アラタカンガタリ~革神語~第106話「幼なじみの2人」感想

ミクサが実は女性である事、本当は秘女族じゃない事を知った革、
彼女が幼い頃に神開の森で拾われたという事も聞き
革は彼女こそ織部と入れ替わった現実世界の人間だと思い…
どうやらこの事実はミクサラブなラミも知らない様子、
まぁ彼女ならミクサが実は秘女族じゃないと知っても
態度を変えるとは思えないですけどね。
まぁ多少は驚くかも知れないですけど。
さて前回ラストのミクサの秘密を聞き
彼女が織部と入れ替わった人間と思いましたけど
織部と入れ替わった人間とは限らないので
その事実が言い出せない様子、
まあいくらあの話で核心に近づいても
15年前の事ですしミクサも赤子の頃の話なので
そう簡単に織部と入れ替わった人間と
決め付けるわけにもいかないんですね。
さて布で隠したと言ってもミクサは女性、
彼女が着替え終わるまで一旦離れますが…
そこで話を聞いてしまったコトハと遭遇しましたよ。
コトハも革とミクサの会話でミクサは
実は現実世界の人間だと知ってしまった様子、
そんな彼女は革と結ばれる選ばれし女性と思い…
でもそれはコトハの中だけの結論、
その発言に革は熱く反論し…
まぁミクサが女性と知っても彼が好意を抱いているのは
ミクサじゃなくコトハですからね。
でもそんなナイスタイミングで着替えを終えたミクサが登場、
その先のセリフは見事に言いづらい状況になりました(笑)
そんなわけでコトハはミクサが来た事で去りましたが…
そう言えばミクサの事実で忘れてしまいましたけど
元々はミクサに彼女の武器の天通力の一部を
別の物に移してもらえるように頼みに来たんですよね。
でもそれはカンナギが少しでも戦えるようになわけであって…
ミクサ的には快く思わないはずですけど
ミクサは革がどんな男かもう理解しているんですよね。
優しさと強さを兼ね備えた男であると。
そんなわけで彼女の武器の中の天通力の一部を
革の持つストラップに移す事に成功して…
これでカンナギも戦えるようになったわけですけど
カンナギは受け取る気が全くない様子、
まぁカンナギからしたら秘女王の天通力の一部が
宿った武器なんて使いたくないでしょうね。
秘女王を斬った張本人ですし。
でもヤタカは素直に受け取るべきとカンナギに言いましたよ。
まあ今のカンナギじゃとてもじゃないですけど
アカチに対抗はできず、むしろアカチ関連だと
突っ走る可能性大な以上、足を引っぱりかねないですからね。
ヤタカの説得もありカンナギは渋々
天通力の宿ったストラップを受け取りぼそっと試しますが…
全く発動する気配がないんですが!!!
革が試しに使った時は使えていたのに!!!
やっぱりヤタカの言うように
心の持ち方がアレだからなのでしょうか?!(笑)

さてここからは次の領土であるハニヤスについて
そしてアカチについてヒルハとヤタカが説明、
ハニヤスはアカチの領土で地底にある領土で
進入も難しくアカチはカンナギを待ちかまえている以上、
かなり進入が厳しいという事、
アカチは大王争いを最初に仕掛けた男で
その為には他者の領土の人間も平気で皆殺しにする男でもあるので
アカチの属鞘も実戦が得意な鞘達の可能性は大いにあり得ますね。
そしてアカチについての事実はヤタカが説明、
まさかカンナギとヤタカが幼なじみとは!!
これはますます革が入れる状態じゃなくなりそうです!!

こういう旧友同士の問題は人が安易に入るべき問題じゃないですし。
まあカンナギがかなりやばい状態なら
革は迷わず助けに入ると思いますけど。
とにかくカンナギにとってアカチは
本当にやりづらい相手なのはわかりました。
自身の領土の人間を皆殺しにし、
属鞘達を力づくで降した男、
それだけならまだ良かったかも知れないです。
でもアカチはカンナギの幼なじみ、
いくら自身の領土の人間を皆殺しにして
自身の属鞘を力づくで降した相手と言っても
旧友な以上、迷わず戦うのは難しいはずですから。
そして幼なじみのカンナギを降そうとするアカチ、
革と門脇は仲違えしたのは明白ですけど
アカチとカンナギの間に何があったのかはわからないんですよね。
その事についてヤタカも疑問を抱いているようですし。
いずれにしてもカンナギとアカチの因縁の戦いは
そう遠くないのは間違いないと思います。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
genre
アニメ・コミック
theme
漫画の感想
Relation Entry

Comment

革が自分の姿がどう見えるかミクサに確認するなどして
事実がどうか確認しなかったのは
「織部と入れ替わったのはミクサじゃない」という
大ドンデン返しの伏線ですかねぇ~
それとも本当に織部とミクサは入れ替わったのですかねぇ~
  • 2011⁄01⁄14(金)
  • 13:41
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 革が自分の姿がどう見えるかミクサに確認するなどして
> 事実がどうか確認しなかったのは
> 「織部と入れ替わったのはミクサじゃない」という
> 大ドンデン返しの伏線ですかねぇ~
> それとも本当に織部とミクサは入れ替わったのですかねぇ~
まあ同じ時期に二度も同じような現象が起こるのは
考えづらいですしなんとも言えないです。
  • 2011⁄01⁄15(土)
  • 20:19

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/624-b96bd22d