イナズマイレブン第116話「驚異!リトルギガント!!」感想

FFI優勝候補ブラジル代表「ザ・キングダム」を
ガルシルドから解放し、彼らの迷いを吹っ切り
全身全霊で挑んだ末にザ・キングダムを破ったイナズマジャパン、
そんな死闘の次の日、もう1つの準決勝
イタリア代表「オルフェウス」と
コトワール代表「リトルギガント」との試合が行われ…

リトルギガントの底知れぬ強さ、
そしてその秘密が明らかとなる!!!
しかしいきなりイナズマジャパン、寝坊とは…。
まああれだけの死闘をしたので疲れているので無理ないですけど。
さて寝坊の為遅れて試合会場に到着しますがそこで目にしたのは…
オルフェウスが丁度負けたところなんですよね。
しかも前後半合わせてかなりの点差を付けられて…。
オルフェウスはグループAでイナズマジャパンと戦い
引き分けで終わった競合チームでそのオルフェウスに
圧倒的力を見せたリトルギガントって…。
それはそれとして…
ゲーム同様にナカタは参戦してなかったんですか!!
OPのフィディオとナカタの練習描写一体なんだったんですか?!
もうナカタも参戦するとばかり思ってましたよ!!

さて円堂はフィディオから約束を果たせなかった事への謝罪、
リトルギガントの強さを教え…
リトルギガントのキーパーにしてキャプテン、
ロココは必殺シュートを技も使わず止める程で
向こうのFWは必殺シュートなしで点を決める程、
さらにフィディオが言うには自分達の動きが
分析されているみたいで…
その理由はフィディオ達と別れてからわかりました。
リトルギガントには強力なオペレーターがいたんです。
しかも円堂が良く知っている人物、
雷門夏未だったんです。
かつての仲間が他国チームのオペレーターとして
いる訳ですから驚くのも無理ないですよ。
しかしこれでオルフェウスの動きを完全に詠み
圧勝したのか理解できましたよ。
さらにリトルギガントの監督が円堂が以前あった
あの老人という事も知りましたよ。
アラヤ監督、しかしその本当の名は…
まあいずれにしても夏未が相手チームの
オペレーターになった事にショックを隠せない円堂は
そのまま宿舎に帰ってきましたが…
待っていたのは鬼瓦からの電話でした。
ガルシルドに逃げられた事、
その際にケガを負ってしまった事、
ザ・キングダムをイナズマジャパンが倒した以上
ガルシルドはイナズマジャパンを狙ってくる可能性も
大いにあるという事を伝えましたよ。
まあなんにしてもゲームと違い
すぐに無事を確認できてなによりです。
さて円堂達に伝える事を伝えた鬼瓦は
電話を切りましたがそこに意外な来訪者が来て…
やはりアラヤ監督の正体は円堂の祖父、
円堂大介でした。
これには鬼瓦も驚きを隠せないですよ。
40年前の思い出に老ける大介と鬼瓦、
そこで大介は自分が今までなにをしていたのかを告げ…
家族を巻き込まない為に自分は死んだ事にして
海外へ身を隠した大介はその後、
自らの教え子であった影山を裏で操っていた男、
つまりは黒幕のガルシルドまで気づいたんですね。
そして彼は1人でガルシルドと戦い続けたと…。
そんな中、ロココ達を育てリトルギガントを結成、
最強のチームへと育て上げたわけですね。
当初、自身を訪問しに来た夏未も最初は
人違いという事で追い返そうとしましたけど
彼女が雷門総一朗の娘と聞いた事で
正体を認め自分が今まで戦い続けた事を教えたんですね。
そして夏未はリトルギガントの選手達に
円堂達雷門イレブンと重ね合わせ、
大介に円堂守の事を教えたわけですね。
つまりアジア予選決勝前に届いたあの手紙は
夏未が大介と接触した直後に出したわけですね。
そんな大介に円堂と同じサッカーへの想いを感じとった夏未、
やるべき事も終えたわけですが…
なるほど、夏未は今のイナズマジャパンは
自分がいなくても大丈夫と考え、
自らリトルギガントの手伝いへ志願したわけだったんですね。
これはもしかすると夏未なりとサッカー魂なのかも知れないです。
さて鬼瓦と別れた大介達、
そこで響木監督の見舞いに訪れた円堂達と出会い…
他のメンバーもやっぱり夏未がリトルギガントのオペレーターに
なっている事に驚いているみたいですね。
でもそんな中、リトルギガントのメンバーの1人から
コトワールエリアが何者かに襲われていると聞き…
それはすでにニュースになっていて
コトワールエリアは大惨事ですよ。
そしてコトワールエリアを襲う集団はやはり…
スポンサーサイト
category
イナズマイレブン
genre
アニメ・コミック
theme
イナズマイレブン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/665-75736d52