Starry☆Sky第12話「~Episode Gemini II~」感想

誰よりも大切だった姉を失った過去を持つ水嶋郁、
愛しても失ってしまう絶望、
それ故に郁は恋愛をゲームとしか見れなくなり…
それは姉の有李が生きている時の出来事が関係していました。
姉の有李は雰囲気的に星月先生に
好意を抱いている感じがあるみたいです。
だから郁に星月先生に好きな人がいるか聞いたわけですね。
さて姉の有李は郁のラジオのリスナーでもあったんですね。
というより郁って昔音楽系のラジオをやっていたみたいです。
雰囲気からしてプロの歌手って感じがします。
そんな風に郁のリスナーの1人と伝えた有李に
郁は改まってありがとうと告げましたよ。
些細な会話ですけど有李の寿命は短いので
そういう些細な会話は大事と…。
そんな中、有李は星月先生に告白した事を告げましたよ。
でもそれから気まずくなり中々来なくなったらしく…
告白の返事を返されたわけじゃないですけど
返事がもらえない可能性の方が高い事は有李はわかっていたんですね。
自分はいついなくなるかわからないから、
有李は決して想いが届かない恋をしているわけです。
それでも想いが届かなくても想い続ける有李、
そしてそんな有李の最期の日が訪れて…
有李は死を覚悟してましたけど
郁はその覚悟ができてなかったんですね…。
それだけ姉が好きだったわけですし…。
そんな郁に有李は昔3人で一緒に星を見に行った時の頃の話をして…
それは生まれ変わっても郁の姉でいたいと告げた事、
郁も有李の弟でいたいと告げた日の事、
でもあの日はもう戻らない…
そんな思い出話をした有李は郁に
星月先生の事を任せ郁に大好きだったと告げて…
息を引き取りましたよ…。
その悲しみはとても深いものなんですね…。
さらに郁に追い打ちをかけるかのように
郁は喉を壊してしまい姉が愛した歌も歌えなくなったって…
郁がああなったのも無理もないです…。
そして郁は月子に出会ったわけですね。
そしてそれもありふれた出会いの1つだと思い…
そんなある日、月子と共に
スターライトロードというところに行きましたよ。
そこで月子は好きな人と歩く事が夢なんですね。
でもまだ月子に好きな人はいなくて…
だったら自分を好きになれば?って
そう言われて好きになれるはずはないですよね。
そんな郁に月子はまるで女性を落とす事を楽しんでいるかと思い…
そんな月子に恋愛の勉強を教えると持ちかけましたよ。
でも月子はわからなくても良いと一蹴りしますが…
郁はさも普通かのように恋愛はゲームと告げましたよ。
そして好きになった方が負けと告げて…
恋愛について考え方が違う2人、
なんな時に郁は1つのゲームをしようと持ちかけ…
それは1ヶ月間恋人ゲームを持ちかけましたよ。
月子が勝ったら月子の考えを認めるみたいですけど
自分が勝ったら月子にその甘い考えを捨てるようにと
ルールを告げましたよ。
そんなゲームを持ちかけた郁に月子はゲームを了承しましたよ。
果たしてその先で郁は何を感じるのか?
それはわからないですけど切ない終わり方でした。
次回は月子のもう1人の幼なじみ、
東月錫也がメインみたいです。
スポンサーサイト
category
Starry☆Sky
genre
アニメ・コミック
theme
Starry☆Sky
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/758-0caa34a6

Starry☆Sky第12話感想「~Episode Gemini II~」

この記事には一部ネタバレが含んでいますのでご注意を・感想有李が琥太郎に告白して、その後気まずくて顔を会わせる事が無かった理由を探った有李の言葉が、非常に悲しいですね・・・。何かと複雑で、現実の厳しさというものがあって・・・。その後の有李のけなげさも、気...
  • 2011⁄03⁄12(土)
  • 12:46
  • ふわふわテレビ日和

◎Starry☆Sky第12話EpisodeGeminiII

病院で、ユキとコタロウが好きな人がいるのかなという話する。真昼なのに月が見えるよという。二週間前にコタロウに告白したんだいう。断られたわけじゃないけど、いなくなる女の子...
  • 2011⁄08⁄21(日)
  • 20:38
  • ぺろぺろキャンディー