アラタカンガタリ~革神語~第121話「逃げ場なしで」感想

門脇との戦いの最中、革の心構えに反応してか
剣神「痍無」が突如体内から出てきて革の傷を治した。
完全復活した革は門脇を圧倒し
カンナギとアカチの戦いの場へと向かい…
さて革は完全復活し門脇を圧倒、
その勢いのまま、彼らはカンナギの元に向かいますが…
もう2人の戦いは激しすぎますよ。
まさにバトルもの臭全開過ぎます。
50尺の中で繰り広げられる2人の戦い、
そこまで広いフィールドではないのに
使う技はどれも派手で大きいものばかりです。
革達も2人の戦いに追いつきましたけど
彼らの戦いに割ってはいる余裕なんてないです。
というより入ったら間違いなく死にます。
例えそれが革や同じ十二神鞘のヤタカでも。
それだけこの2人の戦いは他者が入れる戦いではない事です。
しかしやっぱりというかなんというか
アカチは門脇と同類のタイプなんですね。
彼が自分の片目を門脇に与えた時から薄々感じてましたけど。
でもまさかここまで門脇と同じとは。
エミスの件もあると思いますけど
それ以上にカンナギと本気で戦いたいという想いが強いとは…
本当にここまでその想いの方が強いとは思ってませんでした。
多少はあると思っていただけで
殆どがカンナギに対してへの怒りだと思っていたので。
さてそんな好戦的なアカチに圧倒されつつあるカンナギですが…
カンナギの炎の色が変わった?!!
しかもまるで炎を纏っているようにも見えます!!
この技は「灼青燐」と言い、
究極の高温状態にし、
自分が火の玉になる大技みたいです!!
しかしその代償として自らの生命を使う為に
長くは使えない技みたいです!!
まさに究極奥義と言ったところです!!!
灼青燐状態になったカンナギは自らが纏った炎で
形成を逆転しつつありますよ!!!

でもそれでも倒せないのがアカチ、
でも今のでカンナギは相当力を使ったはず…
ってアカチ、剣神「地龍」で周囲を囲んだ?!!
その周囲には2人の戦いの後である
カンナギが出した炎があり、
まさに2重の結界と言っても良いです!!
でも何故退路を?!!!
ここまで激しくなったらもう誰も
この戦いを邪魔する事はできないのに?!
それはおそらくアカチ自身の力も
かなり消費したからだと思います。
つまりアカチはカンナギの灼青燐形態を
なんとか耐えきり、はじき返せたのがやっとで、
剣神「地龍」を使う気力はあの1回しか
なかったのだと思います。

さて2人ともタイマンで決着を着ける気満々、
もう泣いても笑ってもこれでこの戦いの決着が着くんですね。
さていよいよ最終ラウンドに入りますが
その前にカンナギはカンナギにある事を言い…
ってアカチがエミスに惚れていた?!!
エミスがアカチの事が好きだったのは知ってますけど
アカチもだったとは…。
腹違いの兄妹でアカチは兄妹として
好きと思ってましたけど恋愛的な意味でだったとは…
でもアカチ自身、その実のならない想いは
諦めていたんですね。奴隷だった時からずっと…。
手を伸ばせば届くかも知れない…
でも届かなかった、
それを兄妹という事でもあるからとも
アカチは感じていたんですね…。
アカチの本当の気持ちは何処にあるのか…
望みはカンナギと決着を着ける事ただ1つと言ってますけど
それがツンデレ発言なのか本気なのか…
いずれにしても次週のセンターカラーで決着が着きそうです。
スポンサーサイト
category
アラタカンガタリ~革神語~
Relation Entry

Comment

カンナギは劍神を奪われたからヨルナミやヤタカにバカにされてましたけど
六ノ鞘すら相手にするのを避けているアカチに善戦してますから
実力はヨルナミ、クグラ、ヤタカ、門脇よりも高くて
六ノ鞘とのタイマン勝負もそこそこいい線イケるのですかねぇ~
(ヨルナミの場合は相性の問題もありますが)

アカチが敗れたらアカチの部下達がどうなるのかも気になります
カンナギ、ヨルナミ、クグラ、ヤタカの部下とは違い話が通じ合うとも思えないですし
アカチが敗れた事で六ノ鞘が一気に攻撃を仕掛けるのかも。
  • 2011⁄05⁄20(金)
  • 08:18
  • [edit]

Re: タイトルなし

> カンナギは劍神を奪われたからヨルナミやヤタカにバカにされてましたけど
> 六ノ鞘すら相手にするのを避けているアカチに善戦してますから
> 実力はヨルナミ、クグラ、ヤタカ、門脇よりも高くて
> 六ノ鞘とのタイマン勝負もそこそこいい線イケるのですかねぇ~
> (ヨルナミの場合は相性の問題もありますが)
まあカンナギは暑苦しいキャラですし強いのは当たり前かと。
ただドジ過ぎて眼中になかったのかと(笑)
> アカチが敗れたらアカチの部下達がどうなるのかも気になります
> カンナギ、ヨルナミ、クグラ、ヤタカの部下とは違い話が通じ合うとも思えないですし
> アカチが敗れた事で六ノ鞘が一気に攻撃を仕掛けるのかも。
それは意外性もあって面白そうですね。
  • 2011⁄05⁄22(日)
  • 18:24

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/939-42433e0d