イナズマイレブン第111話「魔王降臨!ダークエンジェル!!」感想

なんとか魔界軍団Zから春菜を取り戻す事に成功した鬼道達、
円堂達とも合流し全ては終わったかのように見えましたが
鬼道達が魔界軍団Zと戦った際に
発生したエネルギーで魔王が完全復活してしまい…
天空の使徒が魔界軍団に飲み込まれた時、

堕天使と化した魔王が降臨する!!!
さてついに魔王が復活したわけですけど何故かそこには
魔界軍団Zと敵対していたはずのセイン達の姿が…
どうやらセイン達は魔王復活阻止に向かった際に
逆に飲み込まれ操られているみたいです。
うっすらと意識が残ってましたけどそれも本当に一瞬です。
そして魔王の正体、魔界軍団Zと天空の使徒が
1つになったチームこそ魔王「ダークエンジェル」だったんです。
そんな事実を突きつけられた円堂達、
しかしセイン達とのサッカーでわかり合ったはずなので
その事実を受け入れられずにいて…
受け入れられないのはわかりますけど
それならなおさら彼らをサッカーで倒し
洗脳を解かないといけないです。
さてダークエンジェルはより強力な力を得る為に
円堂達の力に眼を付けて…
彼らが選んだ11人が彼らとサッカーで戦う事になりましたけど
何故その中に風丸がいないんですか!!
風丸もFFI編から結構活躍しているんですよ!!!

ぼやいても仕方がないので感想に戻りますけど
ダークエンジェルに選ばれた11人は…

・円堂
・豪炎寺
・鬼道
・吹雪
・不動
・壁山
・ヒロト
・鳶鷹
・虎丸
・フィディオ
・テレス


世界のライバルは意外にも2人ですね。
もう1人入っても良いと思ってたんですが。
さて魔王を阻止する為の試合がついに始まり…
さすがは天空の使徒と魔界軍団Zが
1つになったチームなだけはあります。
しかも合体前より格段に強くなってますよ。
鬼道達を糸も容易く抜き去りセインとデスタは
連携必殺シュート「シャドウ・レイ」を放ち
円堂のイジゲン・ザ・ハンド改を簡単に打ち破りましたよ。
その圧倒的力にみんなは唖然としてますよ。
そして性格が変わり果てたセインに対しても円堂は動揺してますよ。
でもその場に勢いを取り戻したのは不動ですよ!!
取られたら取り返す、サッカーでは当たり前の事ですけど
それに対し人一倍熱いのが不動なんですよね。
団結力がなかった頃から今も変わってない事が1つあるんですよね。
それは不動の最大の個性であるハングリー精神、
イナズマジャパン、世界のライバル達も含め
そのハングリー精神は1,2を争う程だと思います。
そんな不動のハングリー精神からみんな熱さを取り戻しましたよ。
鬼道と不動の連携ドリブル技「キラーフィールズ」は
サタナトスの「ゴー・トゥー・ヘル」に破られましたけど
テレスとフィディオが隙を作りそこを狙い吹雪が
スノーエンジェルを使いボールを奪う事に成功、
円堂達もまだまだ負けてないですよ。
そのまま吹雪は前線にでて…
豪炎寺との連携必殺「クロスファイアV2」来ました!!
しかもいつの間にかV2に強化してますよ!!
でもダークエンジェルのゴールキーパーのアスタロスの
「ジ・エンドV2」の前に容易く破れましたよ!!

向こうの技も進化している者がいるみたいです。
それにしてもリカ…
自分からダークエンジェルに暴言言って眼を付けられたら
塔子と春菜の魂の方が美味いって…
やっぱりリカってヒロインポジションは絶対向いてないですよね…
完全に塔子と春菜を怒らせて万が一の時は
リカを真っ先に生け贄にさしだす気ですよ。
でもこれは仕方ないです!!!
さて再び試合の方に戻りますが不動はサタナトスの
デビルボールに翻弄され
ボールは再びセインとデスタの元へ渡り再びシャドウ・レイを放ち…
壁山のザ・マウンテン、鳶鷹の真空魔で威力を弱め
何とかイジゲ・ザ・ハンド改で防げる程に
ダメージを軽減させる事に成功です。
でも逆に言えばそれだけしないと
シャドウ・レイを防ぐ手だてはないって事なんですよね…
勝負はダークエンジェルの圧倒的なプレーで
DF陣とMF陣、GKの円堂のスタミナがかなり削られてますよ。
それを心配した虎丸は自分達もDFに参加した方がと言いだし…
でもそれを不動が止めましたよ。
こういう時こそみんなで協力するのが大事と言う虎丸に
不動は前線に集中するように言いましたよ。
これは前回の魔界軍団Zとの試合でFW、MF、DFの役目の重要さを
改めて再確認したからなんだと思いますよ。
FWは点を入れるのが目的のポジション、
守りに加わったら攻撃力が下がりますし。
鬼道も不動の考えに乗り豪炎寺、
ヒロトに前線に集中するように言い守りは今のまま試合を再開し…
っていきなり不動、スタミナ切れ
ギリギリの状態なのに
セインとデスタを挑発しているんですが!!

案の定彼らは不動の挑発にあえて乗りラフプレーを決めに入りましたよ。
でもまさかそのボロボロの状態のままボールをカットするとは…
自分の身体をも利用する不動らしいプレーです。
本当にボロボロなら相手も油断が生まれますしね。
そのボロボロの状態のまま鬼道にパス、
鬼道は豪炎寺にパスと連携必殺の準備が整い…
グランドファイアG2来ました!!!!
G2にパワーアップしてますよ!!!
そしてジ・エンドV2を破り同点にしましたよ!!!

しかし不動、本当に良くやりましたよ。
お得意の相手を苛立たせる口調と自信で
デスタ達の苛立ちを上げ、
自身は全身でボールを受けボールをカット、
まさに不動という感じです。
さて点を取り返し前半も終了したわけですが
同じ方法が通用するとは限らないんですよね。
点を取り戻したと言っても相手が強いのは変わらないんです。
ダークエンジェルのラフプレーにボロボロになっていく円堂達、
DFやMF陣が限界だと感じた豪炎寺達FW陣も守備に加わりますが…
防戦一方ですよ…。豪炎寺達もラフプレーを受けボロボロに。
そして勝ち誇るダークエンジェル、
サッカーって点を入れずにラフプレーで潰すスポーツだったんですね…
そんなダークエンジェルに円堂はボロボロながらも立ち上がり…
そうです、サッカーはラフプレーで相手を潰すものじゃないんです。
サッカーは楽しみ、仲間と共に強くなっていくものなんです。
そんな自分達のサッカーを認めない円堂に
セインとデスタは再びシャドウ・レイを放ち…
ってここで円堂の「イジゲン・ザ・ハンド」パワーアップ!!
真イジゲン・ザ・ハンド来ました!!!
あのシャドウ・レイを受け流しましたよ!!!

これにはダークエンジェル陣も度肝を抜いてますよ。
そのままボールはフィディオに渡りフィディオは
オーディーンソードを決め、
そのオーディーンソードを豪炎寺達は
グランドファイアG2で強化しましたよ!!!
対するアスタロスはジ・エンドV3で対抗、
あの短期間でV2からV3にパワーアップしましたよ!!

でもオーデイーンソードのパワーもあるので
打ち破ることには成功…
でもセインとデスタが蹴り返し…
でもそこに円堂が突っ込んで
「メガトンヘッドG3」来ました!!!
円堂が単独で使える唯一のシュート技ですよ!!!
これで逆転!!そして試合終了ですよ!!!
これで戦いが終わりセイン達も正気を取り戻しましたよ!!

さてセイン達は使命に従いデスタ達を封印しようとしますが…
でも円堂が止めましたよ!!!
そう、サッカーは使命でやるものじゃないんですよ!!
サッカーは仲間と共に正々堂々ライバル達とぶつかり合い、
楽しんでやるものなんです!!

サッカーバカ全開の円堂らしい言葉です。
でもセインを止めている間に魔界軍団Zには逃げられましたよ。
しかもデスタ達前々改心してないです!!
でもそれのおかげでセインは自分達が操られた理由に気づき…
セイン曰く自分達が魔界の者達を憎むあまり
そこをつけ込まれ魔王にさせられてしまったらしいです。
そこから出したセインの結論、それは魔王とは
自分自身の醜い心そのものだったみたいです。
確かに人の心は時に魔王と呼ぶに相応しいものなのかも知れないですね。
さてこれで本当にライオコット島の伝説の一件は終わり
フィディオには決勝まで勝ち残ろうと約束して
みんなと別れましたよ。
なんか深夜枠バリに詰め込みすぎな気がする
天空の使徒と魔界軍団Zとの一件でしたけど
今後活躍するかわからないキャラ達も活躍して
中々楽しめましたよ。
円堂はイジゲン・ザ・ハンドを真に、
メガトンヘッドをG3に強化できましたし、
豪炎寺と虎丸とヒロトの連携必殺「グランドファイア」はG2に、
豪炎寺と吹雪の連携必殺「クロスファイア」はV2に
パワーアップしましたしみんなのレベルも確実に上がりましたから
これは次のブラジル戦が楽しみですけど…
って夏未がイナズマジャパンのマネージャーを止めるって?!!
でもその笑顔のサヨナラは別れではなく
むしろ前に進むための笑顔だと思います。
さて次回から本筋のストーリー再開です!!
スポンサーサイト
category
イナズマイレブン
genre
アニメ・コミック
theme
イナズマイレブン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/569-c04d4d85