アラタカンガタリ~革神語~第117話「それぞれの苦しみ」感想

門脇が誰かと戦っている事に気づいた革、
そんな革を止める為に「痍無」の威力を高めるカバネ、
治療に対し意味がないと考えるカバネに
革は自分が「痍無」に耐えきったら
カバネも病に勝てると言いだし…
さて「痍無」の力で弱りながらも
門脇を止める為に彼の元に向かう革達、
しかし自分の身体がボロボロなのに
カバネはすごいと思える革はマジ大物ですよ。
歩く事すらきついはずの痛みと感覚が襲っているはずなのに
門脇の元に向かいながらも病と一心同体な
カバネをすごいと思えるとは。
そんな苦しい状況にもし僕が陥ったら
誰かがすごいなんて考える余地すらないはずですから。
しかし門脇の元に早く向かわないと危ないです。
門脇の剣神「逐力」の恐ろしさは革が1番理解しているんですよね。
しかも革達はまだ気づいてないですけど
門脇と戦っているのは仲間のヤタカ、
早く駆けつけないと取り返しのつかない事になりますよ…
そんな門脇はヤタカに戦いを挑み戦っていて…
クグラ戦は経験した事がある門脇ですけど
あの時は奇襲成功でクグラ自身かなり弱っていましたけど
実際の実力では神鞘の方がかなり上なんですよね。
多少向こうがダメージが残っていても
それくらいじゃ今までの門脇じゃ
一方的にやられていたと思います。
でも今の門脇にはアカチの眼があり
そのおかげも合ってかヤタカの早さについてこれてます。
激しく続く門脇とヤタカの攻防、
門脇の怒涛の攻撃をヤタカは交わしてますし
門脇はヤタカの攻撃を「逐力」で防御、
両者一歩も引かずと言ったところです。
でもここまで戦えばヤタカも門脇が使っている
剣神が最も危険な「逐力」と気づきますよ。
ヤタカは勝負の決着を早く着ける為に
空奉鏡の能力を使い…
って門脇に全く効果がないんですが!!!
本来なら相手の心の真の姿を映し出し
その姿に相手を変え絶命させる技ですけど
門脇の眼には本来の心の
真の姿は映らなかったみたいです!!
これもアカチの眼の力?!

その事からヤタカは門脇にアカチの面影、
同時に何故アカチの眼を持っているか疑問に思い…
しかもその一瞬の間に門脇に捕まってしまいましたよ!!
さらにナチルの剣神「咲耶」の力の
花粉効果がまだ残っていて抵抗もできないとは…
でもナイスタイミングで革が来て
剣神「創世」の力でヤタカを助ける事に成功しましたよ!!
ナイスタイミングです!!!

でも革の身体は戦う前からボロボロ、
門脇に1度勝っていても今回もなんとかできる保証はないです。
さて一方のカンナギはナチルの案内のもと、
剣神「炎焔」のある宮に案内され…
もう完全に捕まっている感がありますねカンナギ(笑)
あくまで主導権はナチルにあるみたいです。
そしてナチルの宮に到着…
って中にいたのは幼いエミス?!!
しかもそこにアカチが現れ彼女をエミスと呼び
カンナギはエミスを殺しに来たと告げましたよ!!

もう何がなんだかわからないですけど
あのエミスが炎焔の化身かなんかじゃないでしょうか?
そして炎焔を取り戻すには彼女を殺めないといけないとか…
いずれにしてもカンナギにとって酷な状況なのは確かです。
カンナギがアカチの元に向かったのは
炎焔を取り戻す為と彼に降された自分のところの属鞘達と
アカチに殺された自分の領土の住人達の仇をとる為です。
幼いエミスの姿をした何かを殺す為に来たわけじゃないですから。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

門脇が革とベストの状態で戦うためにカバネを倒す展開もありえますかねぇ~
(カバネの過去を聞いてる以上、革の怒りにも繋がる訳ですし)

やっぱカンナギの危機的状況を脱するには
革からストラップとして授かった天通力な気がします
  • 2011⁄04⁄15(金)
  • 08:42
  • [edit]

Re: タイトルなし

> 門脇が革とベストの状態で戦うためにカバネを倒す展開もありえますかねぇ~
> (カバネの過去を聞いてる以上、革の怒りにも繋がる訳ですし)
個人的にはやっぱりカンナギVSアカチ終了後に
アカチが自ら門脇に降る方が面白いかと。
> やっぱカンナギの危機的状況を脱するには
> 革からストラップとして授かった天通力な気がします
それは僕も思います。でもそれは炎焔を取り戻す可能性とは
あまり結びつかない気もするんですよ。
  • 2011⁄04⁄16(土)
  • 07:37

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/848-65800a7e