イナズマイレブン第106話「最後の決戦!影山零治!!」感想

心の闇から解放された影山、天才的プレーセンスでチームをまとめるフィディオ、
そしてついにチームの元に戻ってきたキャプテンのヒデナカタ、
この過去最大最強のオルフェウス相手に苦戦を強いるイナズマジャパン、

円堂達はこの過去最大のライバルをどう迎え撃つのか!?
そして意外な結末が!!!!
いつもながら忙しいので簡易ですませます。
・ヒデナカタが加わった事で攻略できたばかりの
 カテナチオカウンターがパワーアップしてまた破れなくなりましたよ。
・ヒデナカタの強力シュート「ブレイブショット」来ました!!!
・鬼道は考えてやるより自分らしくプレーする方が
 天才ミッドフィルダーとしての力が発揮されるんですね。
 久しぶりに鬼道らしいプレーを観た気がします。
・イジゲン・ザ・ハンド改来ました!!!!!
・まさか引き分けで終わるとは…
・久遠監督が褒めるのは珍しいです。
・影山、自分から警察を呼び逮捕されましたよ。
 でもそれが影山が選んだ事で…
・鬼道と影山の会話が良い味出してますよ。でもその後で影山は…
・ゲームでは会話で影山死亡が判明しましたけど
 アニメでは事故(に見せかけた殺人)に合う瞬間の描写も入れるとは…
 ひび割れた影山の眼鏡が切なすぎです…。
・言葉にはださなかったですけどこれは相当に鬼道はつらいでしょうね。
 彼が片手に持っている影山の形見であるひび割れたサングラスが
 それを物語ってますよ…
スポンサーサイト
category
イナズマイレブン
genre
アニメ・コミック
theme
イナズマイレブン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/493-9148ea30