バカとテストと召喚獣 それが僕らの日常。第19話&19,5話感想

いつものように鉄人の補習を喰らい
帰るのが遅くなってしまった明久、
そんな明久は帰り道に帽子を被った
美波の妹の島田葉月と出会って…
すっかり忘れてましたけど先月分の話の感想です。
さて帰り道に葉月に会った明久ですが、
葉月は明久に頼み事があるようで…
って今日は家に帰りたくないから泊めてって!!
しかも大声で!!!!!
明らかに誤解を呼ぶ台詞ですよね?!!
そして明久、動揺してますけど
過去に似たようなメールを雄二に送ってますから!!
その後も誤解を招く発言を葉月が言おうとするので
止めようとしたら触れないでくださいって!!
帽子にって意味でもそこ省略したら
明久がどう見ても変質者扱いされるの
目に見えてますから!!!!
そして案の定、通行人に誤解され
警察に通報されちゃってますし!!!

免罪を恐れとりあえず葉月を連れ
家まで逃げ帰ってきたわけですが…
って家に帰ったら帰ったで
姉の玲にまで誤解されちゃっているんですが!!
まあ抱えて走って帰ってきたら
誤解するのも無理ないですけど(笑)

まあなんとか誤解も解き…
って玲、どさくさに紛れ
ツッコミどころ満載な事言っているんですが!!!
明久はエロ純度100%とか
自分もいつ襲われるかとワクワクとかって!!
ワクワクしたらそれはそれでダメでしょう!!!

でもそんな会話で和んだのか葉月が笑ってくれましたよ。
もしかしたら葉月を笑わせる為に
あえてこんな会話になるような事を
言っていたのかも知れないですね。
まあいつ襲われるかワクワクというのは
絶対に本心だと思いますけど(笑)

とりあえず葉月にゆっくりして言って下さいと言い、
玲は明久に念のために家族に連絡を伝えて…
しかし何故、葉月は家出を?
その事を電話越しで美波に聞きましたが…
ってくしゃみの勢いで美波が
葉月の髪を切るの失敗したって!!!

これは家出は大げさとは言え、
葉月が怒るのも無理ないかと。
男性でも髪切るの失敗されて
坊主とか極端な短髪にされたら嫌ですから。
さてこれで葉月が家出した理由もわかりましたね。
玲もその事を明久から聞いて納得したようです。
まあ葉月が髪型おかしいと思ってしまう
恥ずかしさは僕もそういう経験があるので
今回は明久が0点と言われても無理ないかと。
僕的な意味では性別は関係なくですけど。
さて明久が葉月の為にパエリアを作り
落ち着いてきたところで玲は帽子の話を持ちかけて…
それでも恥ずかしがる葉月、
まあこればかりは共感せざるおえないので
葉月の気持ちは痛いほどわかるんですよね。
葉月に自然と帽子を脱がさせるのは難しいと思います。
いったい、玲はどうやって葉月の心を開くのか…
って玲、自分の前髪を自分で!!!
前髪と髪全体は大きな違いがあるので
その辺は僕は男性なのでまだ許容範囲なわけで
僕が言うのもあれですけど
女性なら自分で即座に自分の髪を切るのって
相当勇気があると思います。
でも玲は葉月の心を開くためにためらいなく
自分の前髪を切り落としました。
これは早々真似できる事じゃないです。
そして玲の話術のおかげもあって葉月も帽子を取る事に…
って明久、なに心の中でガッツポーズしているんですか!!
これはロリコン扱いされても無理ないですよ!!

まあなんだかんで美波も向かえに来て、
葉月の事は怒ってないですし
葉月の方の問題も解決したのでめでたしですね。
でも明久もさすがに玲が自分の前髪を
ばっさり切って良かったのかと
明久なりに心配していたんですね。
それでも玲はまた生えてくるからと気にしてない様子、
玲って普段は弟の明久に際どい発言する
非常識なキャラですけどこういう心の強さは
見習っても良いと思います。


4コマ簡易感想
・パエリアの材料多いのは玲が分量間違えて!!
・美味しいから気に入らないって!!
 相当負けず嫌いですね美波。
・幼少期の女装アキちゃん写真来ましたぁぁ!!!!
 なんですか?!この可愛い生物は?!!!!
 もうすごくロリショタ要素全開過ぎて大興奮です!!!

・でも妹が欲しかったから玲が強引に女装させたって!!!
・ガールズトークに首を突っ込むなって!!!
 いやいや、その会話の内容は明久的には
 恥ずかしさ100%ですから!!!!
・葉月は子供だから純粋に優しいんですね。
・美波、明らかに玲に敗北です(笑)!!
・久保、明久の心に永久就職したいって!!!
・葉月の一言で人形劇開始です。
・人形劇で普通に愛人って単語が!!!!
・人形は子供向けでも内容はドロドロ過ぎますよ!!!
・つまりは美波の影響を受けたわけですね(笑)
・果たして美波は明久より上手い料理を作って仕返しできるのか?
・って明久、まだ幼女誘拐の
 疑いかけられているんですが!!!

スポンサーサイト
category
バカとテストと召喚獣
Relation Entry

Comment

Trackback

http://kadukikagayaki.blog129.fc2.com/tb.php/956-8b38832b