Starry☆Sky第6話 「~Episode Pisces II~」感想

病弱な少年時代を過ごした七海哉太、
そんな哉太の心はいつも1人だった、
しかし哉太には自身の事を心配し、
怒ってくれる大切な2人の友人達がいた、
そんな3人は高校まで進学し…
星月学園に入学日当日、
哉太と鈴也ははぐれた月子を探していて…
慣れない場所だから月子は迷っちゃったみたいですね。
そんな月子を連れて来たのは生徒会長の不知火一樹で…
おそらくこの時についでに月子を
生徒会役員にスカウトでもしたんだと思います(笑)

そう言えば哉太は小学生時代に一樹と会い、
彼から友人達を守る為のケンカの仕方を教えてもらったんですよね。
でも一樹は多少意識した程度で知らない素振りで
哉太もその時の人物と同じ人とは思ってなさそうですね。
さて月子と合流しましたけど月子って
自分以外の女子がいなくて自分以外は男子の学園に
やっぱり戸惑っているんですね。
だからこそそんな月子を幼なじみの哉太と鈴也は
彼女の側にいて守り続けようと考えているんですね。
でも当の月子は何かあっても悩みがあっても
誰にも打ち明けず自分の心の中に押さえておく性格なんですね。
それは昔からみたいで…
つらい事があっても笑ってみせる、
それは哉太も同じなんですよね。
自分の病の事で誰かに守ってもらうのが嫌で強がる、
根本的なところこそ違えど2人は似た者同士なのかも知れないですね。
だからこそ哉太の心の中の月子に対するセリフは
響いてくるのかも知れないです。
そんなある日の夜に哉太は月子と会い…
その時、月子は珍しく涙を流しました。
相当無理してたんですね。
おそらく哉太以外他の誰もいない状況だからこそ
弱さを見せたのかと…。
それでも泣いてないと強情な月子にちょっと呆れ気味な哉太、
でもまあ哉太には言われたくないと思いますけど。
似た者同士で幼なじみだから見せた一面ってところですね。
さて次の日、哉太は珍しく月子より早く学校に来ていて…
ちょっとした会話が続きましたけど
最後に月子は哉太にありがとうと告げましたよ。
あの時は言わなかったですけど
昨夜の一件はやっぱり嬉しかったんですね。
そんな月子の性格を良く理解し
彼女が弱音を吐くのが下手と知っているから、
それはまさしく幼い頃の自分と重ね合わせていると思います。
哉太は幼い頃に月子、鈴也にかなり助けてもらい
守ってもらっていたわけですから。
幼い頃の自分も弱音を吐くのが下手で
辛い事も自分の中だけに閉まっている、
その辛さを知っているからこその想いも強いと思います。
そして第1話の終盤に繋がり…
ここで羊エピソード前後半と繋がりましたね。
ただ1つ違う事は今回は哉太の視点で描かれているという事、
やっぱり羊が哉太達とうち解けるまでの空白の1ヶ月が
飛ばされるのは痛いですけど
それでも哉太視点としては良く描かれていると思います。
昔は3人仲良く一緒にいた、
でも今はそこに羊が加わって4人一緒になったんですよね。
しかし羊の月子に対する甘えっぷりとか観てると
やっぱり和みますね。羊のああいう感じのテンション、
けっこう好きです。結構好みの容姿ですし。
そんな羊も加わって4人組になった哉太達、
哉太は3人より長く生きるのは
無理と理解しているのは今も変わらないです。
でも哉太はせめて3人が幸せになるのを見届けてからいう
願いができたんですね。
誰かが側にいる事の幸せを知っていて、
その誰かの幸せを見守り続ける男、七海哉太、
彼はこれからも3人と共に生き、
みんなを見守り不器用な優しさで包むんでしょうね。
次回はスタスカでの出番はナンバー1な
生徒会長の不知火一樹がメイン、
実は羊エピソード以外、
今のところ全てのエピソードに絡んでいたりするんですよね。
その行動は思いつき、でも結構謎が多い男、
一樹がどういう風に描かれるのか楽しみです。
スポンサーサイト
category
Starry☆Sky
genre
アニメ・コミック
theme
Starry☆Sky
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/653-70123a4e

【アニメ】Starry☆Sky #6~Episode Pisces II ~「泣きやむまで、そばにいてやるよ」

「そばに居ることしかできないけど、そばに居ることはできるからさ。  俺にはそれしか出来ないから」 恋愛ルート皆無/(^o^)\  ↓  ↓
  • 2011⁄01⁄27(木)
  • 19:05
  • マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

Starry☆Sky 第6話 ~Episode Pisces II~ 

 やさしい哉太がいいですね。
  • 2011⁄01⁄27(木)
  • 21:49
  • つれづれ

Starry☆Sky 第6話

いよいよ星月学園の入学式-----------!!でも、早速月子が校内で迷ってしまったよう。そこへ一樹が現れ、どうやら月子を見つけてくれ、案内してくれたよう。知らないフリ?一樹のこと...
  • 2011⁄01⁄27(木)
  • 22:17
  • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

『Starry☆Sky』#6「~Episode Pisces II~」

「あいつらのおかげで俺がいた」 前回はひたすら哉太が心配だったけれど、今度は月子の心配をする羽目に~。 さすがの月子も男子ばかりの「星月学園」に入学してからは、 緊張や不安でいっぱいだったようで! けれど、弱音をはかない月子… しかたなく、哉太と錫也...
  • 2011⁄01⁄27(木)
  • 22:42
  • ジャスタウェイの日記☆

Starry☆Sky 第6話~EpisodePiscesII~

Starry☆Sky 第6話~EpisodePiscesII~「傍にいる事しか出来ないけど、傍にいる事は出来るからさ」公式HPより「泣きやむまで、そばにいてやるよ」入学式当日。月子が哉太と...
  • 2011⁄01⁄28(金)
  • 00:12
  • SOLILOQUY

Starry☆Sky #6

●七海哉太メイン この学園に入りたいんですが。。 月子ちゃん可愛い。 本人はのんきなようで(笑) で、誰?会長?(冬やってないのでイマイチわからん) さりげなく男前。てかよく出ますね。 右手前のモブさんは双子?(笑) 逆ハーレム状態だから注目されまくりだ?...
  • 2011⁄01⁄31(月)
  • 23:54
  • 朔夜の桜

◎Starry☆Sky第6話EpisodePiscesII

カナタとスズヤが誰か探す、そして、ツキコ発見。カズキに道を教えてもらってた。そしてカナタがツキコを心配する。公園で泣いてるツキコ発見。泣き止むまで側にいてやんよ。やんよ...
  • 2011⁄08⁄09(火)
  • 00:16
  • ぺろぺろキャンディー