されちゃいましたよ。
さて清良について全部話したからこれ以上構うなと言う薊師匠、
そんな薊師匠にこちらで稽古、
出雲が頑張っているのに見てるだけなんてと答える紗英と玄衛、
そんな2人の返事に薊師匠は彼らにとって出雲は大切な人と思い…
って紗英、ガチ過ぎるセリフ来ました!!!!
そんな言葉じゃ足りないほどって…しかも乙女チックに!!!
早く出雲と会いたいと紗英と一緒に戯れる玄衛、
ゲームやりながらチビがいないと退屈と梅樹、
メイド…と呟く松樹、…改めて思うと出雲に惚れたメンバーが
全員出雲の事を同時に想うとなんかとすごいですね…(笑)
あまりの出雲愛に薊師匠は引いてますよ(笑)
男相手だぞ…と引いてますけど男だから良いんじゃないですか!!!
薊師匠がまだ常識人の部類に入るのはわかりましたけど
男キャラの良さが分からないとは…まだまだですね。

でもそこまで役者に好かれている役者も珍しいと感じた薊師匠、
師匠はそんな役者まで梨園から消そうとしているのかと清良に不安を抱き…
一方の斬歌舞伎役者のところでは出雲と伊織が衣装を着て気合い十分で…
…って今頃その事実に気づきましたよ出雲!!!
そう言えば女の格好が嫌で実家を飛び出したんですよね出雲、
それが街中で清良と知り合って、斬歌舞伎に興味を持って、
清良の本性しって、嫌がらせにもめげずむしろ火がついて、
それから薊師匠から清良を破門にしたわけを聞いてそれから…
…他人の事を放っておけなくなると最初の目的を忘れちゃう性分なんですね。
さてそんな事実に軽くショックを受けた出雲ですが
すぐに気を取り直して稽古場に入り…
って他の役者は私服のままなんですが!!!
どうやらまだ台本読みの段階との事、
しかし出雲達は衣装を着て練習と清良から言われたみたいで…
また清良の嫌がらせ!!!!
また地味な嫌がらせ来ましたよ!!!
地味ですけど女形嫌いな出雲には効果抜群です!!!!

さて斬歌舞伎の演目「ヤマトタケル」の説明、
どうやら出雲、伊織、清良の三人の役が絡むのは
第2幕「焼津」からみたいです。
主人公の小碓命役は薊清良、
命の妻の弟橘姫役は國崎出雲、
大君のタケヒコ役が佐倉伊織…
さっそく台本読みから取りかかるわけですが
稽古場には冷房がなく稽古の日に限って特に蒸し暑く…
…って出雲、女形の姿のまま暑さに耐えられず
胸元をチラチラさせて暑さをしのいでいるんですが!!!!
衣装と表情がマッチして余計良い男の色気を感じますよ!!!
斬歌舞伎役者は男と念押しし正気を保っているみたいですけど…
男だから良いんじゃないですか!!!!!
女性ならアウトです!!!!

さてそんな斬歌舞伎役者その他大勢は置いておいて
清良は時間がないという事で伊織と1度稽古合わせしておくと持ちかけて…
普段は無自覚性悪な清良ですけど演技に入ると
その姿勢は間違いなく本物の実力者、
破門にこそされど役者としての腕は確かのようです。
一方の伊織は剣の重みに上手く演技ができず…
…ってあの剣本物なんですか?!!!
清良曰く遊びじゃないからとの事、
だからと言って本物の剣を使うのはさすがにやり過ぎな気が…
さてそんなこんなで1度休憩になって…
出雲と伊織が元々演るはずだった波を見て2人とも大興奮してますよ。
出雲も女形が嫌いってだけで基本的にそこまで
歌舞伎自体がそんなに嫌いなわけではないですしね。
そんな楽しそうな出雲達を見て清良は苛立ちを見せ始めてます。
その事が清良にとって大変気に入らない様子、
そんな清良は出雲と2人きりで散歩を持ちかけて…
…ってそれプチデートじゃないですか!!!!
異性とのデートには興味の興の字も興味がないですけど
同性のしかも美形とのデートとは…
これはさすがに羨ましいです!!!!!

そんなプチデートをする出雲と清良、
そんな清良はさっきの波の話を持ちかけ…
出雲が波に興味が持っていた理由は
あんな大がかりなセットを見たのは初めてとの事、
確かに始めて見たとなると興奮したくもなりますよ。
そんな楽しそうに話す出雲に清良はヤマトタケルの演目で
出雲演ずる弟橘姫は嵐の中生け贄として波の中に消えていくと言い…
ってその話をし終えた途端、出雲を池に突き落としましたよ!!
その行動を隠れみていた斬歌舞伎のメンバー、
彼らもさすがにその行動はやり過ぎと思い始めましたよ!!
しかし清良は溺れる演技の実践と言い切ってますよ!!
しかも溺れた出雲は全く浮き出る気配なし…
これは本当にやばい?
って出雲、いきなり出てきて逆に驚かせましたよ!!
どうやら仕返し的な行動みたいです。
でもこういう子供的な出雲の行動も中々良いですよ!!
そんな常に笑っている出雲に清良はついに激怒し…
清良もすでに出雲にペース乱されぱなしですね。
そんなペースを乱されぱなしな清良に出雲は…
斬歌舞伎に誘われた時は素で嬉しかった事、
演目自体はすごく楽しみで
お客さんに観て喜んでもらうのは悪くないとか言いましたよ!!
その際の出雲の笑顔と来たらもう!!!!!!!

そんな出雲の100%笑顔に清良の心も動き始め…
歌舞伎が楽しいという言葉の激しく同様している模様、
清良が忘れているものがなんか見えてきましたよ。
これはもう清良が出雲に墜ちるのはもう少し?!
スポンサーサイト
category
國崎出雲の事情
genre
アニメ・コミック
theme
漫画
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/440-ab3bef29

サンデー48号 メイド×戦闘×魔法少女?

サンデーを読みました。 (以下ネタバレ有りのサンデー感想です。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 女神の見つけ...
  • 2010⁄11⁄01(月)
  • 21:40
  • ビヨビヨ日記帳2