イナズマイレブン第126話「涙の卒業式!」感想

少年サッカーの世界大会、
FFIで見事優勝を果たしたイナズマジャパン、
数多くのライバルとの激闘と苦悩、
それらを乗り越え優勝した
イナズマジャパンの面々は日本に帰国した。
そして時は流れ円堂達は卒業の日を迎え…
さてついに円堂達の卒業式の日になりました。
どうやらFFI終了後は大介はちょくちょく連絡をしているみたいです。
しかし時差を考慮していない辺りがサッカーしか
頭が回らないというかバカと言うか…
でも死んだと思われていた祖父が生きていて
全てが片づいたから家族に連絡するようになったのは
円堂一家の日常をちょっと変えたのかも知れないです。
そんなわけで卒業式当日、
さすがに卒業式だけあって寝坊はしないみたいですね。
さて卒業式にでる為に学校に向かいアキと会い…
って制服姿の虎丸来ましたぁぁぁぁ!!!!!
そうです!!FFIから約2年なので
虎丸も雷門中学の生徒になっているんですよ!!!
そして話から察するにフットボールフロンティアは
円堂達が優勝した年の次の年も優勝、
つまりV2を成し遂げていたとは!!!

話から察するに虎丸も相当活躍しているみたいですね。
虎丸や他の雷門イレブンがいるなら
円堂達が卒業しても雷門中サッカー部は安泰ですね。
さて円堂は思い出を振り返るように虎丸と話したり
豪炎寺と話したり鬼道と話したり…
雷門サッカー部が少人数だった時のシーンや
豪炎寺が始めて雷門イレブンとしてサッカーした時の事、
最初は鬼道は敵だった事、みんな懐かしいですよ。
さていよいよ卒業式、卒業をする雷門中生徒は
円堂、豪炎寺、鬼道、風丸、染岡、半田、影野、
シャドウ、マックス、目金兄及び弟、アキ、夏未、冬花…
って冬花、そのまま雷門中の生徒になってたんですか!!
まあそんな驚きもあったものの無事卒業式も終わり…
円堂の次のキャプテンって栗松だったんですか。
確かに栗松はムードメーカー的存在で
いざという時は誰よりも頑張りFFIでは
途中退場とは言ったもののその成績とガッツは
雷門中サッカー部をまとめるに相応しいと思います。
さて最後は初期雷門イレブンと卒業式に駆けつけた
追加雷門イレブンメンバーとの混合試合みたいです。
土門と一ノ瀬も円堂達から招待を受けて合流、
一ノ瀬、無事完全復活したんですね。
そしてリカは相変わらずです(笑)
というよりもしかしてあれから
一ノ瀬に会う為にアメリカに行ったりは…
リカなら十分あり得そうです(笑)
しかし立向居は陽花戸中のキャプテン、
あの小暮は漫遊寺中のキャプテンになっているとは…
特に小暮がキャプテンなのは意外ですよ。
とりあえず初期雷門イレブン側は…

・円堂
・豪炎寺
・風丸
・染岡
・壁山
・栗松
・マックス
・半田
・影野
・少林
・宍戸


追加雷門チームは…

・立向居
・鬼道
・一ノ瀬
・土門
・吹雪
・塔子
・小暮
・リカ
・綱海
・虎丸
・シャドウ


しかし円堂達の雷門ユニフォーム、
すごく久しぶりです。
初期雷門イレブンで協力なのは
やはりGKの円堂、強力FWの豪炎寺と染岡、
MFの風丸、DFの壁山辺りですね。

対する追加雷門チームは
追加参戦キャラで構成されているので
どの選手も強者揃いです。
天才ゲームメイカーの鬼道を始め、
フィールドの魔術師の一ノ瀬、
氷のストライカーの吹雪、
現雷門イレブンのエースストライカーの虎丸、
この辺りが特に強力だと思います。
さて試合がいよいよ…

って地震?!!って違います!!!
なんか来ているんですが!!!
最終回前なのに一体誰が?!!
スポンサーサイト
category
イナズマイレブン
genre
アニメ・コミック
theme
イナズマイレブン
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/873-294e4042