ぬらりひょんの孫 第21話「暁に」感想

自身がふがいないせいで猩影を止める事ができず悔やむリクオ、
しかしそんなリクオに渇を入れたのは最初に杯を交わした鴆だった。
昼も夜も関係ない、リクオだからこそ杯を交わした鴆の
渇のおかげで完全に吹っ切れたリクオ、
彼はつらら、黒田坊、首無、青田坊とも杯を交わし結束を固める。
そして四国妖怪達も最終決戦に備え最終準備に入っていて…
四国に行ったぬらりひょんと納豆小僧は隠神刑部狸と会い、
東京に戻る事にしたわけですがその最中、
前回から名前が上がっている魔王の小槌についての説明がありましたよ。
どうやら隠神刑部狸が若い頃に人間に挑んだ事があり
戦力的にも自分達が有利だったみたいなんです。
しかし人間側には一本の刀がありその刀一本で
狸妖怪達は殲滅させられたとの事、
その刀こそが魔王の小槌だったんですね。
しかも魔王の小槌は斬った者の血と憎しみを力とし強化していくとの事、
これまた厄介な妖刀を玉章が手に入れたわけですね。
しかしどうやってそんな妖刀を手に入れたのか?気になります。
一方の奴良組サイドでは1匹の烏天狗がボロボロになりながらも
奴良組本家に辿り着いて…
まさか三羽烏とその父の烏天狗以外に烏天狗がいるとは思いませんでしたよ。
そんな烏天狗は元々は待避命令がでていた場所の妖怪だったんですが
情報を伝える為に最後まで残っていたみたいです。
その烏天狗が何故ボロボロになりながら本家に?
それは四国妖怪達が本格的に集まってきているからなんですね。
その事から次が決戦という事をリクオ達は理解しましたよ。
さていよいよ決戦が近いわけですがそんな中
カナの前に玉章が現れて…
リクオにもう彼の周りの人間を襲わないと言ったのに
何故カナの前に?
どうやら玉章はリクオが守ろうとしている人間を知りたかったらしく…
しかし玉章は自身とそいつ(夜のリクオ)は似ているとか言い出しましたよ。
確かに同じ妖怪ですけどリクオと玉章は根本的なところが違うんですけどね。
当然カナもその事を否定しますが…
カナも夜のリクオについては詳しくしらないんですよね。
知っていたらリクオがその夜のリクオだと気づいているはずですし。
そこにゆらが乱入してきて…
ゆらからしたら奴良組と四国妖怪の戦いは同士討ちみたいなものなんですね。
でも人間を傷つけるなら容赦しない、陰陽師らしい考えですね。
まあリクオ達は人間を傷つける気は全くないですけどね。
まあなんにしてもゆらの登場で玉章は去っていきましたよ。
一方の奴良組サイドでは四国妖怪に供えみんなが供えていて…
でもやっぱりみんなピリピリしてますよ。
そんな中で鴆は彼自分達から攻めようと考えますが…
それを牛鬼が止めましたよ。
牛鬼って1度謀反を実行したキャラですけど
なんだかんだでリクオの意志を1番尊重しているキャラなんですよね。
それに一つ目入道と違い落ち着きがあって頼りになりますし。
しかしその話の中心のリクオは玄関でどっしりと構えていて…
って杯を飲むかどうか勧めてきたんですが!!
これは確かに一つ目がイライラするのも納得です。
でも逆に言えば自分達の勝利を信じて疑わない
絶対的自信にもとれるんですよね。
さて今度は四国妖怪サイドですが…
って玉章、自分の仲間の妖怪を
斬り殺しまくっているんですが!!

魔王の小槌の力を上げる為とは言え仲間のはずなのに…
それはそうと四国妖怪サイドでまだ戦線にでてない
怪しげな妖怪がいるんですけどあの妖怪の実力も気になります。
そして再びリクオサイドなんですが
リクオの出陣に一つ目が止めに入って…
珍しく一つ目と牛鬼の話が合いましたね。
具体的なところは違いますけど(笑)
牛鬼はリクオの百鬼夜行だけを連れて行くならと
一つ目より柔軟な考えですよ。
しかしリクオがまさか助っ人を呼んでいたとは。
それにしてもその妖怪達を敵が攻めてきたと思い
慌てふためく一つ目がだらしなさ過ぎます。
さてリクオについて行く妖怪は一気に増えましたよ。
僕らの牛頭丸&僕らの馬頭丸も出陣しそうですし
リクオの百鬼夜行VS玉章の百鬼夜行の全面対決の準備が
ようやく整った感じです。
スポンサーサイト
category
ぬらりひょんの孫
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/539-32b6b2e2

◎ぬらりひょんの孫#21暁に

ぬらりひょんとオオダヌキが話す。タマズサの名を与えたが、タマズキに名前を変えて玉座を狙うようになってしまった。傷ついたカラステングが戻ってくる。敵が迫ってきてると報告し...
  • 2011⁄05⁄21(土)
  • 16:02
  • ぺろぺろキャンディー